ハセガワ1/32 四式戦闘機 疾風 製作記その5

NDロードスターの方はボディの研ぎ出しも終わり最終組み立て中なんですが、ボディ乾燥中に疾風を進めました。
本当はこの土日のどちらかでこの記事をアップするつもりが、ロードスターの制作に夢中になって忘れてました(^^;

ということでまずは疾風の塗装作業の続きから。

日の丸などは既に済んだので尾翼のマークを塗装で入れます。
前に作ったやつはデカールでしたが、やはり年数が経つと色が退色してきてました。
これまでの完成見本の隼はできるところはデカール使わずに塗装でやっているので、これもできる限り塗装で入れます。

前回はまずイエローに塗って、そこにマークの形に切ったマスクを貼り付ける方法でやると言いましたが、やはりいつもの方法でやることにしました。

まずデカールをクリアファイルに入れ、そこにビニールのマスクシートを貼ってその形状を切り出します。
そしてその上からもう1枚マスクシートを貼ってクリアファイルから剥がします。
上からもう1枚貼るのは、切り出したシートの形が崩れてしまうのを防ぐのと位置決めして貼りやすくするため。
P5260001.JPG

因みにクリアファイルの表面はサンドペーパーで少し荒らしておかないとマスクシートがはがれにくいので注意。

切り出した型紙のマスクシートを位置決めして貼り、まずファンデーションホワイトを塗装。
因みに染み出し防止のため、マスキングを貼ったらクリアーを軽く吹いてます。
P5260002.JPG

そして黄橙色(自家調色したもので58番より黄色味が強い色です)を塗装し、赤い影の部分をマスクし。ここもクリアーを吹いてから赤を塗装します。
P5270003.JPG

ついでに赤く塗るここも塗装しておきます。
P5270004.JPG

P5270005.JPG

出来上がり!
結構うまくいきました
P5270007.JPG

このあと上面の塗装に備えて、切り取って残った方のマスクシートをマークに貼ってマスクしておきます。

続けてデカールで用意されている小さなハッチなども塗装で。
ここは先に塗って上からマスクです。
P5270010.JPG

P5270009.JPG

そして先に塗ったところをマスキングして下面の塗装です。
まずパネルラインに沿って黒サフ。
そして下面色の128番を薄めに吹きます(尾翼は既に128番を吹き始めてます)
P5280014.JPG

P5290001.JPG

次に下面をマスキングして上面の塗装をします。
まずはハゲチョロを行うために8番のビン生を吹きました。
P5290002.JPG

ここでアクシデント!
裏がえしてマスキングしていた最中に、垂直尾翼頭頂部にあるアンテナ線取付基部の凸部が折れてますた。
仕方ないので0.4mm×1.2mmの洋白帯板を削って埋め込みました。
P5290004.JPG
ここはいつもならアンテナ線を張るので最初から金属化するとこですが、今回は張らないのでそのままだったんですよね

さて、ハゲチョロですが激しい剥がれのところ(コクピット付近や胴体後部)などはこの前ハセガワ1/72の隼でやった`歯磨き粉マスキング’でやります。

こんな感じで。
P5300013.JPG

で、上面色なんですが、インストの塗装指示はMr.カラー38番(オリーブドラブ)になってます。
でも前回作った時は38じゃまんま米軍機の色じゃん・・・ということで自家調色して茶系にしました
何度も登場してますが、前に制作した電ホの作例がこれ。
茶系でしょ。
P7310033.JPG

ただこの茶系の色はどうもイメージと違ったので(当時はこれで良いと思ったんですが…)、前回作ったときの余りがあったので、色の素のシアンやイエローを加えて緑系に変えてみました。
P5300008.JPG

P5300009.JPG

で、塗ってみました。

退色表現は・・・
この色を全体に塗ったあと、白を加えて明るめにしたものをパネルの中を中心に吹き、次に黄色を足したものをさらに吹きました。
最後に機体色をパネルラインを中心に吹いて全体を調整しました。

良いかも
P5300010.JPG

デカールが用意されてますが、このステップのところも塗っておきます。
P5300014.JPG

マスキングをすべて取りますた。
P5300015.JPG
このあと46番クリアーを全体に軽く吹いておきます。

そしてコクピット後方をつや消し黒に
P5310023.JPG

P6010034.JPG

全体に墨入れしました
P6010035.JPG

P6010030.JPG

P6010032.JPG

尾翼のマークはこんな感じです
P6010033.JPG

あとは全体にもう少しウェザリングを施してデカールを数枚貼って、仕上げの艶消しクリアー吹けばOK。

あ、まだプロペラとスピンナー塗ってなかった💦

とりあえず今回はここまで。
まずはNDロードスターを仕上げちゃいましょう。

でわ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

原市場ハリマオ
2020年06月01日 13:29
ヒロシさんこんにちは(^^♪
尾翼のマーク塗装 クリヤファイル+マークシートのところ
勉強になりました、機体上面の調色も
良い感じですね、機体の剥げ 歯磨き粉マスキングも
参考にさせて頂いて 今度 隼塗装バージョンの
サンバーで歯磨き粉 試す予定です(^^)/
ヒロシ
2020年06月01日 13:49
原市場ハリマオさん、こんにちは。

>尾翼のマーク塗装 クリヤファイル+マークシートのところ
>勉強になりました、機体上面の調色も
>良い感じですね、機体の剥げ 歯磨き粉マスキングも
>参考にさせて頂いて 今度 隼塗装バージョンの
>サンバーで歯磨き粉 試す予定です(^^)/

参考になったようで良かったです。
サンバーがどんなふうになるか楽しみです(^-^)
あきみず
2020年06月01日 19:33
部隊マークの作成方法が、デカールを基本として切り抜いて、綺麗に
決まっています。前回の塗料が、残っていてそれをアレンジした色も
感覚としてピッタリです。調合塗料も多く残しておられるのでしょう。
剥がれのところも、参考にしたいです
2020年06月01日 21:29
こんばんは。(^^)/

疾風のマーキングは、やはり「47戦隊」ですね。
上面色もグリーンが濃くなって、雰囲気出てます。
使い込んでくると、退色して「茶色っぽく」なるそうです。

画像だけでみると、上面色はMr.カラーの「陸自戦車迷彩色」の「OD色」に近いように見えますね。

もう、ほとんど完成ですね。(^^)/
2020年06月01日 22:20
ヒロシ殿の作業手順(塗装手順)を興味深く拝見させて頂きました。さすがですね。私なら安直にデカールで済ませてしまう所を塗装で仕上げるとはお見事です。機体の緑色も私のイメージにピッタリですし、剥がれ塗装も良い感じだと思います。歯磨き粉マスキング、私も真似してみようと思います。次回、完成報告でしょうか?
ヒロシ
2020年06月02日 00:12
あきみずさん、こんばんは。

>部隊マークの作成方法が、デカールを基本として切り抜いて、綺麗に
>決まっています。前回の塗料が、残っていてそれをアレンジした色も
>感覚としてピッタリです。調合塗料も多く残しておられるのでしょう。

この舞台マークは直線基調なのでカットしやすいです。
調合塗料は大目に作ってしまうので、どうしても余りますね。
いつか使うだろうととってありますが、また使うのは稀です(笑)

>剥がれのところも、参考にしたいです

ありがとうございます。
私もまだまだ剥がれのセンスは勉強中です(笑)
ヒロシ
2020年06月02日 00:15
日の丸航空隊さん、こんばんは。

>疾風のマーキングは、やはり「47戦隊」ですね。
>上面色もグリーンが濃くなって、雰囲気出てます。
>使い込んでくると、退色して「茶色っぽく」なるそうです。

そう、箱絵のマーキングが基本なので「47戦隊」でした。
なるほど、使い込んでくると茶色っぽくなるんですね。

>画像だけでみると、上面色はMr.カラーの「陸自戦車迷彩色」の「OD色」に近いように見えますね。

その塗料は持ってないので何とも言えませんが、38番に近い色です。

>もう、ほとんど完成ですね。(^^)/

まだ細かい工作が残ってますが、次は完成のご報告できそうです。
ヒロシ
2020年06月02日 00:18
0-sen(零銭)殿、こんばんは。

>ヒロシ殿の作業手順(塗装手順)を興味深く拝見させて頂きました。さすがですね。私なら安直にデカールで済ませてしまう所を塗装で仕上げるとはお見事です。機体の緑色も私のイメージにピッタリですし、剥がれ塗装も良い感じだと思います。歯磨き粉マスキング、私も真似してみようと思います。次回、完成報告でしょうか?

今回は完成見本として長く展示され、最終的には依頼先の企業様に譲渡される予定なので、デカールはなるべく使わない方向で制作しています。

歯磨き粉マスキングは慣れてくるとなかなか面白いですよ。
機会があれば試してみてください(^^♪