[オートモデリングVol.34 man&Machine3 アイルトン・セナ]発売

お題の通り私も作例を担当したオートモデリングVol.34発売です!

画像


画像


私は今回セナが最後の優勝を飾った93年オーストラリアGP仕様のMP4/8を製作しました。
裏表紙になっているのがそのMP4/8です。

もちろんキットそのままではオーストラリアGP仕様にはならないので改造し、各部もディテールアップしてますよん!

また私以外のライターさんの作品も見応えたえタップリの作品ばかりです。

発売は明日17日ですが、模型店などでは既に入荷しているようです。

てなわけで皆さん、よろしくお願いいたします

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2018年12月16日 21:36
今回は「裏表紙」に掲載ですね。
セナ特集みたいな感じでしょうかね。
「音速の貴公子」・・・・格好いいニックネームですよね。
古館某氏がレース中継中に思わず叫んだ言葉だそうですね。
ヒロシ
2018年12月16日 23:30
日の丸航空隊さん、Man&Machineシリーズで、マンセル、ピーターソンに続くセナ特集です。
歴代のF1マシンが掲載されていますよ。
ヒカル
2018年12月16日 23:55
裏表紙の画像だけで凄さが伝わりますね(*'▽')

セナかっこいいですよね。あの異次元のドライビングは凄かったですね。TV画像で他のドライバーと違いが分かるドライバーってもう現れないでしょうね。
ヒロシ
2018年12月17日 09:52
ヒカルさん、今回はフロントセクションなどほぼ自作して頑張りました
セナのようなドライバーはもう現れないでしょうねぇ…
フリーダム
2018年12月17日 14:31
こんにちは。
買いましたよ!最初、モデルアートの広告で知った時『えっ・・・、また!?』って思いました。今まで数多く作例が紹介されているのに・・なんで?!。一歩踏み込んだ内容じゃないと買うの止そうと思っていると、(いい意味で)期待を裏切る内容で、各モデラーさんの熱意を感じ楽しめました。
 ヒロシさんはMP4/8担当だったんですね。セナの生涯最後の勝利マシンモデルで、製作中も感慨深いものがあったのではないでしょうか?お疲れ様でした。
ヒロシ
2018年12月17日 18:38
フリーダムさん、こんばんは。
お買い上げありがとうございます。
仰る通りセナのマシンは今までMA誌も含め相当な作例が紹介されていますよね。

今回担当になったMP4/8もMA誌では数回作品が紹介されていまして、そのどれもがフロントダンパー部分やエンジンのD.UPが行われており、それらに引けを取らないくらいの作品を作ることが目標でした。
実はMP4/8はMP4シリーズの中でもホンダエンジンではないためか資料も別売パーツも極端に少なく苦労しました。
なるべく実車通り再現したかったものの、場所によっては難易度や時間の関係で省略した部分もありますが、おおむね満足いく作品になったと思っています。
セナ最後の勝利マシンということで頑張りました

この記事へのトラックバック