AFVクラブ1/48 F-5EタイガーⅡ #3

胴体を機首部と接着します。

仮組みしてみると、この角が当たるようでかっちりと入らず少々隙間が生じます。
P6160021.JPG

ナイフでざっと角を取ってやりました。
P6160022.JPG

接着しますた。
P6170030.JPG

さらに胴体に主翼のパーツを接着しました。
P6170038.JPG

ただ下面はすき間が生じます。

なぜか斜めにすき間ができました。
側面はピッタリなので、機首が斜めになってるということはないと思います。
P6170029.JPG

機首下面のパネルパーツは前脚収納庫のすぐ前の繋ぎ目にギャップができました。
P6170031.JPG

まずこっちは0.3mm厚のプラ板を差し込んで、あとはポリパテ。
P6170034.JPG

こっちはヤスリである程度段差を消してからポリパテ
P6170037.JPG

また胴体後部左右の接合部に少々ギャップが生じたので、ペーパーを当てた後パテを盛りつけました。
P6170035.JPG

因みに主脚収納庫や主脚カバーの裏面はアルミフラットシルバーなので、レジンパーツはミッチャクロンを塗ってからプライマーサフを塗り、その上から自家調色のアルミフラットシルバー(8番+1番+30番)を塗りました。
墨入れは後でやります。
P6180040.JPG

胴体後部の下面パネルは別パーツで、左右が繋がった水平尾翼を挟んで接着するようになってます。
P6170028.JPG

P6170033.JPG

しかしそうすると塗装の際に後部のメタル塗装のマスキングが厄介だし、何よりこの左右をつなぐプラの棒が貧弱ですぐ折れそうです。
そこで胴体の中にφ1.2mmのアルミパイプを仕込みました。

キットのU字形のパーツで抑え、さらに黒瞬着で固定しました。
P6170032.JPG
水平尾翼は切り離してφ0.8mmの金属線を軸にし、アルミパイプに差し込むようにします。

インテークの下部に目立つ押しピン跡があるのでパテで処理します。
たぶん完成後はほぼ見えないと思うんですが一応ね
P6170036.JPG
因みにインテークの内部は何も無いドンガラ。
せめてダクトくらいあっても良いと思うんですが・・・

ま、今回はそのまま作りますけど(笑)

で、本当はここにスプリッターベーンを付けてカバーを付けるんですが、ベーンと胴体のすき間が塗りにくくなってしまうので、先に機体色を塗る予定です。

その機体色ですが、箱絵にもなっているアメリカ空軍のサンド系の迷彩にしますが、Mr.カラーやガイアにもそのものズバリの色がありません。
インストの塗装図でも2~3色を混ぜて作るような指示になっています。

発売時のMA誌のニューキットレビューの記事では、Mr.カラーの19番(サンディブラウン)と22番(ダークアース)を使っていますが、ちょっと濃すぎる感じがしてイメージとちょっと違います。

なので私は違う色で塗ろうと思い、いろいろと思案しているところです

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年06月19日 21:08
パーツの合わせ目が合わないと「ガッカリ」しちゃいますね。
特に、胴体やフィレット等の目立つ場所だとなおさらですね。

主翼下面はプラ素材の関係で「斜めっちゃった」でしょうかね。
単なる金型のミスなんでしょうかね。

インテークダクトが「無い」というのも、このサイズのキットでは「ありえヘン」ですね。

尾翼は、金属線への置き換えで、丈夫になりそうですし、マスキングもしやすくなりましたね。
ヒロシ
2020年06月20日 00:50
日の丸航空隊さん、こんばんは。

>パーツの合わせ目が合わないと「ガッカリ」しちゃいますね。
>特に、胴体やフィレット等の目立つ場所だとなおさらですね。

このキットは胴体上部が一体成型(前後中央3つに分かれていますが)で、下面を貼り合わせるようになっていますが、合いはいま一つです。
もうちょっと良いかと期待してたんですけどね(笑)

>主翼下面はプラ素材の関係で「斜めっちゃった」でしょうかね。
>単なる金型のミスなんでしょうかね。

う~ん、どうなんでしょう・・・
金型のような気もします。

>インテークダクトが「無い」というのも、このサイズのキットでは「ありえヘン」ですね。

はい!ビックリしました。

>尾翼は、金属線への置き換えで、丈夫になりそうですし、マスキングもしやすくなりましたね。

尾翼の取り付けは絶対強度が不足していますので、金属化は必須ですね。