ルネッサンス1/24 ポルシェ936-76マルティニ 製作記#7

前回からだいぶ間が空いてしまいましたが936を再開して、完成までもっていきますよ。

ボディはウレタンクリアーを吹いてそのままでした。
ウレタンということもあり数日で硬化するんですが、やはり完全硬化するには1か月近く掛かるらしいです。
幸い放置状態が1か月近くあったのでもう大丈夫でしょう。
ということでいきなり研ぎ出し完了です。
P9150004.jpg
今回は初めて神ヤス使ってみましたよ。
4000⇒6000⇒8000⇒10000と使い、コンパウンドはタミヤの粗目⇒細目⇒仕上げ目⇒3Mハード2⇒セラミックコンパウンドです。

スポンジなので普通の紙のサンドペーパーよりも曲面にも馴染んで掛けやすいですね。

因みにヘッドライトは研ぎ出し前にマスキングしてフラットブラックにしてあります。
P9150006.jpg

全体に上手くいったんですが、ただ1か所下地が少し出てしまいました。
下地が出るというか透けて見える程度ですが、目立つ部分なので修整することにしました。
他の部分にマステを貼って、EXホワイトを薄く3回ほど吹きました。
P9150007.jpg

修正完了。
このあとマステを剥がしてコンパウンドで磨いて艶を出しました。
P9150012.jpg

インダクションポッド内は縁の部分をマスキングして内部を筆塗りでフラットブラックに。
P9150008.jpg

P9150002.jpg

で、インダクションポッドの下には穴が開いていて、ボディに付けるとその穴からボディ色の白が見えてしまいます。
なのでボディ側を黒く塗っておきました(笑)
P9150003.jpg

リアもヘッドライト同様先に黒く塗っておきました。
P9160013.jpg

そこに赤く塗った付属のエッチングメッシュを貼り付けます。
P9160014.jpg

P9160022.jpg

さて、ボディはひとまず置いといてシャーシの方を進めます。

メータパネルはレジンパーツですが、そこに付属のエッチングを貼り付けます。
またステアリングホイールのリングがレジン、スポークがエッチングで、ステアリングシャフトにレバーのエッチングをいれます。
P9160019.jpg

まずそのレバーですが、エッチングでは薄くまったく実感がありません。
そこで1㎜厚のプラ板にφ0.6㎜の洋白線で自作しました。
先端の握りはイージーサンディングを固めて再現しました。
P9150010.jpg

P9150011.jpg

メーターパネルは塗装して、メーターのデカールを貼りました。
P9160015.jpg

さらにメーターパネル左側はランプになっているようなので、ウェーブのH・アイズミニのφ1㎜をクリアーレッド、クリアーブルーに塗って貼り付けました。
ちょっと分厚いですけど・・・
P9160016.jpg

ステアリングはエッチングのスポークの中心の穴とシャフトの取り付け部の径がブカブカで、先に作ったレバーに干渉してしまうくらい近くなってしまうので、ボスをプラパイプで作って接着しました。
P9160018.jpg

P9160023.jpg

P9160025.jpg

一番大きいメーター(タコメーター?)にはバルケッタのライトレンズセットからメーターレンズを。
縁は黒く塗ってあります。
白く曇っているのはタミヤのクラフトボンドで付けたからです。
乾けば無色透明になるのでオケ!
P9160024.jpg

シートベルトは付属のエッチングにバックルなどの金具はありましたがベルト自体は無し。
しかもその金具は小さすぎだったので、旧モデラーズのバックルにベルトも旧モデラーズを使っています。
P9160026.jpg

コクピット内はあとちょっと手を加えてからボディの残りの部品を付ける工程に移ります。

やっと完成が見えてきた感じですね。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

日の丸航空隊
2019年09月16日 21:38
こんばんは。
ポルシェも研ぎ出しが終わりましたね。
良い艶が出ていると思います。
補修塗装されたようですが、ウレタンの上からラッカー塗料大丈夫なのですか?
よく「割れる」なんて聞いたことがあるもので。

車内の感じも良いですね。
ステアリング周りは、シンプルなだけにシッカリ作っておかないと見えちゃいますからね。

メーター脇のランプも違和感ないと思います。
時代的に見ても、この頃のコーションランプって以外と出っ張っていたりしますからね。

レジンパーツとエッチングパーツがピッタリ合っていて気持ちいいです。
大抵大きさが合わないんですが。

完成までもう少しですね。

ヒロシ
2019年09月17日 01:07
日の丸航空隊さん、こんばんは。
>ポルシェも研ぎ出しが終わりましたね。
>良い艶が出ていると思います。
>補修塗装されたようですが、ウレタンの上からラッカー塗料大丈夫なのですか?
>よく「割れる」なんて聞いたことがあるもので。
基本的には上からラッカー塗料を塗っても大丈夫です。
ただいっぺんに厚塗りをしたりすると割れるというよりシワシワになったりすることがあるらしいですよ。
薄く数回に分けて塗る分には問題ないです。

>車内の感じも良いですね。
>ステアリング周りは、シンプルなだけにシッカリ作っておかないと見えちゃいますからね。
そうなんですよね。
オープンボディだけに丸見えですから(笑)

>メーター脇のランプも違和感ないと思います。
>時代的に見ても、この頃のコーションランプって以外と出っ張っていたりしますからね。
そう言われて安心しました。

>レジンパーツとエッチングパーツがピッタリ合っていて気持ちいいです。
>大抵大きさが合わないんですが。
このキットはそういうところはわりとマトモでした(笑)

>完成までもう少しですね。
はい、がんばりま~す!
オートビルダーS
2019年09月17日 09:03
おはようございます。
完成間近ですね。
研ぎ出しに使われた紙ヤスは私も使ってますが、いいですよね。
ツヤツヤボディにところどころのつや消し黒が映えています。
室内もリアルでかっこいいです。
特にステアリンガは手を加えただけあっていいですねえ(^^)
2019年09月17日 09:29
ヒロシさん、おはようございます。

ABSさんが神ヤスお気に入りでしたので、
しっかり影響を受け、私も使ってみましたが、
スポンジの硬さが絶妙で、良いですね!

レジンに、エッチングに、市販パーツ、次作パーツ・・・
メーター、ステアリング周りに、
いろんなものが濃縮してますね。。。
ラベルの違いを当然ながら普段も感じますが、
特に、こういうところで、強烈に感じます。。。
いやぁーっ、カッコ良いですね!
ヒロシ
2019年09月17日 11:09
オートビルダーSさん、こんにちは。
>完成間近ですね。
>研ぎ出しに使われた紙ヤスは私も使ってますが、いいですよね。
初めて使ってみましたが良いですね。

>室内もリアルでかっこいいです。
>特にステアリンガは手を加えただけあっていいですねえ(^^)
ありがとうございます。
ステアリングはそのままでは変な付き方になってしまうのでボスを追加しました。
ヒロシ
2019年09月17日 11:14
black?さん、こんにちは。
>ABSさんが神ヤスお気に入りでしたので、
>しっかり影響を受け、私も使ってみましたが、
>スポンジの硬さが絶妙で、良いですね!
私も今までに他のメーカーのスポンジヤスリを使ったことがありますが、厚みが厚いので入り組んだところとかきついアールのところはやり難かったんですが、神ヤスは薄くていいですね。

>レジンに、エッチングに、市販パーツ、次作パーツ・・・
>メーター、ステアリング周りに、
>いろんなものが濃縮してますね。。。
この手のレジンキット(ガレージキット)は付属のパーツがそのままでは使えないものとか、自作しないといけないものとかがあったりして大変ですけど、完成したときの満足度は高いですよ。