マツダ創立100周年記念 モノグラム/レベル1/24 RX-7(SA22C)製作記#4

依頼品の1/32の疾風が来るまでRX-7を進めます・・・が、明日(9日)の夕方には届く予定です。
で、もしかしたらこの2台のRX-7はひとまず置いといて別のマツダ車を始めるかもしれません。

実はFBで参加しているグループでちょっとした祭りが始まりまして、その完成品投稿の〆切が6月5日なんです。
まだ考え中ですが・・・

う~ん、どうしよう?

迷う

さて、まずシャーシを塗装しました。
インストはフラットブラックの指示ですが、全くの艶消しでは味気ないのでフィニッシャーズ蝉グロスブラックで塗りました。

蝉グロスブラック(半艶ブラック)ってメーカーによって艶の度合いが違いますよね。
私が主に使っているのはクレオスの92番、ガイアの半艶ブラック、タミヤの蝉グロスブラック、そしてフィニッシャーズです。
筆塗りとエアブラシでもまた艶に差が出るんですが、私の感覚では一番艶がないのがフィニッシャーズとクレオス、その次がガイアで一番艶があるのがタミヤのような気がします。
P5070044.JPG

↑の画像ではもうフロントのメンバーが付いてますが、初版の赤の方だけフロントロワメンバーにヒケがあったのでパテで修整しました。
P4260058.JPG

脚まわりはグロスブラックの指示なのでウイノーブラックで。
ウイノーブラックもグロスブラックですが、サフ塗りっぱなしの上に塗ると、ある程度塗り重ねないと艶が出ないので2回くらいの塗り重ねだとちょうどいい塩梅の艶で都合が良いです。

脚まわりのパーツもパーティングラインの処理をして塗装ですが、このデフのところにあるオイル注入ボルトは、ちょうどパーティングラインに掛かっているので一旦切除しました。
P4260057.JPG

ここは後で金属性のボルトヘッドでも埋め込みます。
P4260055.JPG

さて、室内です。
バーフェンなどを付けるストリートカスタム(と呼ばせてもらいます)の室内は黒にします。
P5070031.JPG
ドアの内張やセンターコンソールなどは半艶黒、フロアはつや消し黒です。

室内が塗れたのでシャーシに接着しました。
P5070046.JPG

室内の裏側がそのままシャーシの一部になるように設計されています。
P5070045.JPG

ドアの取っ手は握りのところが角ばっていたので少し削って角を落としました。
P5060028.JPG

P5060029.JPG

もう1台のノーマルバージョンの室内はマルーン系の色にします。
赤茶系の色なんですが、そのものずばりの色がなく調色しないといけないので、とりあえず後回しでストリートカスタムを先行します。

ここでボディにオーバーフェンダーやスポイラーを合わせてみました。
カッチョエエ!
これってIMSAのエアロと同じみたいですね。
P5060001.JPG

P5060002.JPG
オバフェンやリアスポの合いはわりと良いですが、フロントスポイラーはイマイチという感じ。

ところでこのキットはボディとシャーシの合体に問題があります。
というのも、インストの指示ではボディとシャーシを合体したあとにフロントのアゴとバンパーのパーツを接着するようになってますが、ここの合いが良くないうえに、アゴとボディの接着シロがあまりなく、確実な接着ができないんです。
P5080050.JPG

なので先にあごの部分をボディにガッチリと接着したいんですが、そうするとシャーシが入らなくなってしまいます
そこでいろいろ試行錯誤した結果、シャーシのリアの一部をカットすれば何とか合体させることができることがわかりました。

まずはこのベロをカット
P5070039.JPG

そして左右の角もカットします。
P5080051.JPG

これでボディの方はあごを接着してもOKっす!
ということで赤ボディの方にバーフェンなどを接着しますた。
P5070047.JPG

P5070048.JPG

フロントのアゴは裏から正面にφ2mmの丸棒に黒瞬着で補強し、さらに左右にティッシュ&瞬着で補強しました。そのうえでFスポを接着してまた黒瞬着で補強。
P5080049.JPG

Fスポは縁を薄くしておきました。
P5070036.JPG

P5070038.JPG

リアスポはヒケが散見されたので修正しました。
P5070034.JPG

P5080053.JPG

ところでボディにはフューエルリッドやドアのキーホールが凸状にモールドされています。
P5070040.JPG

わりとリアルにモールドされているけど、塗装後に研ぎ出しする際にネックになりそうなのでどうしようかなぁ~と何気なく実車資料を眺めていたら・・・

ん?
P5070041.JPG

あれ?
P5070042.JPG

キーホールの位置が逆ですた(笑)
なので潔く削り落として、正規の位置にした穴を開けておきました。
P5070043.JPG
キーホールはエッチングか何かで再現するかな。

さて、ボンネットですが、前に指摘した通り白いほうだけ先端が浮いています。
白いボディだと分かりにくいので赤ボディに付けてみました。
P5070035.JPG

ここはヤスリで削りながら曲げてみました。

すると・・・

ペキッと音がして亀裂が入りますた
P5080054.JPG
やってもうた~

仕方ないのでリモネン系の接着剤を付けて一晩おいときます。

とりあえず今回ここまで。

さて最初にお話しした別のマツダ車の件ですが・・・
作るとしたらこれです。
95715725_1775956745877860_7797565271085940736_o.jpg
どうしましょ?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年05月08日 21:37
こんばんは。

マツダ車祭りの勃発ですか?(^^)/
そうなったら、もう「ロドスタ」いくっきゃ無いでしょ~。
と「煽り」をかましておきます。(^^;)

RX-7のストリートカスタムはバーフェンの大きさやリアスポの大きさが目立って、カッコイイです。
フロントスポイラーもガッチリ付けたので、外れることはまず無いでしょう。

ボンネットへの「ヒビ」が痛々しいです。
エンジンが載るので、ティッシュ&瞬着の技が使えないですね。
どのように対処されるのか、見届けたいです。(^^)/
ヒロシ
2020年05月09日 00:45
日の丸航空隊さん、こんばんは。

>マツダ車祭りの勃発ですか?(^^)/
>そうなったら、もう「ロドスタ」いくっきゃ無いでしょ~。
>と「煽り」をかましておきます。(^^;)

マツダ車祭りではなく、歴代ロードスター限定の「おうちでロードスター時間」というお祭りみたいなものです。
で、結局始めちゃいました~

製作記は近々アップします。

>RX-7のストリートカスタムはバーフェンの大きさやリアスポの大きさが目立って、カッコイイです。
>フロントスポイラーもガッチリ付けたので、外れることはまず無いでしょう。

確かこれと同じエアロのRX-7がフジミ(旧イマイ?)からも出ていましたよね。
元ネタはIMSA仕様だと思います。

>ボンネットへの「ヒビ」が痛々しいです。
>エンジンが載るので、ティッシュ&瞬着の技が使えないですね。
>どのように対処されるのか、見届けたいです。(^^)/

とりあえずは修復できましたが、研ぎ出しの際は注意しないといけないです。
オートビルダーS
2020年05月09日 09:44
おはようございます。
いやあ、アメプラ7、苦戦してますねえ。
私もいつかはアメプラを作りたいと思っていますが、
これを見るとちょっと尻込みしてしまいそうです(笑)
それでもオバフェン姿はカッコいいですねえ!
アメプラからタミヤのNDに移行すると
今の7がスクラッチに思えるくらいその精度に驚くでしょうね(^^)
ヒロシ
2020年05月09日 17:53
オートビルダーSさん、こんばんは。

>いやあ、アメプラ7、苦戦してますねえ。
>私もいつかはアメプラを作りたいと思っていますが、
>これを見るとちょっと尻込みしてしまいそうです(笑)

最近のアメプラはそうでもないんですが、これは古いので色々と問題が多いです。

>それでもオバフェン姿はカッコいいですねえ!
>アメプラからタミヤのNDに移行すると
>今の7がスクラッチに思えるくらいその精度に驚くでしょうね(^^)

オバフェンの合いはまずまずだったので良かったです。
ND始めましたがシャーシや足回りの塗分けがメチャ厄介です(笑)