レベル1/32 カーチスP-40E‘フライングタイガー’製作記#11

桜も咲き始めましたが、まだまだ朝晩は寒いですね~

さて、現在模型は色々と平行作業しています。
ざっと挙げても、マトラ、ガジロウ、550スパイダー、セモベンテのベース、そしてP-40!と多すぎて正直なんだかどれも落ち着いて作業できません

このうちガジロウと550スパイダーは何とか今月中に完成しそうですが、問題はマトラとP-40です。
どちらも静岡HSで展示が目標ですから、残りの日数を考えてもそろそろスパートかけないといけません。

なので、ここからはP-40をメインに進めて完成させ、続けてマトラにいきたいです。

てなわけでP-40もそろそろ塗装作業に入りたいところですが、まだ手を付けていなかった第2風防を何とかしないと進めません。

その第2風防ですが、キットでは下側のフレームが別パーツで、さらにスライドできるようになっています。
また下側のフレームには胴体の溝に嵌るようにツメがあります。
子供の頃作ったんですが、キャノピーがこういう風になっていたとは全く忘れていました。
画像

フレームのパーツはかなりヘロヘロでちょっととこのまま使うのは難しいです。

画像


そこで0.3㎜の透明プラ板と白プラ板で作り直して接着しました。
一部パテで風防との繋がりを修整します。
画像


溝のツメは□0.75のプラロッドで。
これでスライドもOK
画像


マスキングしてジンクロメイトを塗装しました。
画像


前部の第一風防と胴体の繋がりの修正もほぼ終わり、パネルラインやリベットの再生も終わりました。
画像



さて、マーキングも決めないといけませんね。
#1のときにもご紹介してますが、基本的にデカールは以前ハセガワのアウトレットコーナーで手に入れたデカール(2枚あり)を使用します。
画像


塗装はこれです
画像

インシグニア(国旗マーク)は両主翼の片面のみ2ヶ所しかありませんので手描き(塗装)で入れる予定です。

問題はシャークマウスですね。
ハセガワ用なのでそもそもこのレベルのキットにシックリ貼れるのかが問題です。
貼ったとしてもあちこちタッチアップするなら初めから塗装で入れた方が賢明かな・・・と。。

とりあえず機体の下地処理が終わったので下面の塗装を開始しました。
当初クレオスのニュートラルグレー(13番)を使おうと思ったんですが、残量が残りわずかだったのでガイアのニュートラルグレーを使用しました。
クレオスより少し濃いんですが、32スケールだしまぁ良いかなと。
どうせ後で退色&汚しも入れるし。
画像


顎の部分の再生した〇リベット
画像


インシグニアやシャークマスは塗装前に入れるか迷ったんですが、機体の塗装をしてから入れることにしました。
次は上面塗装ですね。
画像


ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年03月26日 21:13
P-40も塗装段階に入りましたね。
シャークマウスも塗装で入れたいですね。
デカールがぴったりだったら申し分ないのですが、おそらく違うでしょうね。
ヒロシ
2019年03月26日 23:28
日の丸航空隊さん、P-40はやっと塗装段階に入れました。
シャークマウスはたぶん合わないでしょうし、デカール貼りで苦労するなら塗装で入れた方が面倒ですが楽な気がします。
今週末には大方目途付けたいですね。
black?
2019年03月27日 00:58
ヒロシさん、こんばんは。

リベット再生お疲れさまでした!

いよいよ塗装ですね!・・・って、
シャークマウスを塗装でされるんですか?!
どれだけ難易度が高いんだろう。。。
次回のP-40は、唾と息を飲む覚悟です(笑)。
ヒロシ
2019年03月27日 08:48
black?さん、キットの元のデカールも使えないのでハセガワのを使用するんですが、当然合わないと思うので塗装です。
ただ、キット本来のマーキング(箱絵)も捨てがたいんですよね。
まだちょっと迷ってます。
ひろ
2019年03月31日 10:56
ツメが付いてる風防、子供の頃に触れた記憶が有ります
何のキットだったのかなぁ?
ヒロシ
2019年03月31日 11:13
ひろさん、昔はこういうツメが付いて可動式になっているの多かったですね。
とくに大きな1/32スケールが多かったと思います。

この記事へのトラックバック