1/72 モランソルニエMS406 3社同時製作記その11

いきなりですが3機ともデカール貼りとフラットクリアーのオーバーコートが終了しました
画像


画像


ハセガワ(H社)
画像


RSモデルズ(R社)
画像


エレール(E社)
画像


H社は全て別売デカールを使用するつもりだったんですが、機首の口と目の図柄が違うことに気づきました(今更かよ~)
また別売デカールには無いスピンナーの図柄のデカールもあるので、やはりハセガワのマーキングを信じた方が良いでしょう。
画像


口も目も全然違うし・・・
目はふなっし~か!(笑)
画像


また別売デカールの口はどう考えてもこの形状では曲面の機首にそのままキレイに貼れそうにありません。
一応試しに貼ってみたんですが、やはりこりゃ無理ですね。
画像


ということで、ここはやはりキットのデカールを使用することにしました。
ただキットのデカールもピッタリというわけにはいかなかったんですが、少々のタッチアップで済みました。
画像


画像



これ以外の国旗マークなどは別売デカールを使用したんですが・・・

おもいっきり透ける!
そもそもキットのデカールの白い色がくすんだ色だったので、より純白に近い別売デカールにしたんですけどねぇ。
画像


下面は特に目立つ!
裏返して見ないことにしようそうしよう(笑)
画像


R社はモチ付属のキットのデカールですが、実はこれもちょっと透けますが、まぁ、許容範囲かな。
画像


E社はR社のデカールを使いましたが、水平尾翼に付く支柱がキットのもは極太だったので洋白帯板(0.2×1.5)にしました。
本来はオーバル形状なんですが、このスケールなら無視しても良いでしょう。
画像

他の2機はキットのパーツを使用しています。

さて、いよいよここから最終組立てですが、E社のキャノピーを合わせてみたところ、前部にデッカイすき間ができることに気づきました。
ちゃんと仮組みしなかったので今更気づいたわけです。

皆さん、ちゃんと塗装前に仮組みしましょうね
画像


ちょっとくらいのすき間ならスルーしますが(オイオイ!)、さすがにこれは・・・

ということで、ここにきて修整です。
1㎜×1㎜のプラロッドを接着
接着は最初に普通の白蓋、次に瞬間でガッツリと。
画像


ペーパーで削って形状を整えキャノピーを乗せてみました。
まずまずっす!
画像


とりあえずこれは最後に塗装のリカバリーするとして、ハセガワを仕上げちゃいましょ!

プロペラの軸穴は、塗装のために割りばしの先を突っ込んでいたため穴が大きくなってしまいブカブカに
仕方ないのでφ2.5㎜の真ちゅうパイプを埋め込みました。
ちょうど軸の径が穴にピッタリでした。
画像


てなわけでいきなり完成!
ちゃんとした写真は3機とも完成した時点で撮ってアップします。
画像


さて、次はR社を仕上げましょう。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2018年12月27日 10:29
ハセガワのが最初に完成ですね。
デカールの「白」ってどうしてこんなに透けるのでしょうね。
プロペラ軸の穴は、真鍮パイプがぴったりで良かったですね。
エレールの方は、終盤に来ての修正で、参りましたね。
でも、ちゃんとリカバリー出来て良かったです。
流石、ヒロシさんです。

別件:120secさんのブログの書き込みを見ました。
GTO-GSRのストライプですが、オプションだったので、付けていない人が多いです。
ストライプ無くても、オーバーフェンダーでGSRだとすぐに分かりますからね。
ちなみに、GSRで一番好きな色は「モスグリーン」です。
black?
2018年12月27日 11:03
ヒロシさん、こんにちは。

デカールの白って透けるんですね。
逆に捉えると、敢えて透かす表現に活用できるってことで。
おーっ、勉強勉強・・・どこで使うんだ?(爆)

それにしても、E社の修正は、私には難易度:高ですので、
仮組を忘れずにするよう心がけたいと思います。

完成写真、勝手に、お待ちしておりまーす。




ヒロシ
2018年12月27日 22:04
日の丸航空隊さん、別売デカールは結構高ったんですけどね
エレールの方はあとは塗装のリカバリーが残っていますが、何とかなるでしょう。

GTO-GSRのストライプの件、なるほどオプションだったんですね。
とりあえず限定ではないので、もう少しストックを消化してから買おうかと思ってます
ヒロシ
2018年12月27日 22:08
bkack?さん、こんばんは。
デカールの透けを逆に利用というのはあまり聞かないですね(笑)

E社のすき間は完全に仮組の時の確認ミスです。
3機も一緒にやってるとうっかり忘れることもしばしばです
0-sen
2018年12月28日 00:01
まずは3分の1の完成ですね。
3機同時製作を拝見していて、同じキットでもメーカーによって、キット開発のアプローチの違いがあって、興味があります。エレールなんかは、ゴツゴツしか感じですし、ハセガワのキットはスッキリしていますよね。RSは簡易キットだと思いますが、中々良い感じに見えます。それにしても、塗装がバリエーションに富んでいて、面白いです。年内、3機揃い踏みをお待ちしています。
寒くなるようですので、体調など崩されないよう、お気を付け下さい。
ヒロシ
2018年12月28日 11:40
0-sen殿、3機の中ではやはりハセガワが一番作りやすいです。
RSは組説のパーツの図と実際のパーツの形状が全然違っていたりと、理想と現実?が感じられます(笑)
エレールは雰囲気は良い感じですがやっぱり古いキットなので辛い部分も多いです。

塗装バーリエーションは仰る通り沢山あってどれにするか迷いますね(笑)
昨晩RSも完成し、残るはエレールだけとなりました。

この記事へのトラックバック