タミヤ1/48 P-38F/G ライトニング製作記#7完成!

皆さん、こんにちは。
台風が関東を直撃し、いたるところで被害が出ているようですね。
幸い我が家は庭のトマトのプランターの支えの支柱が倒れたくらいです。

しかし夜中から明け方にかけてすごい風の音で寝不足です

さて、そんな台風か近づく昨晩遅くにやっとP-38が完成しました。
P9080053.JPG

キットはF型とG型の選択式ですが、今回はG型として製作しました。
ところで悲しいお知らせがあります。

キャノピーのマスキングを剥がしたら、第1風防の左側に大きなクラックと歪みが発生していました。
剥がした瞬間にはマスキングの隙間から塗料がしみ込んだのかな?と思ったのですが、よ~く見ると・・・
P9080035.JPG

P9080037.JPG

なんじゃこりゃ~ byジーパン刑事

一瞬わが目を疑いましたが間違いなくクラックが入っていました。

原因ははっきりとは分かりません。
何かをぶつけたとか、パーツを落としたりした覚えもないんですけどねぇ・・・
でも歪みが入っているということは、何か強い力が加わったんだと思います。
正式販売前なのでメーカーにパーツ請求もまだできませんから、とりあえずこのまま完成させることにしました。

キャノピーは第3風防のみ接着し、第1、第2は仮止めにして、正式に市販されたらパーツ請求して取り換えることにしました。
ということで、完成画像は左のキャノピーは見えないようなアングルが多いです(笑)

では完成までをどうぞ!

デカール貼りが何とか終わりました~疲れた(笑)
コーションデータ大杉!(笑)
P9050018.JPG

P9050020.JPG

ちなみにこれはキャノピー後部に貼っている最中のコーションデカールですが、デジカメのマクロでみるとちゃんと字が読めますよ。すご!
P9040009.JPG

プロペラとスピンナーはデカールを貼ったあと、スピンナーのビスの凹モールドにエナメルのシルバーを墨入れしました。
実機写真を見てみると、このビスだけ塗装が剥げているのが多かったのでやってみました。
P9050015.JPG

ブレードはこの後つや消しクリアを1度吹いてから、タミヤのウェザリングカラーのグレーでフィルタリングしさらにつや消しクリアを吹きました。
P9050017.JPG

さて、前回途中まででマスキング中だった車輪です。
タイヤブラックを塗装しますた。
P9050011.JPG

マスキング剥がしたよ~
上手くいきました!
P9050012.JPG

で、タイヤは接地面を少し削っておきました。
こうすると機体を置いたときにタイヤが地面とちゃんと接している感じが出て重量感も出せます。
もちろん自重変形にすればもっといいんでしょうけど、手軽にやる方法としてお勧めです。
P9050013.JPG

デカールを貼ったあとフラットクリアーを吹いていよいよ最終組み立てです。
因みにフラットクリアーはガイアつや消しクリアーを使用しました。

キャノピーの他の透明パーツのマスキングも剥がしました。
P9080058.JPG

P9080059.JPG

コクピット後部の無線機などのパーツは塗り分けが面倒ですがマスキングして塗りました。
1枚小さなマスキング剥がし忘れてますね(笑)
P9080011.JPG

で、その機器が載るフレームの軽め穴を開口するのを忘れてたので穴を開けました。
P9080012.JPG

機器も塗装して接着。
実はこのパーツを塗って組み立てるだけで半日以上掛かってしまい、そのせいで完成が深夜になりました。
P9080016.JPG

P9080015.JPG

P9080018.JPG

P9080017.JPG

そして機体に取り付け。
P9080019.JPG

P9080020.JPG
本当は配線類を追加すれば更にリアル感が増すんでしょうけど今回はスルーしますた。

シートベルトはファインのナノアビを使用しました。
P9080033.JPG

P9080032.JPG

照準器と防弾ガラスの塗分けがまた大変…というか細かいです。
P9080029.JPG

筆塗にしようか迷いましたが、マステでやってみました。
P9080030.JPG

まぁ、何とか見れる程度には塗り分けできたかな。
P9080068.JPG

別に塗装したスーパーチャージャーを機体に取り付けます。
P9080021.JPG

P9080022.JPG

先端は穴が開いてなかったのでドリルで開口しました。
P9080023.JPG
余談ですが、小学生か中学生の時にレベルの1/32のP-38を作ったとき、このスーパーチャージャーは機関砲とか機銃だと思いこみ、この先端から銃弾が発射されるのだと思ってました(笑)

で、その本来の機銃はキットでは銃身の穴をデカールで再現するようになってます。
しかしこれが意外に厄介!
デカールの穴の●印刷が千鳥になってるので、この細いパーツのちゃんと上に来るようにするのが結構難しいです。
P9080027.JPG

P9080028.JPG
まぁ、これはそのうちサードパーティーからレジンや金属製のD.UPパーツが出るでしょうから、それを使ったほうが賢明ですね。

左右エンジンナセルのコクピット側にあるミラー?のデカールは、機体のフラットクリアーを吹いた後に貼りました。
これって資料を見てもちゃんとした写真とか説明が無いんですが、おそらくパイロットから死角になるところを見るためだと思うんですが、違ってたらごめんなさいね
P9080024.JPG

貼ってから密着させるためにグッスマの強力軟着剤を塗ったらこんなになりました~
確かに密着はしましたが・・・
P9080025.JPG

なので乾燥後エナメルのクリアーを筆塗りして鏡面を復活させました。
P9080026.JPG

0-sen殿も気になさっていた脚カバーの取り付けですが、これが素晴らしい!
脚収納庫を箱組みして胴体に収めると、その左右に隙間ができるようになっていて、そこにカバーの差し込みベロを差し込むと簡単確実にしっかりと取り付けできます。
実はこの作品は差し込んでいるだけで接着はしていません。
P9060002.JPG

P9060003.JPG

P9060004.JPG

前脚カバーはヒンジで接着しますがこれも確実に取付できました。
P9080061.JPG

ということで完成です。
P9080038.JPG

P9080041.JPG

P9080044.JPG

P9080045.JPG

P9080046.JPG

P9080040.JPG

P9080042.JPG

P9080047.JPG

P9080039.JPG

P9080050.JPG

P9080052.JPG

キャノピーの透明度は抜群です
P9080049.JPG

主脚収納庫内も精密
P9080057.JPG

前脚
タイヤはウェザリングしてトレッドに土が残っているような感じに。
P9080067.JPG

スーパーチャージャーの排気汚れの再現はなかなか難しかったです。
P9080063.JPG

P9080069.JPG

F/G型の特徴のなだらかなエンジンナセルのインテークまわり
インテークの周りのパネルとの継ぎ目は目立たなかったので消しませんでしたが、実機を見ると接合部はないので消した方がいいかもしれません。
P9080062.JPG

山本五十六乗機の一式陸攻を攻撃した時の仕様は左右で違う大きさのドロップタンクを装着していました。
P9080066.JPG

P9080054.JPG

P9080064.JPG

タミヤ1/48 P-38F/G ライトニング
製作開始:2019年8月15日
完  成:2019年9月8日
価  格:¥4,320(特別先行販売品)


今回はタミヤモデラーズギャラリーで先行販売されたキットを購入して、「正式発売前に完成させるぞ!」と頑張って製作しました。
タミヤの最近の飛行機キットを作るのはかなり久しぶりです。
飛燕やメッサーは買ってはいますがまだ作ってなかったので、P-47Dあたりで止まっていた私のタミヤの飛行機キットに対する概念がことごとく一新されました(笑)
とにかく作っていて楽しいキットで、パーツの精度や組みやすさなど一級品ですね。

ただ、いくつか気になった点も。
脚収納庫のギアのパーツが製作工程上機体から飛び出るのは、その後の組み立てや塗装などで破損の危険が大きくすごく気になりました。
ここは後付けにできればよかったのにと思います。
それと翌端のパーツが裏表ともわずかにヒケが生じていたこと(今回はそのまま)
市販版では改善されていると思いたいですが、修正するとなるとすぐ脇の凸リベットのモールドが消えそうで厄介です。
ただ完成するとそれほど気にならないので、無理して修正しなくてもいいかもしれません。

あと翌端灯はモールドで再現されていますが、クリアーパーツも入れて製作者がそのまま作るか、モールドを切除してクリアーパーツに置き換えれるといいのになと思いました。
まぁ、コスト的なこともあるので仕方ないのかもしれませんが・・・

とはいえ素晴らしいキットには違いありません、正式販売が楽しみです。
私は次のバージョンのJ型とかが出たらまた作りたい思います…というかナチュラルメタルのJ型以降が本命と思ってる方も多いようですね。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

日の丸航空隊
2019年09月09日 16:20
P-38完成おめでとうございます。
キャノピーは惜しかったですね。
もうすぐ通常キットが発売されるので、それまで我慢ですね。
しかし、目立つところだけに悔しいです。(自分にじゃないけど)

コーションデータも1/48なだけに細かいですね。
文字が見えるって、凄いです。

上面パネルの「遣れた感じ」が良いですね~。
茶系のOD色より、こちらの方が色合いが良いですね。
すり込みで、どうしても茶系ODにしてしまいそうです。

機銃のデカールも何だか勿体ない感じです。
凹み穴だけでも付けてくれれば良いのにと思いました。
まあ、銃身だけですので、サードパティーで代用できますね。

台風の中、お疲れ様でした。
ヒロシ
2019年09月09日 16:49
日の丸航空隊さん、ありがとうございます。
>キャノピーは惜しかったですね。
>もうすぐ通常キットが発売されるので、それまで我慢ですね。
>しかし、目立つところだけに悔しいです。(自分にじゃないけど)
本と残念です。
いったいいつクラックが入ったのか・・・
ただ後で交換できる部分だったのは幸いでした。

>コーションデータも1/48なだけに細かいですね。
>文字が見えるって、凄いです。
かなりの数があるので大変でしたが、自衛隊の機体よりはマシかも(笑)

>上面パネルの「遣れた感じ」が良いですね~。
>茶系のOD色より、こちらの方が色合いが良いですね。
>すり込みで、どうしても茶系ODにしてしまいそうです。
そうなんですよね。
私も当初は12番の茶系で塗るつもりでしたが、塗料が底をついていたので今回はタミヤのODで塗ってみました。

>機銃のデカールも何だか勿体ない感じです。
>凹み穴だけでも付けてくれれば良いのにと思いました。
>まあ、銃身だけですので、サードパティーで代用できますね。
多分そのうちクイックブーストやMasterあたりから出ると思います。
J型とかを作るときはそれを使いたいですね。

>台風の中、お疲れ様でした。
やっと完成して落ち着いて寝れると思ったら、夜中に風のすごい音で目が覚め寝不足です(笑)
はつたか
2019年09月09日 20:53
謹賀完成?であります。
クリアパーツはクラックが入り易いとはいえ、残念でしたね。
ありますよね、身に覚えのない(笑)トラブルって・・
ともあれ、素晴らしい完成度ですね。
72モデラーでも、ちょっと作ってみたいです。
J型も出たらいいですね。
ヒロシ
2019年09月09日 22:56
はつたかさん、ありがとうございます。
>謹賀完成?であります。
>クリアパーツはクラックが入り易いとはいえ、残念でしたね。
>ありますよね、身に覚えのない(笑)トラブルって・・
ホントに身の覚えがないんですよね。
不思議です。

>ともあれ、素晴らしい完成度ですね。
>72モデラーでも、ちょっと作ってみたいです。
>J型も出たらいいですね。
機会があれば是非作ってみてください。
J型も来年春(ホビーショー?)くらいまでには出るような気がします。
KAZOOM
2019年09月10日 00:22
初めまして、とっても興奮しながら読ませていただいています。
さらに、参考にさせていただいています。
で、ヤフオクでポチっと白箱を購入してしまいました。

台風の中、完成!
お疲れ様でした。

タイヤのトレッドを再生された、目立てヤスリはどのようなものをお使いですか?
やはり、「ゴッドハンドの筋彫りヤスリ」等ですか?
2019年09月10日 01:21
台風15号の被害は軽微だったようで、一安心しました。大きな被害が発生した地域の皆様にはお見舞い申し上げます。
そんな嵐の中、P-38F/G ライトニングが完成しましたね。一般発売される前の完成おめでとうございます。そしてお疲れ様です。イメージ的にライトニングと言えばシルバーのイメージが強い私ですが、OD塗装も趣が変わってグッドですね。そのODもタミヤのODと言う事で、見慣れたMr.カラーの色調と異なっているのも興味深い所です。細かな部分にも手を加えられ、貴殿の製作スタイルを見習いたいものです。キャノピーのクラックは残念ですが、もう直ぐパーツ請求出来るようになりますので、ちょっと余計な負担にはなりますが、修正出来るので安心ですね。でも、何故クラックが入ったんですかね? 室温変化による熱膨張&収縮…てな事はないですかね?(考え難いですが…。)
ハセガワのキットで問題になっていた脚カバーの取り付けですが、これはアイデアものですね。これなら完成後も外れてしまうと言う事はまず起こらないですね。
タミヤのキットの購入は見送る事にしていますが、いつかハセガワのF/G型を作ってみようと思います。タミヤからJ型やL型なんて出るんすかね?
オートビルダーS
2019年09月10日 08:28
ヒロシさん、タミヤ1/48 P-38F/G ライトニングの完成おめでとうございます。
キャノピーのクラックは残念でしたが、パーツを取り寄せも可能なようでよかったです。
このような身に覚えのない傷やクラックってありますよね。

今回の作品も塗装がきれいで、特にタイヤや排気部の汚れの表現は素晴らしいですね(^^)
ヒロシ
2019年09月10日 08:37
KAZOOMさん、はじめまして。そしてコメントありがとうございます。
>初めまして、とっても興奮しながら読ませていただいています。
>さらに、参考にさせていただいています。
>で、ヤフオクでポチっと白箱を購入してしまいました。
参考になれば幸いです。
白箱をオクでポチられたんですね(笑)

>台風の中、完成!
>お疲れ様でした。
ありがとうございます。

>タイヤのトレッドを再生された、目立てヤスリはどのようなものをお使いですか?
>やはり、「ゴッドハンドの筋彫りヤスリ」等ですか?
目立てヤスリはその名の通りホムセンなどで売っている普通の目立てヤスリです。
タイヤのトレッドは丸いので目立てヤスリが一番やりやすいと思います。
一番小型で薄型のものとその一つ上のサイズの2種あればOKかと。
価格は数百円程度のものですよ。
ヒロシ
2019年09月10日 08:58
0-sen(零銭)殿、ありがとうございます。
>イメージ的にライトニングと言えばシルバーのイメージが強い私ですが、OD塗装も趣が変わってグッドですね。そのODもタミヤのODと言う事で、見慣れたMr.カラーの色調と異なっているのも興味深い所です。
おっしゃる通りどうしてもシルバーのイメージが強いですが、このOD塗装もなかなかいいなと思っています。

>細かな部分にも手を加えられ、貴殿の製作スタイルを見習いたいものです。キャノピーのクラックは残念ですが、もう直ぐパーツ請求出来るようになりますので、ちょっと余計な負担にはなりますが、修正出来るので安心ですね。でも、何故クラックが入ったんですかね? 室温変化による熱膨張&収縮…てな事はないですかね?(考え難いですが…。)
今回手を入れたのはシートベルトにナノアビを使い、数か所本来穴の開いているところ開口したくらいですが、それだけこのキットが素晴らしいということですね。
キャノピーのクラックはほんとに謎です。
塗装の後に乾燥機も使ってないので温度変化もないですし…

>ハセガワのキットで問題になっていた脚カバーの取り付けですが、これはアイデアものですね。これなら完成後も外れてしまうと言う事はまず起こらないですね。
ハセガワのキットはまだ作ったことないんですが在庫のキットを見るとなかなか大変そうですね(笑)

>タミヤのキットの購入は見送る事にしていますが、いつかハセガワのF/G型を作ってみようと思います。タミヤからJ型やL型なんて出るんすかね?
タミヤからは間違いなくJ型やL型が出るはずです。
来年のSHSの頃には出るんじゃないでしょうか。
ヒロシ
2019年09月10日 09:01
オートビルダーSさん、ありがとうございます。
>キャノピーのクラックは残念でしたが、パーツを取り寄せも可能なようでよかったです。
>このような身に覚えのない傷やクラックってありますよね。
市販されたら速攻でパーツ請求します(笑)

>今回の作品も塗装がきれいで、特にタイヤや排気部の汚れの表現は素晴らしいですね(^^)
ありがとうございます。
タイヤはもっと汚してもよかったかな?と思いましたが、完成するとこれでちょうど良かったように思います。
排気汚れは実機写真では機体によって色とか汚れ方が違うので迷いましたが、そう言っていただけると嬉しいです。
2019年09月10日 09:54
ヒロシさん、おはようございます。

完成おめでとうございま~す!

細部も全体も、
キットの良さがグーンと押し上げられてて、
すんばらしぃ仕上がりですね!
機体が、乗りこなされて、現役バリバリな佇まい!

キャノピーは血が吹き出さないだけ、まだ、、、
なんて話ではなく、悲しすぎますね。。。

スケールが大きくなると、機体がでかくなりながら、
細かいところも増えていくんですね(泣)。
パーツ組み立てに半日とか、コーションモリモリとか、
気が遠くなりそうです。。。

実際に拝見して、その迫力を生で感じてみたーい!
ヒロシ
2019年09月10日 15:42
black?さん、ありがとうございます。
>細部も全体も、
>キットの良さがグーンと押し上げられてて、
>すんばらしぃ仕上がりですね!
>機体が、乗りこなされて、現役バリバリな佇まい!
キレイすぎず、汚すぎずという感じで仕上げ程よい使用感を出したかったので、まずまずという感じです。

>キャノピーは血が吹き出さないだけ、まだ、、、
>なんて話ではなく、悲しすぎますね。。。
早く正式販売されないかな~と待ってます。
10月~11月に発売のようです。

>スケールが大きくなると、機体がでかくなりながら、
>細かいところも増えていくんですね(泣)。
>パーツ組み立てに半日とか、コーションモリモリとか、
>気が遠くなりそうです。。。
>
>実際に拝見して、その迫力を生で感じてみたーい!
それだけ作り甲斐があるということなんですが、細かい部分は資料を見ながら作るので余計に時間がかかります(笑)
来年の静岡HSで展示したいと思ってます。
ひろ
2019年09月16日 12:45
完成おめでとうございます
ヒロシさんの作でライトニングの存在感が際立った感じ!
これで戦闘機ですものねぇ…
ヒロシ
2019年09月16日 13:10
ひろさん、ありがとうございます。
>ヒロシさんの作でライトニングの存在感が際立った感じ!
>これで戦闘機ですものねぇ…
このタミヤのキット良いですよ~(笑)
あきみず
2019年09月17日 21:06
遅くなりました
P38完成おめでとうございます。
素晴らしい仕上がりに、手が止まりじっくりと見入ってしまいます。
タミヤの新型キットはどれも製作者を、虜にしてしまいます
正式発売前に完成は、気持ち良いものでしょう 仕上がりも こんなに
細かく出来ているのが、よく分かります。
ご苦労様でした。
ヒロシ
2019年09月18日 08:51
あきみずさん、ありがとうございます。
>タミヤの新型キットはどれも製作者を、虜にしてしまいます
一番最近だと72の飛燕を作りましたが、あれも素晴らしかったですね。
全てのパーツがピタリとはまるのは気持ち良いです。

>正式発売前に完成は、気持ち良いものでしょう 仕上がりも こんなに
>細かく出来ているのが、よく分かります。
>ご苦労様でした。
せっかく先行発売で買ったので、正式発売前に完成させようと頑張りました。