マイクロエース(オオタキ)1/48疾風考察

皆さん、こんにちは。

前回の更新から10日も空いちゃいましたが、皆さんお元気でしたでしょうか?
このところ仕事と作例に追われ、もちろんプライベートものの模型は触れず、ブログの更新もままなりませんでした。

さて、その作例の方は佳境に入っていますが(しかもちょっとトラブってしまいあたふた・・・)、ここらで来年のSHSのBMのお題であるオオタキ1/48の疾風の考察をしておこうと思います。
たぶん製作を開始するのは年末か年始になると思いますが、実は他の機体を既に製作中または完成させたメンバーからはキャノピー等の透明パーツに湯流れ不良やキズがあるという報告が多数!

どうやらアリイ版になってから金型のメンテ等が全くされていないような感じなんです。

心配になって自分の買った疾風も見てみたのですが・・・

やっぱり!
画像


第三キャノピーのところに訳の分からない凸状の塊のようなものが
画像


でもって第一風防と第二風防も
画像


これはちょっと酷い!
これを使うのはちょっとなぁ・・・
メーカーに文句言ってパーツ請求という手もありますが、同じ金型からということを考えるとたいして差のないものが送られてくるんじゃないかと。。。

さて、どうしたものか???

絞りたくは無いので、何かいい方法が無いか考えてますが…


さて、一方機体の方の成形は綺麗です
画像


カウリング
インテークも奥行きがあっていいですね
画像


主脚収納庫もそれなりに深さがあります
画像


計器盤はイマイチというか、どうにかしたい(笑)
画像


デカール
デカールは最近のものなので印刷自体は綺麗ですが・・・
画像


作るときはエアロマスターを使おうと思ってます
画像


一部切り取ってあり使用しています
画像


というのも、これは昔ハセガワのヨンパチが発売されたときに電ホで作例を2機作り、そのうちの1機に使用したからなんです。
それがこれっす!(埃だらけでスイマセン)
画像


因みにキットのデカールで仕上げたのがこれ
画像


で、今回作るときはこのマーキングにしようかと思ってます
画像


因みにこのエアロマスターのデカールはタミヤ用です。
作例製作当時にこのマーキングを使用しようかと思ったんですが、ハセガワの機体全長を測ってみると、わずかにこのデカールのストライプが足りないことが分かり使いませんでした。

ハセガワとタミヤではハセガワの胴体長の方が若干長いようです。

それにしてもキャノピーはどうしましょう?
やれやれ・・・

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2017年11月27日 16:55
こんばんは。
作例お疲れ様です。

疾風のキャノピーは酷い状態ですね。
パーツ請求しても、同じ物が届きそうで怖いですね。
以前に作った時は、綺麗なキャノピーでした。
ハセかタミヤのキャノピーで代用できないものでしょうかね。
出来れば一番手っ取り早い。(笑)

もう一つ、エンジンとカウリングの中心がズレているので仮組みの時に確認してください。
製作記楽しみにしています。
あきみず
2017年11月27日 21:27
このキャノピーは、ひどいです
不良と分かっても金型を治す予算、技量が
ないんでしょうか。別メーカーのパーツで
替えるしかないですね。
オタキのキットは、随分お世話になりました
疾風は作らなかったんです。
ヒロシ
2017年11月28日 00:26
日の丸航空隊さん、こんばんは。
作例は今日やっとウレタンクリアー吹きました。

疾風のキャノピーは、他のBMメンバーのキャノピーもこれほどではないにしろ何かしらキズや湯流れ不良があったそうで、心配になってよく見たらこれでした。

仰るように一番手っ取り早いのはタミヤのキャノピーをカスタマーでパーツ請求する手ですね。
期待にうまくフィットするかは分かりませんが、それが一番安上がりで簡単なので多分その手でいくと思います。

エンジンとカウリングのズレの情報ありがとうございます。
ヒロシ
2017年11月28日 00:29
あきみずさん、酷いでしょう。。。
こんなの不良商品ですよね。
日の丸さんのコメントにも書きましたが、タミヤのキャノピーをパーツ請求しようと思ってます。
たかとと
2017年11月28日 22:52
ヒロシ様
こんばんは。
門外漢ですみません・・
アリイ(オオタキ)の飛行機キットって今でも販売されているのでしょうか??
ヒロシ
2017年11月28日 23:32
たかととさん、現在はマイクロエースブランドでほぼ全部の48飛行機キットが発売されてますよ。
たかとと
2017年11月29日 09:18
ヒロシ様
そうなんですね!オオタキの遺産が流通しているのは嬉しいですね!クルマのキットも店頭で見る以外のモノも出てくるといいなぁ。。。
ヒロシ
2017年11月29日 16:26
たかととさん、そうですね。
カーモデルも沢山良いのがありましたから、店頭で普通に買えるようになると良いですね。
風来坊
2018年09月11日 22:42
 初めまして、ブログ拝見致しました。
 ヒロシさんが製作された時期のロットは成型色が濃いグレーですが、その時が一番酷い状態で金型に流し込んだ原料が良くなかったようです。
 現在は元の薄いグレーに戻っていて、全体像は悪くないですが、プロペラ軸の穴は相変わらずズレています(笑)
 キャノピーはしっかり成型され透明度が高くキレイになりました。
 金型の保管もありますが、一番は流し込む原料のようですね。
ヒロシ
2018年09月12日 00:54
風来坊さん、初めまして。
なるほどそういうことだったんですね(納得)
流し込むプラの原料によってもいろいろ状態が変わるんですね。
発売当時のMA誌の作例などと比較すると月とスッポンだったのでがっかりでしたが、今はかなり良くなっているようで嬉しいです。
古~いキットですが、こういうキットは後世に残したいです。
風来坊
2018年09月12日 17:19
 ヒロシさん、ご返信ありがとうございます。
 もちろん経年化によるところが大きいので、オオタキ時代ほどのクオリティには戻ってはいませんが、ヒロシさんが製作されたキット(ロット)程は酷くないですね(苦笑)
 デカールは全てのラインナップでキレイになりましたが、更新されたことで単一種にまとめられたデカール(P40・Bf109等)もあれば、当時のままのデカール(2式・5式戦等)もあり、同封されている塗装図を再現出来ないキットもあるのが残念です(笑)
 それにしても完成した疾風の丁寧な製作に感嘆しております。
 今後も楽しみに拝見させていただきます、長文、失礼致しました。
        風来坊 拝

ヒロシ
2018年09月12日 23:10
風来坊さん、コメントありがとうございます。
オオタキの疾風が現役?の時に作る機会がなかったので、このキットの状態にはがっかりでした。
当時P-47とBf109、それと現存していませんがスピットは作っていて、とても作りやすくいいキットでした。
デカールは仰る通り当時より印刷も綺麗ですが、マーキングの種類が減ったりするのは残念ですね。
今後ともよろしくお願いいたします

この記事へのトラックバック