1/72 モランソルニエMS406 3社同時製作記その3

3連休が始まりましたね。

皆さんはどうお過ごしでしょうか?

さて、3機同時製作ですが今回はE社(エレール)から。

実は3社の中で一番古く手がかかりそうなのがこれ。

コクピットの中は計器盤もなければ操縦桿も床もありません
そこで計器盤だけはプラバンで作ってみました。
どうせ完成するとほぼ見えないので、黒く塗るだけですが・・・
画像


画像



あ、そうそう、最近流し込み系接着剤はクレオスから出たこれを使ってます。
画像

黒いので、どこまで接着剤が流れているか分かりやすくて良いですよ。

胴体と翼を仮組してみます。
すると脚庫から中が丸見えっす!
画像

また胴体と主翼の合いあもあまりよくありません。

画像


画像


そこでとりあえずプラバンを接着してみました。
画像


画像


主翼も下面と上面の合いがヒドイ
付け根から膨らみがあるところまではガタガタっす!
接着剤もすき間だらけで効きません。
画像


そこで内側からエポパテを詰めました(苦肉の策)
画像


画像


ラダーも左右で差がでました
画像


また左側のエルロン部分はフラップと段差ができます。
画像


あまりにひどいので0.3㎜のプラバンを貼りました。
画像


固着後に削って形を整え、どうにか修正できました。
画像


主翼前縁は一度ペーパーを掛けたあとにポリパテを盛りました。
画像


ここでやっと十の字
画像


H社はシートベルトがないので、紙創りのイギリス機用でごまかしました
画像


現在3機とも十の字になり、合わせ目の処理の真っ最中ですが、E社に引っ張られて他の2機は作業待ちの状態。
画像


ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2018年11月24日 06:56
黒の流し込みは知っていましたが、塗装面への影響などどうなんでしょう。
接着箇所が分かるのは大変嬉しいですが、塗装面への影響が心配で「二の足踏んで」います。

エレールのキットは手がかかりますね。
最後の画像でも、ハセ>RS>エレールって感じで作りやすさの感じが分かりますね。
ヒロシ
2018年11月24日 09:56
日の丸航空隊さん、おはようございます。
黒の流し込みは基本的に塗装前提のものとか、黒に塗装したもの同士とかで使うのが基本ですね。
なので塗装後の組み立てなどに使うのは従来の透明なのが良いです。

エレールは今まで作ったカラスとかトロージャンよりかなり酷いです(笑)
オートビルダーS
2018年11月25日 08:17
一度に3つも製作するのはすごいですね。
私はいままで同時並行等、複数作成はしたことがないので想像するだけで大変そうです。
同じキットを2連続っていうのはありますが。
とにかく、年間20作品、頑張ってください。
ヒロシ
2018年11月25日 18:59
オートビルダーSさん、3機同時製作は私も初めてです。
2機まではやったことあるんですが(笑)
年間20作品頑張ります!
あきみず
2018年11月27日 21:18
エレールのキットの凄さに、手がかかりますね
本家のキットなのでそれなりの、雰囲気を
持っていると思いますが、仕上がりを
期待しています。
ヒロシ
2018年11月27日 22:04
あきみずさん、エレールは大変です(笑)
でもおしゃる通り、以前静岡で完成作品を見たことあるんですが雰囲気は良いので私も期待してるんです。

この記事へのトラックバック