レベル1/32 カーチスP-40E‘フライングタイガー’製作記#3

昨年手を付けて長期放置中でしたが、サニトラも完成し新年ということで一区切りついたので再開です。

このP-40Eは静岡のBMのお題「レベル・モノグラム」のアイテムなので、まぁ、5月まで完成すればいいのでのんびりいきます。

前回の#2は昨年8月でしたので、凡そ5ヵ月ぶりですねぇ(^^;

で、キット自体はやはり昨年手に入れたもう1個の胴体、主翼の歪の少ないキットで組んでいきます。

機体を仮組みしてみます。
まずまずですがやはり上反角が足りません。
桁のようなものを入れないといけないかな。。
画像


まずはラダーやエルロン、エレベーターなど貼り合わせるパーツはこの時点で接着しておきます。
画像


このキットはこの動翼がすべて可動式なのですが、一部ピンが細いところがあるのでその部分は金属化しました。
画像


昔イエサブが新宿にあった頃、たまたま見つけたエデュアルドのエッチングパーツを買っておきましたがやっと出番がきました
これに主脚収納庫があるので、それを組み込もうと思います。

四隅を折り曲げて箱状にします。
画像


ただこの曲げただけだとグラグラして強度がないので、L字のプラロッドを四隅に接着し、すき間には黒瞬着を充填しておきました。
画像


で、実際に翼の内部に置いてみるとこんな感じっす。
画像


画像


但し上翼のパーツを合わせると完璧に干渉します。
画像

後端のフラップの部分を無理やり合わせればそのまま接着できなくもないんですが、ここはやはり内側を少し削ることにしました。

画像


またエッチングパーツが動かないよう、位置決めをしてここもL字のプラロッドを接着。
画像


上翼パーツを合わせて胴体と仮組みしてみると意外や意外、胴体のフィレット部に上手く合うようになりました。
どうやら上翼のパーツが収納庫のパーツで押し上げられて、ちょうどいい感じに翼が膨らんだためのようです。
画像


機首の顎にある3つの丸いインテーク用にここもエッチングがあります。
画像


但しパーツは金型のせいなのかこんな塩梅
画像

試しに元々持っていたもう1個のキットも確認してみましたがほぼ同じ状態でした。
まぁどっちみちここはくり抜いてエッチングを付けるのでもんだいないんですが

今回はここまで。

次回はコクピットの工作にいきたいと思いますが、ここも計器盤、シートや側面がエッチングなのでちょっと一工夫しないと胴体に付けられないようです。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年01月07日 20:39
レベルのP-40再開ですね。
5ヶ月ぶりですか?
思わぬうちに結構時期が経ってましたね。(笑)
脚庫のパーツで主翼上面が保持されていたのですね。
コクピットも壁面の加工作業が必要になりそうですね。

サニトラの構想・妄想が固まってきました。(笑)
アウディの途中から始めちゃうかも。(爆)
ヒロシ
2019年01月08日 00:29
日の丸航空隊さん、P-40再開しました。
脚庫のエッチングパーツは、最初のこの厚みで入るのか?と思わず疑いました(笑)

コクピットも床と背面以外ほとんど薄いエッチングに置き換えるので、強度と取り付け&接着が難しそうですが何とかやってみます。

サニトラいよいよ始まりそうですね。
楽しみです。
0-sen
2019年01月08日 23:18
2019年が始動しましたね。第1弾は5ヶ月振り再開のP-40ですね。私もすっかり忘れていました(笑)もう5ヶ月も経つとは思ってもいませんでした。
エッチングパーツが思わぬ功を奏したようで、良かったですね。SHSの課題キットだとの事ですが、どう言う仕上がりになるのか、楽しみにしています。
ヒロシ
2019年01月08日 23:57
0-sen殿、あっという間に5か月経っていました
エッチングパーツは初期のエデュアルドのなのでちょっと組み込むのが厄介ですが、何とかなると思います。

この記事へのトラックバック