1/43 コルベットSR-2 セブリング‘57その7

本日2回目の更新よん!

ずっと放置してたコルベットも再開します・・てか少し前に再開してました

前回はコチラ

前回はボディにクリアーを吹いたところまでで次は研ぎ出しを・・・ということでした。

で、研ぎ出しをするために#1500の~#2000のペーパーを掛けてみたんですが、どうもクリアー層が薄くサイドシル裏の角などは下地が出てしまいました
このまま続けてコンパウンド掛けをすると確実にいたるところに下地を出してしまいそうな悪寒!

そこで全体をペーパー掛けし、下地が出た部分にタッチアップしてから再度クリアーを吹くことに。
画像

これはクリアーを吹いて10分後位なのでまだ表面はテロテロしてます。

その後数日経った状態は若干クリアーがヒケてますがそこそこの艶が出てます。
いっそ研ぎ出ししないでこのまま完成でも良いかな?なんて考えちゃいますが・・・(笑)

実は箱スカを優先して作っているんですが、年内の完成は残りの日数からするとほぼ無理!
で、このコルベットなら残りの作業も少なく、年内に完成しそうです。

ということで方針を転換して、こっちを優先して完成までもっていこうと思います。
問題はパーツが無いウィンドースクリーンの自作ですが、何とかなるでしょう。

でわ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2017年12月26日 09:01
セブリングの方を優先ですね。
クリアーまで行っているので、手っ取り早いでしょう。
フロントスクリーンの絞りが上手くいくと良いですね。
ヒロシ
2017年12月26日 09:44
日の丸航空隊さん、箱スカは残りの作業を考えると絶対無理そうなので方針転換しました。
やはり年内にもう1個位確実に完成させたいと思って(笑)

昨日この状態からコンパウンドだけで磨いたら結構ツルツルになりましたよ。
メッキ塗装する部分のマスキングまで終えていますので年内完成しそうです。

この記事へのトラックバック