ハセガワ1/32 ボーイングP-12E #8

いやぁ~、毎日暑いですね。
東京(関東)は梅雨明けしたような天気が続iいてましたが今日はどんよりと曇ってます。
都心の方では朝方雨も降ってたみたいですね。

さて、P-12Eっす!

キットの操縦桿ですが、塗装の際コクピットに詰め物をする関係上まだ付けていませんでした。
画像


一応パーティングラインとかを処理してみたんですが、元々の成形がイマイチだったので、グリップ以外を金属化することにしました。
φ0.6㎜の洋白線に変え、根元にはアルミパイプを入れてちょっとだけデッチアップ。
画像

この後塗装して取り付けました。

機体は半艶クリアーを吹いたのですが、もう少し艶があっても良かったかなと反省。
ま、このままいきますが(笑)

てなわけで、いよいよ最終の組立です。

排気管を付けますが、穴が全くモールドされていないのでここもD.UP。
画像


画像


ランナーに付けたまま加工しました。
画像


塗装してエンジンに取付け。
イモ付け式だったので、φ0.4㎜の真ちゅう線を埋め込んで確実に付くようにしました。
画像


ところで左側の2気筒が一緒になる排気管ですが・・・
画像


画像


箱絵と違うし・・・(笑)
画像


画像


で、ここからいよいよ張り線です。

まずは翼間支柱を接着して下側の張り線を取り付け。
画像


張り線はφ0.3㎜のピアノ線を使用しました。

翼側は元々凹状のモールドがあるのですが…
画像


胴体側には穴も開いてなければ、目印などもありません。
画像


説明書はこれだけしかありませんが、穴位置の寸法もないというアバウトさ
そもそも胴体側は脚支柱の根元やコクピットの前に付く支柱の根元にも張り線の基部がありますが、まったく指示がありません。
画像


2本ある張り線の幅(約2.5㎜)だけ気を付けて、位置は目測で穴を開けてます。
画像


画像


画像


と、ここで在庫してるピアノ線が足りないことに気づきますた。。

買ってこなくては・・・

立川のイエサブに売ってるかな?

何はともあれ次回には完成しそうです。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2018年06月28日 13:00
排気管といい張り線といい、結構アバウト。
今では考えられないですよね。(笑)
当時、張り線までやって作る方が少なかったのかな~。
イエサブならピアノ線置いてあるかもですね。
完成全体図が早く見たいです。(ワクワク)
ヒロシ
2018年06月28日 14:06
日の丸航空隊さん、仰る通り当時はまだ張り線をやる人が少なかったんでしょうね。
イエサブにピアノ線が売っていたのは見て知ってるんですが、0.3㎜があるかどうか…
今日の夜にでも行ってみます。

何とか今月中の完成の目途が見えてきました。
はつたか
2018年06月28日 23:13
お疲れ様であります。
あの竹槍みたいな排気管に、巧く穴を穿けるもんですね。凄いです。
ヒロシ
2018年06月29日 00:56
はつたかさん、排気管はまず0.4mmで穴を軽く開けてから0.7mmのドリルで開けつつ、デザインナイフで穴を大きくしています。
言葉で説明は難しいですが、やってみると意外と簡単ですよ。
0-sen
2018年06月29日 01:14
いよいよ最終段階の張り線作業に入りましたね。ご希望のピアノ線が入手出来れば良いのですが…。
排気管の向きですが、初めて見ました(笑)これはこれで正解なんですかね?
ヒロシ
2018年06月29日 08:29
0-sen殿、ピアノ線は昨日入手してきましたが、余計なものまで買ってしまいました。
それは後ほど。
排気管の向きは#4にある実機を見ると箱絵が正しいようです。
直すのが正直面倒だったのと、これもこのキットの味として見て見ぬふりしてました(笑)
とりあえず完成させてから気が向いたら直そうと思ってます。

この記事へのトラックバック