ヒロシのホビーライフ雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 節目

<<   作成日時 : 2018/09/27 16:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

今月はモデルアートとアーマーモデリングの2誌でそれぞれ節目といえる号が発売されました。
画像


ちょっと前の発売になった「アーマーモデリング」誌は、タミヤMMシリーズ50周年ということで、ほぼ1冊まるまる特集号となっています。
画像


ご存知のように私は本来飛行機やカーモデルが専門なので、普段アーマーモデリングは買わず本屋で立ち読みする程度ですが、今号は永久保存版ともいえるものでしたので買いました。

巻頭は田宮俊作氏との対談、巻末はMMシリーズすべてを網羅した解説付きミニカタログ風のページが見応えあります。

子供の頃は戦車や歩兵セットとかも結構作っていましたねぇ〜
当時はほぼモーターライズでしたので、今のMMシリーズとはちょっと違いますが、このシリーズの中にもディスプレイ化されてシリーズに入っているキットもありますね。

実はここ数年、以前は全く興味なかったAFVにも興味が出てきて、少しですが在庫も抱えています
この前はやっとセモベンテも完成させたし。。
次のAFVは何作ろうかな?

一方モデルアート誌はめでたく今号で通算1000号達成
画像


増刊などを含めた数ですが凄いです。
私がMA誌を読みだした(買いだした)のは1973年3月号からで、以来ずっと買い続けています。

またそれよりも前の一番古い号で持っているのは第16集(1968年7月号)ですが、これを含めて先の1973年3月号より前までの30冊弱は中学生のときにMA誌か航空ファンだったと思うんですが、その個人売買欄で北海道の自衛隊の方が売りに出していたのを買わせていただいたものです。

今となっては資料性はあまりないですが、当時の誌面を飾った作例などを見るのも楽しいものです。

今月の特集はF-14。
実はタミヤの48はA型も最近出たD型もまだ買ってません。
AMKからも48でもうすぐ発売されるようで、それを見てからでも遅くはないかな・・・と。

ま、それよりも今はF-14より作りたいものが沢山あるのと、在庫が増えるので躊躇してしまうというのが本音かもしれません(笑)

F-14もここ数年で72,48とも新しいキットが出たのでだいぶハードルが下がりましたね。
ハセガワの両スケールを作ったことがあるのでその大変さがどうしても頭に浮かび、いくらニューキットといえど大変なのではないかとどうしても想像してしまいます(笑)

でわ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
AM誌とMA誌どちらも気にはなっているのですが、買っていません。
AFVは、やり出すと「嵌る」でしょ?
現在は、大戦時の物より陸自物に興味が湧いています。
P-6Eの次に「また一つ弄ろうかな」と思っています。
AFVとカーモデルの山が増殖ちう。

土曜日が待ち遠しいです。
日の丸航空隊
2018/09/27 17:26
日の丸航空隊さん、確かにAFVはやりだすと「嵌る」かもしれませんが、すでに飛行機&カーモデルで嵌ってますよね。
私の場合AFVはかじる程度にしようと思ってます。
なので特別なD.UPパーツも買ったり使ったりしないようにするつもり。

次に弄るのは何でしょう?
私も作例がなければ箱を開けたいキットが幾つかありますが今は我慢です
ヒロシ
2018/09/27 17:58
MA誌は創刊号から所有していますが、一部欠落号もあって、全て揃っていると言う訳ではありませんが、30号以降は全号揃っています。(増刊は除く)私にとってMA誌は模型作りのノウハウを教えてくれた教科書のような存在で、その頃のMA誌はボロボロですが、最近のMAは見たら終わりって感じになっています。好きなライターさんも何人かいて、そのライターさんのような完成品を作りたいといつも思っていました。今は松樹氏のファンです。MAはこれからも買い続けると思います。
AM誌は書店で立ち読みしましたが、購入はパスしました。MMシリーズ全網羅と言うのは、仰るように読みごたえも見応えもありますが、AM誌は今まで一度も購入した事がないし、タミヤのHPでも見られると思い、パスすることにしました。
AFVキットは私も基本的に何も足さない・引かないをモットーに製作しています。模型の楽しみ方は人それぞれですので、好きなように楽しむのが一番ですね。
0-sen
2018/09/27 19:52
0-sen殿、私もMA誌は教科書のような存在で、今のようなネットがない時代にはそれこそこの本が模型製作や新製品キットの情報源でした。
私も当時好きなライターさんがいて、特に牧英雄さんや黒須吉人さんのファンでした。

AM誌は基本的には買ってないんですが、以前初心者向きのAFV塗装法が特集されていた時も買ったことがあります。

今はSNSでいろいろな情報が分かるし、同じモデラーさんに分からないことがあれば聞けますが、半面「そんなこと自分で試してみればいいじゃん!」みたいなことを当たり前のように聞いてくる人がいるのはちょっと…と思ってしまいます。
昔は模型誌がすべての情報源でしたから、全部自分で試して、失敗してもそれが実になっていたように思います。
ヒロシ
2018/09/27 22:10
私は、小坂さん、おおくらとしおさん、銀の筆塗りの遠藤さん、たまに32で凄いの作ってた斉藤さん
あと、72でスタイルからいじってた中島さん
なんか覚えてるなー。90年代は、大分購入抜けてるし、最近も処分してるから、皆様ほど詳しくないけど
まかげしずお、とか後藤、野中、黒須とか剥かしはコラムとか読み物も面白かった。
takl
2018/09/28 11:12
takiさん、当時は隅から隅まで舐めるように読んでましたね。
なので今でも覚えている記事が沢山あります。
数年前、ヤフオクで飛行機を出品したら落札者がたまたま野中さんでビックリしました(笑)
ヒロシ
2018/09/28 11:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
節目 ヒロシのホビーライフ雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる