ルネッサンス1/24 ポルシェ936-76マルティニ 製作記#8

さて、完成に向けてどんどんいこうと思っていた矢先に・・・

重大な事実が判明しますた!

なんとなんと、車体後部のゼッケンを貼り忘れてました~

なんで忘れた?????
アハハ!もう笑うしかありません。

研ぎ出しもすでに終えているのに、さてどうしたものか
P9180055.JPG

残っているデカールを見たらちゃんとあった!
でも本当になんで忘れたんだろうなぁ。
小さなデカールならまだしもこんな大きくはっきりわかるゼッケンを忘れるなんて・・・ボケが始まったか?(^^;

で、とりあえず貼りました。
P9180056.JPG

このまま貼りっぱなしという選択肢もありますが、やはり周りとの艶の度合いの違いや、デカールの保護のためにも上からクリアーをコートしておきたいので、このゼッケンの周りを少し広くマスキングしてウレタンを吹くことにしました。

そのウレタンクリアーですが、このキットに使用したGP2はもうほとんど残ってませんでしたが、瓶の中身を見ると底に少しだけ溜まっているという感じで、なんとかなりそう。
これを別の調合用の容器に出すと、なんとか0.9グラムだけありました。

これに硬化剤とウレタンシンナーを混ぜて希釈すると、十分塗れるだけの量になったので、これで3回ほど塗り重ねました。
それがこの状態。

マスキングはストライプの外側から後部ボディとドアとの境、そしてインダクションポッドの下から後部のNASAスクープの少し前のあたりまでにしたので、クリアーを吹いた後の研ぎ出しでは、後部の段差を消せばどうにかなりそうです。
P9190012.JPG

主剤のウレタンが0.9gしかなかったので、どうしても硬化剤とウレタンシンナーの希釈が多めになってしまったので、硬化するまで余計に数日かかりそうです。
研ぎ出しできるまでほかの作業を行いましょう。

インダクションポッドの上には赤いランプがあります。
実車の写真はモノクロが多く何色かわからなかったんですが、通常は赤のようですし、この後継モデルの936-77とかは赤なので赤にしました。

塗装前に頭頂部に台座っぽいものを作っておいたので、そこに飛行機用のレジン製ポジションライトセットから大きさの合うものを少し高さを削って接着しました。
P9190011.JPG

使用したのはカッティングエッジから出ていたこれ。
かなり昔に買ったもので、今までハセガワ1/48のF-14に使ったくらいです。
P9190016.JPG

下部の台座になる部分にEXシルバーを塗りました。
P9190015.JPG

リアウィングにはエッチングのヒンジを接着しました。
パーツには少し凹部があったのでそのまま塗装したんですが、もっと細く深く彫り込んでおけばよかったと後悔。
接着にすごく手こずりました。
P9190017.JPG

P9190018.JPG

ヘッドライトは、本体の反射カップはメッキされたパーツが付属してるんですが、肝心のレンズの透明パーツがありません。
当初バルケッタのレンズセットを使おうと思ったら合うサイズがありませんでした。

ならば反射カップごとバルケッタのを使おうと思ったんですが、そうすると一回り径が大きくなるうえに厚みも増してしまいます。
更にワンサイズ小さいのだと逆に小さすぎで結局諦めました。

そこでジャンクパーツから合うのを探し、箱スカGT-Rのライトレンズを使うことにしました。
P9190013.JPG

P9190014.JPG
このパーツは多分昔作ったマルイの箱スカレーシングのだと思うんですが、内側用のレンズはグリルに合わせて一部がカットされていて真円ではありません(レーシングはヘッドライトにカバーが付くのでライトレンズは不要パーツになります)
なるべく目立たないように下側にカットされた部分をセットしたのでぱっと見はわからないよね?(笑)

ところでこのヘッドライトの形状左右で少し違いますよね?
内側下が片方は丸くて片方は角ばってます。
なんでか分かりませんが、最初からキットの形状がこうなってました。

ここに付くカバーのバQパーツもこれに合わせた成型になってるので安易にボディ側を修正するのはやめたんです。

で、実車はヘッドライトカバーの周りはテープが貼られています。
156343488801813662505-thumbnail2.jpg

ということで、キットの方もテープが貼られているように再現するつもりですが、いい素材がないんですよねぇ・・・
デカールじゃちょっと…という感じだし、以前ハセガワからホワイトフィニッシュが出ていたと思うんですが現在は販売されてないみたいだし。
ま、これについてはもう少し考えます。

ボディ左側にフィラーキャップ?と無線アンテナの基部などを取り付けました。
P9190019.JPG

今回はここまでっす!

でわ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

日の丸航空隊
2019年09月20日 17:03
ゼッケンの貼り忘れなんて、どうしちゃったのですか~。
その上、ウレタンもギリギリの量とは。(>_<)

でも、両方とも何とかなって良かったですね。(^o^)

インダクションポッド上のランプに、飛行機用のパーツが上手く合って何よりでした。
1/24サイズに1/48サイズは相性が良いのかな?
私も何かで飛行機用の物を使った記憶があります。

ウレタンが余計でしたが、もうすぐで完成ですので、頑張ってください。
ヒロシ
2019年09月20日 20:11
日の丸航空隊さん、こんばんは。
>ゼッケンの貼り忘れなんて、どうしちゃったのですか~。
どうしちゃったんでしょう?
自分でも分かりません(笑)

>その上、ウレタンもギリギリの量とは。(>_<)
GP2はこの936に使ってほぼ無くなってましたが若干残っていて助かりました。
GP1の方も在庫してるんですが、GP2を使ったのでやはりGP2を使用したかったです。

>インダクションポッド上のランプに、飛行機用のパーツが上手く合って何よりでした。
>1/24サイズに1/48サイズは相性が良いのかな?
>私も何かで飛行機用の物を使った記憶があります。
何が合うかな?と考えたらすぐこのカッティングエッジが思い浮かびました。

>ウレタンが余計でしたが、もうすぐで完成ですので、頑張ってください。
ほい!頑張ります!
オートビルダーS
2019年09月21日 09:27
おはようございます。
考えられない「やり忘れ」。
私もたまにありますよ(^_^;)
クリアの段差、きれいに消えてくれるといいですね(^^)
ヒロシ
2019年09月21日 11:30
オートビルダーSさん、おはようございます。

>考えられない「やり忘れ」。
>私もたまにありますよ(^_^;)
本当に考えられないやり忘れでした。
自分でもびっくりです(笑)

>クリアの段差、きれいに消えてくれるといいですね(^^)
ラッカー系と違ってウレタンの場合、上から塗ったとしても下地のクリアーと融合しないのでどうしても若干の段差が残ってしまいます。
ヒカル
2019年09月21日 20:01
あらら。。
ゼッケンを貼り忘れですか。これは痛い(>_<)
けどナイスリカバリーです。

ハセガワのホワイトフニッシュ売ってますよ~。
ヒロシ
2019年09月22日 00:36
ヒカルさん、こんばんは。
>あらら。。
>ゼッケンを貼り忘れですか。これは痛い(>_<)
>けどナイスリカバリーです。

いやぁ~自分でもビックリです。
こんな失敗するなんて(笑)

>ハセガワのホワイトフニッシュ売ってますよ~。

え!そうなんですか。
探してみます。
実は先日密林で探したときは出てこなかったんです。
2019年09月22日 11:30
ヒロシさん、こんにちは。

ゼッケン番号、のわっちゃ~っ・・・でしたね(泣)。

当たり前すぎて頭からすっぽり抜け落ちる事が、よくありますぅ。。。
リカバリお疲れさまでした~つ。

左右でライトの形状が違うって、
何か意味があったのか、面白いですね。
どうせなら片側、お星様にでもなってたら・・・(笑)。
周辺のテープも、これまたオモローっ。
ひょっとして、事故ってライトとカバーを修理したとか(笑)。

それにしても、ツヤッツヤで凄いですね!
まるで高級陶器のような。。。
ヒロシ
2019年09月22日 18:49
black?さん、こんばんは。
>ゼッケン番号、のわっちゃ~っ・・・でしたね(泣)。
>
>当たり前すぎて頭からすっぽり抜け落ちる事が、よくありますぅ。。。
>リカバリお疲れさまでした~つ。
いやはや、お恥ずかしい限りです(笑)
でも何とかリカバリーできたので良しとします。

>左右でライトの形状が違うって、
>何か意味があったのか、面白いですね。
>どうせなら片側、お星様にでもなってたら・・・(笑)。
>周辺のテープも、これまたオモローっ。
>ひょっとして、事故ってライトとカバーを修理したとか(笑)。
何で左右で違うのかよく分かりません。
テープは当時のレース、とくにル・マンのような長丁場なレースではカバー自体が取れたりしないように周りに貼っていたようです。

>それにしても、ツヤッツヤで凄いですね!
>まるで高級陶器のような。。。
ありがとうございます(^^♪