タミヤ1/48 P-38F/G ライトニング製作記#3

機体を組んだので残っている各部のパネルなどのパーツを取り付けます。

機首の左右のパネルを接着します。
P8190009.jpg

ここは少々段差が生じるのと(ほんのちょっとです)、接合部を消す必要があるので処理をして、消えかかった凹リベットを再生します。
P8210038.jpg

P8210046.jpg

P8210039.jpg


機首先端は塗装図AとBで付けるパネルが違います。
Aはこのパネルです。
もちろんぴったんこ!
P8190010.jpg

機首に仮組み。
この先端のパーツには機銃のパーツを中から差し込むんですが、塗装の事を考えてまだ機銃は付けません。
またフィッティングがバッチリなので塗装したあと最後に付けることにしました。
P8210049.jpg

前回うっかり途中で付けるのを忘れ、入れるのに苦労したスーパーチャージャーのパネルパーツですが、後方のところは段差ができます。
P8200018.jpg

他のところのフィッティングが素晴らしいのに何でここだけ?と思って資料を調べると、どうやらこれで良いようです。
P8190014.jpg

P8190015.jpg

P8190012.jpg

P8190013.jpg

1枚ものの主翼先端パーツを取り付けます。
P8200020.jpg

ここは残念ながら裏表にわずかにヒケが生じています。
修整は出来ますが、そうすると繊細な凸リベットなどが消えてしまうため、今回はそのままとします。
P8210047.jpg

エルロンは裏側に接合部ができるので処理します。
この画像はまだ修整途中です。
P8200019.jpg

主翼に付ける小さなパネル。
P8200022.jpg

恐ろしいほどピッタリ!
P8200023.jpg

エンジンナセル左右に付く小さなインテークは内側を艶消し黒で塗っておきました。
ここは塗っておかないと意外と完成後に目立ちそうです。
P8200025.jpg

P8200026.jpg

エンジンナセル付け根にある穴はキレイに整形しておきます。
P8210034.jpg

P8210035.jpg

P8210036.jpg

P8210037.jpg

脚カバーも塗装に備えて組立てます。
表側のカバーと内側は別パーツになっています。
P8200024.jpg

P8210033.jpg

水平尾翼ですが、付け根が少し出っ張っているので削って整えました。
P8210040.jpg

P8210041.jpg

胴体両側にあるインタークーラー(だと思う)の接合部も処理します。
P8210042.jpg

P8210043.jpg

P8210044.jpg

ここはちょっとすき間ができましたが組み方の問題かもしれません。
P8210045.jpg

前輪は内部も塗装します。
P8210030.jpg

P8210031.jpg

脚柱も組んで塗装しました。
P8210032.jpg

ということでほぼ塗装ができる段階まできました。
P8210028.jpg

次回いよいよ塗装の準備、サフ吹きくらいまでいけそうですね。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年08月22日 12:12
順調に進んでいらっしゃるようですね。それだけ作り易いキットと言う事だと思いますが、やはり機首サイドパネル部分は若干の隙間(段差?)が生じるようですね。私もH社のキットで苦労した部分です。
製作記事を拝見していて、楽しく製作出来ている様子が伝わって来ます。そう言うキットを私も早く製作したいものですが、こちらはまだサンディングループから抜け出せない状態です(^^;)
塗装でどう変貌するのか、楽しみです。
日の丸航空隊
2019年08月22日 15:09
機首の、この部分はタミヤでも難しい所のようですね。
イタレリ、ハセ、アカ共に、この部分は段差や隙間が出来てしまいました。
でも、ほんの少しの修正でいけるなんて、やはり「世界のタミヤ」だ。(^^)/

タービン後ろの「四角い切り欠き」も再現してあるのですね。
双胴のインテーク出口も、変に凝った作りにしていなくて好感が持てます。

そろそろ塗装ですね。
こちらもサフ吹きに入れそうな所まできました。
お互い、頑張りましょう。
ヒロシ
2019年08月22日 22:06
0-sen殿、コメントありがとうございます。
>順調に進んでいらっしゃるようですね。それだけ作り易いキットと言う事だと思いますが、やはり機首サイドパネル部分は若干の隙間(段差?)が生じるようですね。私もH社のキットで苦労した部分です。
このキットでは数か所接合部の処理をするところがあるんですが、機首サイドパネルはほんとにちょっとだけ段差が生じました。
H社のはまだ作ったことないんですが、想像はつきます(笑)

>製作記事を拝見していて、楽しく製作出来ている様子が伝わって来ます。そう言うキットを私も早く製作したいものですが、こちらはまだサンディングループから抜け出せない状態です(^^;)
前回のバンシーがあまり楽しくなかったので、今回は嬉しいっす!(笑)

>塗装でどう変貌するのか、楽しみです。
キャノピーのマスキングが残っているんですが、マスクシールが付属しているので使ってみます。
ただ自分でカットしないといけないんですよね。
ヒロシ
2019年08月22日 22:09
日の丸航空隊さん、コメントありがとうございます。
>機首の、この部分はタミヤでも難しい所のようですね。
>イタレリ、ハセ、アカ共に、この部分は段差や隙間が出来てしまいました。
>でも、ほんの少しの修正でいけるなんて、やはり「世界のタミヤ」だ。(^^)/
そうなんです。ほんとにちょびっとのギャップですので修正も簡単でした。

>タービン後ろの「四角い切り欠き」も再現してあるのですね。
>双胴のインテーク出口も、変に凝った作りにしていなくて好感が持てます。
ハセガワは「四角い切り欠き」は再現してあるのかな?
あとでキット確認してみます(笑)

>そろそろ塗装ですね。
>こちらもサフ吹きに入れそうな所まできました。
>お互い、頑張りましょう。
脚収納庫などはマスキングしました。
残るはキャノピーですが、素晴らしい透明度なので傷を付けたり汚したりしないようにしないと…
お互い頑張りましょう!
2019年08月23日 08:31
ヒロシさん、おはようございます。

恐ろしいほどピッタリって、凄いですよね(笑)!
そんな中でも、細かな修正を施して抜かりなーし!

あっ!
と言う間にサフが見えてきているとのこと、
恐ろしいほど順調すぎですね(笑)。
ヒロシ
2019年08月23日 16:41
black?さん、コメントありがとうございます。
>恐ろしいほどピッタリって、凄いですよね(笑)!
>そんな中でも、細かな修正を施して抜かりなーし!
せっかく他がパチピタなのに、一部だけギャップが残ってたりしたら残念ですから(笑)

>あっ!
>と言う間にサフが見えてきているとのこと、
>恐ろしいほど順調すぎですね(笑)。
こういうときほど気を付けないとあらぬ失敗をするので気を付けます。