【B!M非公式】夏の終わりの鷹まつり #5

今日からまた3連休ですね。
私は午前中の仕事無事終わったので、これから2.5連休です(笑)

さて機体の処理も終わったのでそろそろ塗装・・・と思ってたら、BMのFacebookグループでtakiさんから「ここまでやって垂直尾翼の付け根、やっぱりスルーするの?」なんてコメントを頂きました。

というのも、N型では垂直尾翼付け根に膨らみがあるんですが、アカデミーのキットは無いんですよね。
ハセガワのキットにはちゃんとあるんです。
画像


これは実機資料を見ても確認できるんですが、E型まではこの膨らみは無いんですね。
なんでもN型になって胴体を延長したときの補強でこの膨らみがあるらしいです。
どうやらアカのキットは基本がE型のため、キャノピー後部を別パーツにして差し替えてN/M型にしているためと思われます。

んで、takiさんにそう言われちゃスルーするわけにもいかなくなり・・・(笑)

追加しましたよ
画像


画像

φ1.6㎜のプラロッドを斜めにカットしたものを接着。
そして溶きパテで周囲を均しました。

それから尾輪カバーですが、あまりに分厚いのでヤスリで薄くしました。
右:キットのまま 左;修正後
画像


アンテナ柱は太かったのでシャープに
画像


取り付けもφ0.3㎜の真ちゅう線を介して行うようにしました。
画像

胴体の取付穴は一旦埋めてφ0.3㎜の穴を開けています。

タイヤのトレッドパターンは元々浅いうえにパーティングラインを処理するとほとんど消えてしまうので目立てヤスリで再生しました。
画像


で、いよいよ塗装っす!
まずは黒サフで全体を塗装後各部をチェックしました。
キャノピー後部や胴体下部に若干処理の甘いところがあったので軽くペーパーを掛けて再度黒サフを吹きました。

コクピット後部の色はインストでは351番(ジンクロメイト)の指示ですが、実機資料をいろいろ見てみるとグレーのようです。
なので下面と同じニュートラルグレーで塗装。
画像


画像


下面はこんな感じ
うっかりクリアー足すのを忘れたので半艶っぽくなってしまいました(^^;
画像


そして下面をマスキングして上面を塗装。
胴体はひっつき虫でマスキングし、翼はマスキングテープを使用しました。
画像


画像


仕上がりはバッチリ!ほとんど修正不要でした。
写真はありませんが、このあと全体にクリアーを軽く吹きました。

因みに塗装&マーキングはこれです。
画像


数が多いので結構大変かも。
でもデカールはカルトなので貼りやすい・・・といいなぁ

今回はここまで。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2018年09月23日 14:50
こんにちは。
尾翼の膨らみはやっていません。
ガッツリリベットなので・・・(良い訳)

デカールは幾つかはまとまっていそうですが、大変そう。
でも、貼り終わると俄然華やいだ感じになるので楽しみでもありますね。
もう一息、頑張ってください。
ヒロシ
2018年09月23日 23:46
日の丸航空隊さん、私も最初はスルーするつもりだったんですけど(笑)
デカールは数はありますが何とかなるでしょう。
それよりも爆弾や脚柱、翼の機関砲が赤白青に塗り分けないといけないので面倒です。
あきみず
2018年09月24日 15:23
N型にそんな違いが、あったなんて
わかりませんでした。後期に変更されたのは
キットでは金型追加工できないです
P40を使われた国のマーキングを
全部書き込んだわけですか。
ヒロシ
2018年09月26日 08:38
あきみずさん、私も今回作るまで気づきませんでした(笑) このマーキングの機体は仰る通り15000機生産記念で、使用された国の国旗マークを書き入れた記念塗装です。

この記事へのトラックバック