タミヤ1/12 マトラMS11 製作記5

皆さん、こんばんは。

ここ数日梅雨らしい天気でジメジメしてますねぇ。
でも週末の土日は真夏のような暑さになるとかならないとか?

さて、作例はボディの形状修整でプラバン貼ったりパテ盛って削ったりしてます。
まだ本格的に作っているというより、ボディの形状出しというような段階です。
なのでまだつまみ食いする余裕があるというか…(笑)

ということで、ちょこっとマトラを

マトラもこの前までボディカウルの修正を主にやってましたが、作例も同じような作業の真っ最中
さすがにプライベートものまで同じような作業では飽きるので(笑)、空いた時間にちょこっとにエンジン関係をやりました。

それは前から気になっていた、エンジンのヘッドカバーの塗装っす!
エンジンはこのヘッドカバーを接着しないと先へ進み辛いんですよね。

さて、このヘッドカバー上には何本も凸モールドのラインがあり、その細い表面を塗らなければいけません。
おそらく実車は切削されていると思うんですが、この部分に綺麗に色を塗るのはなかなか難しいです。

またインストではこの部分はシルバーで指示されていますが、実車資料を見るとゴールド(黄銅色)のように見えます。

画像

パーツ自体は既に作り始めた当初に黒で塗装してあったので、これにメタリック特色セットのブラスを塗装し、その上からエナメルの黒(セミグロスブラック)を塗装してからエナメルシンナーで拭きとるという方法で再現をしました。

ブラスを塗装
画像


エナメルのセミグロスブラックを塗装し、エナメルシンナーを含ませた綿棒で凸部をふき取りました。
画像



おぉ~上手くいきました~
ではエンジンに乗っけてみましょ。
画像


ファンネル基部も乗っけてみました。
画像


やっとヘッドカバーが塗れたので、これからボチボチ合間をみて進めたいですな。


さて、ネットでいろいろとマトラの画像を探していたらこんなのがありました。

1968年フランスGP
画像


1968年イタリアGP
画像


ゼッケンは同じくですが、ウィンドシールドやサイドのスポンサーマークの有無等、結構差異がありますね。

画像


フランスGPはタミヤの箱絵と似てますね。
インストの塗装・マーキング図も、このフランスGPのマーキングに近いですが、なぜかどこのGP仕様であるかの記述が無いので困りものです。
一応写真はこれしか見つかりませんでしたが、今回はこのフランスGP仕様(に近くなるように)作りたいと思います。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ひろポン
2017年06月27日 23:59
>ヒロシさんこんばんは。
タミヤのキットは特定の仕様と決まってないのが困りもの。
フランス仕様もコクピットカウルが違うしFウイング無いですからねえ。
18番のイギリス仕様が箱絵に近いのかなと。
余り拘らなくてもいいんじゃないでしょうか(笑)
ひろ
2017年06月28日 00:18
ヘッドカバー、カッコいいです!

2017年06月28日 08:09
ヘッドカバー、格好いい!
ブラックにゴールドが強烈ですね。
ヒロシ
2017年06月28日 08:46
ひろポンさん、そうなんですよね。
はっきりとどこの仕様か分からないのが困りものです。
実はFウィング無しも検討してまして、どうするか悩み中です。
仰る通りあまり拘らないようにします
ヒロシ
2017年06月28日 08:47
ひろさん、ありがとうございます。
思いのほか上手くいきました。
綿棒は一般に売ってるのより、タミヤやクレオスのちょっと硬めでケバケバしてないのでやると綺麗に剥がせます。
ヒロシ
2017年06月28日 08:49
日の丸航空隊さん、ありがとうございます。
FORDエンジンと違って、ヘッドカバーにもおフランスのセンスを感じます(笑)

この記事へのトラックバック