タミヤ1/12 マトラMS11 製作記11

P-40も一応士の字になり、一息ついたのでマトラにいきましょう!

前回の記事で組んだファンネルとインジェクター
そのインジェクターを根元でカットし、そこにφ1㎜の穴を斜めにあけます。
画像


インジェクターはφ1.1㎜の真ちゅうパイプとφ0.7㎜のステンレスパイプ、それにφ0.4㎜の洋白線、2種の六角プラロッドをカットしてナットに見立てたものを組み合わせて作りました。
画像


全部で12個!
疲れました(笑)
ナットの厚みが揃ってないのはご愛嬌ということで。。
画像


エンジンに仮組みしてみました。
画像


塗装はファンネルに差し込んだインジェクターの根元部分をもう少し整形し、さらに微妙に形状が揃ってないファンネルのラッパ形状を整えてからします。

そうそう、それからこのファンネルが乗る基部のパーツですが、当初パーティングラインが目立っていたんですが、エンジンに付けちゃえば目立たないと思いスルーするつもりだったんです、はい。

そしたらモケデンさんがキッチリとやっていらっしゃるのを見て私も手抜きできなくなりますた。。
画像


ついでにボルトの頭のモールドに穴を開けてみました。
実車はどうなってるか分かりませんが、ちょっとは雰囲気出るかな・・・と。
画像



さて、もう一つの問題がマフラー!
模型電動士さんのサイトで教えていただいたラジアスアームが思いっきりマフラーに干渉する件です。
とりあえず片側だけパーティングラインの型ズレを修正しつつ全体に細身にしてみました。
画像


画像


ただこれだけでは分かりません。
実際に車体に載せて尚且つリアの足回りを仮組みしてみないと…

そこでそのラジアスアームなどの足回りをまずD.UPしないといけません。

てぇことでアームをφ2㎜のアルミパイプに変え、車体側の先端はキットのパーツを、タイヤ側の方は真鍮パイプなどで変えました。
画像


画像


グレーのナットはコトブキヤのナットのパーツに穴あけしたもの出差し込んでいるだけです。
画像


ロワアームの方も同じようにアルミパイプなどで金属化しますが、それは次回ということで。

ではまた!

この記事へのコメント

2019年03月11日 12:56
ウホッ!凄っ。
12気筒分のインジェクション製作お疲れ様でした。
精密感が全然違いますね。
昔のF-1だとエンジン丸見えですから、こういったところが精密でないと残念ですからね。
マフリャーも一筋縄ではいかないみたいで、大変ですね。
ラジアスアームの金属化もシャキッとするので効果絶大ですね。
ひろ
2019年03月11日 14:33
インテーク周り、ゾクっとくるほど凄いっス!
ヒロシ
2019年03月11日 15:15
日の丸航空隊さん、12本作るのは疲れましたが、そう言っていただけると頑張った甲斐があります
マフリャ~は足回りを組んでみないとクリアランスなどが分からないのですが、何となく対策法は分かってきました。
ヒロシ
2019年03月11日 15:16
ひろさん、ありがとうございます。
元々すぐに折れそうなパーツだったので金属化は必須でした。
たかとと
2019年03月11日 20:23
ヒロシ様
こんばんは。
模型電動士さん、ひろポンさん、そしてヒロシさんと往年のF1作られていて刺激受けてます。
メカニカルなエンジン周りに萌えます。
12気筒分の作業はしびれますね!
インジェクター造作含めて密度感のアップにファンネルの佇まい。最高です!
ヒロシ
2019年03月11日 20:38
たかととさん、くしくも模型電動士さんとの共作になりました。
静岡で並べられるよう頑張ります。
オートビルダーS
2019年03月12日 08:33
ヒロシさん、おはようございます。
やっぱりエンジンはかっこいいですね。
特にファンネルの見えるやつは(笑)
同じものを12個も作るのは大変だったでしょう。今後も楽しみにしています。
ヒロシ
2019年03月12日 08:38
オートビルダーSさん、おはようございます。
この当時の葉巻型F1はエンジンむき出しでカッコイイですよね。
12個作るのは大変でしたがこうやって出来上がるとやって良かったと思います。
black?
2019年03月12日 10:13
ヒロシさん、こんにちは。

角度が12個ぴったり!
斜めに穴をあけて揃っちゃうだなんて、
圧巻!

ウヒャー!
基部のところは、みんな綺麗(笑)に上下でズレてるんですね。
私なら、ただ笑うしかないです。。。

エンジン作りたくなってきました!
ヒロシ
2019年03月12日 15:21
black?さん、角度は結構いい加減で、目測で合わせてます。
パッと見て明らかに変なところは直してますが、エンジンに組んで配管などがごちゃつくと意外とわからないものです。

基部のところはモケデンさんがちゃんと修整されてたのでやらないわけにはいかなくなりました(笑)

この記事へのトラックバック