タミヤ1/12 マトラMS11 製作記2

マトラ久しぶりに再開です。

いやぁ~年あけ早々に着手したのに、こんなに間が開いてしまい申し訳ありませんですた

前回の製作記1はこちら

現在箱スカはボディのクリアーコート乾燥中でケンメリはチマチマとやっていますが、そろそろマトラも再開しないとこのまま放置プレイになりそうなので。。(^^;


さて、前回はエンジンなどを軽く組んだところまででしたが、F1キットにありがちで車体(モノコックフレーム)を塗装してからでないとなかなか先へ進めないんですねぇ。。

んで、まずはその塗装を先にやりたいと思っていたのですが、このマトラの場合リベットが沢山あるんです。
これが研ぎ出しの際に邪魔なんですよね。
なので、このリベットをどうするか考えてからでないと手が出せません

画像


画像

方法としてはクリアー吹きっぱなしで仕上げるという手もあるんですが、やっぱりそこはツヤツヤボディにしたいなぁ・・・と。。
で、ちょっと面倒ですけど以前ロータス49B(オートモデリングVol.28の作例)の時にやった、リベットを後から埋め込む方法にすることにしました。

なのでモールドを切除して穴を開けておき、塗装&研ぎ出し終了後にロータス49Bの時にも使用したレジン製のリベットを埋め込もうと思ってます。

ですが手元の在庫を確認したところ、49Bに使用したため残りはこんだけ~
画像


ざっとリベットのモールドを数えたところ、凡そ300本くらいは必要なんですが、今あるのは100本あるかないか
全然足りません。

2種ありますが、頭の形状が少し違います。
49Bのときは左側のMC435014を主に使用しました。

画像


ということで、同じものをポチることにしました。

因みにちうもんしたのはM.S Modelsさん


とりあえずリベットが届くまで他の部分を進めておきましょ。

モーターライズだったので電池BOXがあるので、蓋を接着してしまいましょう。
画像


画像


本来徹底的にやるならこの電池BOXも撤去してコクピット内を自作&改修するんですが、今回はそこまでしません。
期待してた人ゴメンナサイ(笑)

Fサスのアッパーアームの接合部やウィングの押しピン跡はパテ埋め。
画像


サラッとですが今回はここまでです。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2017年06月06日 16:31
マトラって、モーターライズだったんですね。
知らなかった。
本来ならば、コクピットもやりたいでしょうね。

リベットが300本というのも凄いです。
往年のF1は、みんなリベット止めだったので仕方がないですが、頑張って穴開け~取り付けまでやりましょう。
押しピン跡は、そんなに酷い状態ではなさそうで、良かったですね。
ひろ
2017年06月06日 18:39
リベット、大スケールなら殊更気になりますね。
日の丸さんのコメにも有りますが、気の遠くなる様な本数になるのでしょうか。
2017年06月06日 21:41
>こんにちは。

リベット埋め込みですか!
ひえー。気が遠くなりそうです。
私には到底出来そうも無いモデリングなので楽しみにしています♪♪
ヒロシ
2017年06月06日 23:16
日の丸航空隊さん、そうなんです、初版はモーターライズでした。
コクピットは詳しい資料もないし、やり出したら大変なことになりそうなので今回はスルーです。
リベットはちゃんと数えたら430本でした
頑張ります
ヒロシ
2017年06月06日 23:19
ひろさん、300本ではなく400本以上ですた!
毎日少しずつやっていきますよ(笑)
ヒロシ
2017年06月07日 09:27
ひろポンさん、飛行機の機体にリベットを全面打つよりはずっと楽なので、あまり苦にはなりません

この記事へのトラックバック