L-39Cアルバトロス‘BREITLING JET TEAM’#1

新年1発目はエデュアルドのL-39Cです。
画像


このブライトリングジェットチームの機体はデカールが出たということを知ってから、ずっと作りたかったんですが、やっと昨年暮れにデカールが手に入ったので早速製作開始です。

まずはコクピットから

計器盤はイモ付けだったので、0.5㎜の洋白線を芯にして固定しました。
画像


画像


シートにはファインの現用機用のシートベルトをそれらしく付けておきました。
このキットはウィークエンド版ですが、サイドコンソールのデカールが付属しています(モールドとは合ってませんが(笑))
対して私が以前から持っているプロフィパック版にはサイドコンソールのデカールは付属していません。
因みに計器盤のデカールはどちらもあります。
画像

プロフィパック版にはキャノピーの塗装用のマスクシールが付属しているのと、マーキングが4種ほどあってデカールが豪華なことくらい。
なのでサイドコンソールは塗装で仕上げろということなんですね(笑)

さて話がそれましたので製作に戻りましょう。

前席のグレアシールドは計器盤に接着するだけで、機体に組み込んでも他の部分と固定できず浮いた状態になります。
なので裏側にプラ板で補強を入れておきました。
画像


画像


ファンブレードやジェットノズルも塗装して組み込みます。
画像


水平尾翼は固定用のピンが華奢だったので、真ちゅう線に変えました。
画像


胴体尾部の尾翼付け根にヒケが生じていたので修正です。
画像


水平尾翼は仮付けですよ。
画像


士の字になりました。
画像


脚収納庫がありませんが、調べてみると実機は駐機している状態では前脚の扉は閉じているようです。
また主脚の方は、軽く凹状になっています。
この主脚はどうなっているのかわかりませんが、駐機しているときは仮のカバーのようなものが収納庫を覆っているのかもしれません。
画像

まぁエデュアルドはあまり適当なことはしないと思うので、この状態を信じて進めます。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2017年01月05日 08:53
エデュのアルバトロスですね。
プロフィパックで、サイドコンソールのデカールとかエッチングパーツとかが無いのも面白いですね。
グレアシールドの支えが無いのは、日本のメーカーでもありますね。
一番弱いところなので、プラ板の補強で大丈夫でしょう。
楽しんで作ってください。
ヒロシ
2017年01月05日 17:43
日の丸航空隊さん、気持ち玉ありがとうございます。
プロフィパックなのにキャノピーのマスクシールとデカールが4種ほど豪華になっているだけです(笑)

グレアシールドは組み込んでから外れたらリカバリーが大変になると思いましたので補強しておきました
2017年01月05日 20:31
再登場で申し訳ありません。

もう、お気づきとは思いますが・・・
BMのポータルサイトにSHSの案内がでていますね。
出席確認のようです。
ヒロシ
2017年01月06日 00:24
日の丸航空隊さん、ありがとうございます。
一昨日だったか見たのですが、夜遅くだったので書き込みはしませんでした(^_^;)
ge_chan
2017年01月08日 01:41
遅レスですがL-39は駐機状態の時、主脚庫の脚注部分カバーが有ってまるで脚庫が無いような感じになります。
KPのキットでも再現されているのですが今ひとつ知られていない機構なので脚庫が無いとMAでもレビューされてました。
小さいですが↓写真です。
http://cms.kienthuc.net.vn/zoomh/500/uploaded/lenam/2016_08_19/l-39/them-mot-bat-ngo-viet-nam-tu-dai-tu-may-bay-l-39-hinh-7.jpg
ヒロシ
2017年01月09日 01:05
ge-chanさん、ありがとうございます。
やはりそうだったんですね。
私もネットで調べてズバリの写真を見つけました。
とりあえず安心しました(笑)

この記事へのトラックバック