ハセガワ1/72 隼Ⅱ型 製作記#4

ハセガワの隼(1機だけ)完成しました。
製作着手から8日で完成です。

この土日一生懸命がんばりますた。。
P4050065.JPG

プライベートの方は作例を優先したので、このあと日の丸を貼ったところで止まってます。
P4050058.JPG

では完成までを・・・

全体にシルバー(クリアー入り)を吹いて、剥がれを再現するため歯磨き粉を水でちょっと薄めて塗ります。
歯磨き粉は自宅で使っているのがちょうど塩入だったので、いわゆる塩マスキングに似た効果が得られるかなと思いまして。
P4030030.JPG

ただ色が色なので、何処にどう塗ったかが非常に分かりずらいっす!

濃緑色(Mr.カラー16番)を塗ります。
P4030032.JPG

で、水をかけながら歯ブラシでゴシゴシするとこんな感じに。
一部はそれでも取れないところはマステをぺたぺたして取りましたが、ちょっと剥がしすぎたような・・・
失敗だぁ~
P4040047.JPG

仕方ないので再度歯磨き粉を塗って調整します。
P4040048.JPG

P4040050.JPG

P4040049.JPG

こんなものかな?

ここで滑り止めを塗ってないのを思い出し塗りました。
デカールももちろんあり、左右2枚が付属してますが、どうやら実機では左側しかないようですし、中には滑り止めが無いのも多いです。
P4040051.JPG
こういう時日の丸にデカールを使わず塗装で入れたのが役に立ちます(笑)

さらに尾翼も気になって同じように手直ししますた。
P4040052.JPG

日の丸ですが、マスキングを剥がすとどうしても色の境目のメクレが生じます。
また吹きこぼれも少々発生してました。
P4040038.JPG

こういうところは#1500番のサンペをやさしく撫でるように掛けてメクレを取ります。
また吹きこぼれのところはカッターの刃先でやさしくカリカリしたりして、最終的にタッチアップします。
P4040039.JPG

粉はマステでペタペタしたり、エナメルの薄め液をしみこませた綿棒とかでふき取ります。
本来はサンペ掛けする前にクリアーをさっと吹いておくと良いんですが今回は吹きこぼれもあったので省略しました。

このあとデカールを貼って、乾燥機で1時間ほど強制乾燥させて墨入れ。
そして自家調色のフラットクリアー(約8割つや消し)を吹いて塗装は終了。

小物の製作です。

このキット、古いせいもあって主脚の1本がかなりひどい状態です。
P4040053.JPG

なんとか修整しましたがこれが限界っす!
P4040057.JPG
こういうのを見ると、ハセガワでもタミヤさんでもいいので新金型の72の隼が欲しいですね。

尾輪はいろいろいやっているうちに折れてしまいますた。。
P4050060.JPG
そのまま接着してもまた折れそうなので、必殺0.2mmピアノ線埋め込み攻撃でリカバリーしました。

増槽は実機では付けていたか分かりませんが、主翼の方に取付穴が開いちゃってるんで付けます。
P4010018.JPG

この穴に真鍮線を差し込んで持ち手にしていたので穴が大きくなってしまいました(^^;
P4050062.JPG

なので、後方の差し込みピンの真鍮線の上からφ1.1mmの真鍮パイプを被せています。
P4050061.JPG

ということで完成です。
P4050068.JPG

P4050070.JPG

P4060078.JPG

P4060079.JPG

P4060082.JPG

P4060083.JPG

P4060089.JPG

P4060090.JPG

P4060092.JPG

P4060091.JPG

ピトー管は0.7mmの真鍮パイプと0.5mmの洋白線で自作しましたが、それ以外はキットストレートです。
もちろんアンテナ柱の取付けは金属線を埋め込んで補強しています。

実は今回この塗装はかなり悩みました。
というのも、まず実機写真がないということ。
そして箱絵とその箱の横の完成写真の迷彩が全く違うということにどう再現すればいいか悩んだんです。

箱絵
P4060095.JPG

横の完成写真
P4060096.JPG

インストの塗装指示は完成写真と同じ
P4060097.JPG

穴吹軍曹は4機の隼を乗り継いでいますが、2機目のⅠ型を見る限り塗装指示のような変な斑点迷彩ではないと思いました。
実際当時の隼の塗装でこのような斑点迷彩はほとんどないようですし、少なくとも上面濃緑色べた塗りか、まだら迷彩あたりではないかと思ったんです。

ならばちょっと激しく塗装が剥げた状態でもいいかなと
ま、歯磨き粉マスキングもちょっと試してみたかったというのもあります。
でもちょっと剥がしすぎかな

歯磨き粉は墨入りとかありますよね?
あれどうだろう?(笑)

ハセガワ1/72 キ-43 一式戦闘機Ⅱ型 隼
製作開始:2020年3月27日
完  成:2020年4月5日
価  格:¥700

さて、プライベートの方ですがあと1~2日で完成すると思います。

なんか明日にも非常事態宣言が出るらしい・・・

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

原市場ハリマオ
2020年04月06日 17:27
隼 完成早いです スピードは日の丸さん並みです
白色電光 穴吹軍曹機体 カッコイイです!(^^)!
史実の穴吹軍曹もカッコイイ軍人だったのですね
スピットファイアとやり合ったりしてます。
塩入歯磨き粉とは 恐れ入りました
身の回りの物 何でも模型作りに
応用できる 普段からそういう目で
見てると 平凡な生活もこれまた
楽しいですね!(^^)!
2020年04月06日 17:49
完成おめでとうございます。

「あの方法」とは「歯磨き粉+塩マスキング」でしたか~。
良い感じで「剥がれ表現」が出来ますね。
今度試そう。そうしよう。(^^)/

滑り止めは、踏んづけて色が禿げてしまっているのもありますね。
それだけ出撃回数が多かったと言うことでしょう。

次はプライベートの方ですか?
益々楽しみです。
ヒロシ
2020年04月06日 22:31
原市場ハリマオさん、ありがとうございます。
>
>隼 完成早いです スピードは日の丸さん並みです
私もやるときはやります(笑)

>白色電光 穴吹軍曹機体 カッコイイです!(^^)!
>史実の穴吹軍曹もカッコイイ軍人だったのですね
>スピットファイアとやり合ったりしてます。
穴吹軍曹の本あるんですよね。
まだ読んだことないので今度読んでみたいです。

>塩入歯磨き粉とは 恐れ入りました
>身の回りの物 何でも模型作りに
>応用できる 普段からそういう目で
>見てると 平凡な生活もこれまた
>楽しいですね!(^^)!
ネットでいろいろ検索したら歯磨き粉(普通のやつ)でやってる方がいました。
ちょうど家で使ってるのが塩化ナトリウム入りだったので、これは使えるな・・・と(笑)
ヒロシ
2020年04月06日 22:34
日の丸航空隊さん、ありがとうございます。

>「あの方法」とは「歯磨き粉+塩マスキング」でしたか~。
>良い感じで「剥がれ表現」が出来ますね。
>今度試そう。そうしよう。(^^)/
初めてやってみたんですが、なかなかいい塩梅です。
あとは色がもう少しハッキリ分かればいいんですが。

>次はプライベートの方ですか?
>益々楽しみです。
続けて完成させますよ~
オートビルダーS
2020年04月07日 09:12
おはようございます。
ハセガワ1/72 隼Ⅱ型の完成おめでとうございます。
カーモデルで使うことは少ないと思いますが、
歯磨き粉マスキングは面白いですね。
日の丸塗装の修正は役立ちそうです(^^)
プライベートの方はこだわり大で作れるのでいいですね。
完成楽しみにしています。
ヒロシ
2020年04月07日 10:13
オートビルダーSさん、ありがとうございます。

>ハセガワ1/72 隼Ⅱ型の完成おめでとうございます。
>カーモデルで使うことは少ないと思いますが、
>歯磨き粉マスキングは面白いですね。
歯磨き粉は始めてやってみたんですが面白いですね。
今後飛行機プラモにはちょくちょく使えそうです。

>日の丸塗装の修正は役立ちそうです(^^)
>プライベートの方はこだわり大で作れるのでいいですね。
>完成楽しみにしています。
塗装の境目の修正はカーモデルの塗り分けの際も同じように使えます。
プライベートの方は明日くらいに完成予定です(^-^)