ヒロシのホビーライフ雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 完成品ギャラリーVol.32

<<   作成日時 : 2018/08/01 15:28   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

皆さん、こんにちは!

今日から8月ですが、まだこの暑さが1ヵ月・・・

いやいや、9月になったからと言ってすぐに涼しくはならないだろうからそれ以上続くのかと思うとうんざりですねぇ

ま、とにかく我慢して頑張るしかないですね。

さて、久々に完成品のご紹介ですよ。
前回の完成品ギャラリーからちょうど1年ぶりです。

今回は主に昔電ホの作例で製作した飛行機をご紹介します。
どれも完成後に年数が経っていて、いくつかはずっとコトブキヤさんのショーケースの中で蛍光灯に当たっていたため、塗装やデカールの色が飛んじゃってるのがあるんですがご容赦ください。

まずは実家のもらい物のショーケース(ファーストレネックスとほぼ同じもの)に保管してあるものを撮ってきたので、バックが間に合わせでイマイチですがお許しください。

ハセガワ1/48 RF-4EファントムU 航空自衛隊
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


電ホの作例で、実は48のファントムを作ったのはこの作品が初めてでした。
合いも良くて製作上特に問題になるようなところはなかったと記憶してますが、自衛隊機特有の膨大なコーションデータのデカール貼りが大変でした。
キャノピーオープン状態で製作し、ファインモールドのエッチング製シートベルトを追加しています。

編集部から返却後かなり長期間お店のショーケースの中の蛍光灯に当たっていたため、迷彩色も色が飛んで3色迷彩の内でも321番(黄土色)が一番薄く変色してしまっています。
デカールも同様でハセガワも含め多くの国内メーカーのシルクデカールは最初は綺麗な発色でも、経年劣化で色が飛んでしまうものがほとんどです。
カルトやエアロマスターなどの洋物はそういうことはまず無いんですが、やはりインクが違うのかな?

一生懸命作って完成させても、年月とともにある程度遣れてくるのは仕方ないんですが、綺麗に発色していたデカールの色が飛んで薄く貧相になるのは何とも悲しいものです。

製作開始:2004年2月27日
完   成:2004年3月25日
価   格:¥3,200


ハセガワ1/32 フィゼラーFi156C シュトルヒ W/ロンメル
画像


画像


画像


画像


画像


画像


これも電ホの作例です。
キットはロンメル将軍のフィギュア付きでしたので簡単なベースを作って、誌面ではロンメル将軍と並べていました。
ハセのシュトルヒは発売当時にプライベートで1度作ったことがありこれが2機目でしたが、基本的に合いは良いものの、やはり古いキットなのでバリや金型の痛みなどで少々修正が必要でした。
胴体下面には羽布張りの縫い目のモールドあるんですが、貼り合わせた際に合わせ目を消したためモールドも消えてしまいましたが特に再現はしていません(ホントはしたかったんですが…)

製作開始:2006年4月 8日
完   成:2006年4月30日
価   格:¥4,200


ハセガワ1/32 メッサーシュミットBf109G-6
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


これも電ホの作例です。
私にしては珍しくパイロットを乗せていますが、キャノピーに金属線を仕込んで開閉できるようにしてあります。
デカールがファントム同様色が飛んでしまっていて見苦しいですね。
まぁ、元々透け気味のデカールでしたが、マスキングして上から塗装するなどしてリカバリーしたいものです。

製作開始:2001年12月 5日
完   成:2002年 1月16日
価   格:¥4,200


ハセガワ1/32 メッサーシュミットBf109K-4
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


コチラも電ホで製作した作例で、上のG-6の金型に新規のパーツを加えて1年以上経って発売されました。
このキットのデカールは確かシルクスクリーンだったので発色もよく透けもほとんどなかったのですが、画像を見てもお分かりのように機首のチューリップの赤は上面が特に色が飛んでしまって薄くなってしまっています。
これも上からタッチアップなどしてリカバリーしたいと思っていますが・・・

製作開始:2003年11月24日
完   成:2003年12月14日
価   格:¥4,200


エデュアルド1/32 メッサーシュミットBf109E-1
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


このエデュのE-1はモデルアート誌の作例です。
エンジンがパーツ化されていますが、エンジンを乗せるとエンジンカバーは付かなくなるので、エンジンを見せるように作るか、エンジンは内蔵せずカバーを付けてプロポーション重視で作るか選択を迫られます。
今だったらタミヤさんが「カバーも装着できてエンジンも見せる」という風に製品化してくれると思うんですがねぇ。タミヤさん出してください!(笑)

なので作例としてみた場合どっちで作ればいいか悩みましたが、エンジンなどを見せる状態で作ったほうが見せ場が増えるかなと思い、その状態で製作しました。
エンジンは少々配管などを追加してD.UPしていますが、コクピットなどは元々エッチングも付属していたのでキットのパーツだけで仕上げています。

製作開始:2009年3月25日
完   成:2009年4月19日
価   格:¥9,030(税込?)


いかがでしたでしょうか?
なぜかファントム以外はすべてドイツ機になってしまいました
また何れ完成品ギャラリーをやりますので、その時まで楽しみにしていてくださいね。

さて、作例の方もボチボチ進めていますがパンテーラも再開しましたし、近々長期放置中のものもユルユルと再開しようかと思っていますよ。

ではまた!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
懐かしい〜。
コトブキヤさんで見て憧れていた機体ばかりです。
メッサーK-4は、DVDでも出てきますよね。
E-1は初見です。
これはコトブキヤさんに出てました?
いやいや、目の保養になりました。
次回の完成品ギャラリーを楽しみにしています。
日の丸航空隊
2018/08/02 07:57
日の丸航空隊さん、こんにちは。
「完成品ギャラリー」でまだご紹介してないのを思い出してアップしてみました。

E-1は多分コトブキヤさんには出してないような気がします(記憶が定かでないんですが)
ヒロシ
2018/08/02 11:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
完成品ギャラリーVol.32 ヒロシのホビーライフ雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる