AFVクラブ1/48 F-5EタイガーⅡ #1

皆さん、こんにちは。
ここ数日真夏のような暑さで参りますね。
まだ暑さに慣れていないうえに、今年はマスク着用で熱中症になるリスクが高まるとか。
皆さん十分注意してくださいね。

今日は東京は朝は晴れていましたが、午後から雲が立ち込め雨が降り出しました。

気象庁によるとついに梅雨入りしたそうです。

さて、2台のRX-7もボチボチ再開してるんですが、ここで新たな箱を開けました。

AFVクラブのF-5EタイガーⅡです
P6080054.JPG

このキットの購入は多分7~8年前だと思います。
もちろん作りたいと思って購入したんですが、ずっと積んだままですた(笑)
でも昨年あたりからいつ作ろうかとタイミングを見計らっていたキットです。

ちょうど3月から完成見本制作でレシプロ機ばかり続けて作ったので、現用機(JET機)が作りたくなっていたところでしたのでいい機会なので着手します。

実はこのキット用にアイリスのレジンパーツを2点ほど買ってありました。
ホイールベイ(脚収納庫)とクイックブースト(アイリスのブランドです)のAukiliary intakes(補助インテーク)です。
P6080005.JPG

ところでこのキット、離型剤がすごいです。
中性洗剤で洗ってもなかなか落ちません。
大きいパーツは歯ブラシでゴシゴシしてみてもあまり効果はありませんでした。

むしろ液体クレンザーを歯ブラシに付けてやった方がいいです。
ただ細かいパーツや華奢なパーツはゴシゴシできないのが辛いところですが・・・


で、まずはD.UPパーツの検証から。

補助インテークですでが、ここはキットも別パーツになっていて、開状態と閉状態のパーツが2種あります。
P6090011.JPG

胴体真ん中あたりの両サイドに付きます。
なんでもF-5のキットで、ここが開状態になってるのを再現できるのはこのキットが初だとか。
P6090012.JPG

クイックブーストの方
奥行きが再現されていて、ルーバーも1枚ずつ付けていく手法です。
P6090009.JPG

基本的にはキットのパーツと差し替えてつければOK・・・のはずなんですが。
P6090010.JPG

仮組みしてみると・・・
オイオイ!
P6090013.JPG

P6090014.JPG

すき間がハンパではありません!
確認のため、キットのパーツと幅を比べるとこんな感じ
ノギスで測ってみると0.6mm小さいことがわかりました。
P6090015.JPG

ここでこのパーツを使うか、諦めてキットのパーツを使うか迷いましたが、幅を修正すればイケルだろうと判断しました。
そこで両側に0.3mm厚のプラ板を瞬間で接着して調整しました。
P6090016.JPG
両側のすき間は解消されました。

P6090017.JPG
上側のすき間と下側の寸足らずも何とかなるでしょう。

次はホイールベイです。
しかしこれが問題・・・

前脚収納庫はキットのパーツと差し替えるだけで寸法も良いんですが、問題は主脚の方。

前脚収納庫
左:キット、右:アイリス
P6100023.JPG

やはりアイリスの方が圧倒的にディテールがいいです。

問題の主脚収納庫
なぜかレジンの色が違います(笑)
P6110028.JPG

もともと薄い主翼のパーツを、レジンのホイールベイが収まるようにぎりぎりまで削らないと入りません。
正確に測ってはいませんが、上下ともパーツは透けるくらいまで(1mm以下)削らないとダメそうです。
P6110034.JPG

P6110032.JPG

また胴体側は切り取る必要があります。
P6110029.JPG

P6110030.JPG

とりあえず前脚のホイールベイは使う予定ですが、主脚の方は上手く収まるか分からないのと、綺麗にいくか分からないのでもう少し検証してみようと思います。


さて、やっとコクピットの工作に入りますが、そのコクピット内の色でまたまた疑問が・・・

キットの塗装指示は色名が「エアクラフトグレイ」なのに、塗料の指示はMr.カラーだと23番(ダークグリーン)、ハンブロールカラーでもグリーン系の色です。
ここで実機はどんな色なんだろうとネットで調べると、明らかにグレーでした。
色名の「エアクラフトグレイ」で正しいようなので、Mr.カラー73番その名もずばり「エアクラフトグレイ」で塗ることにしました。

計器盤はただフラットブラックで塗るという指示になっていて、メーターやスイッチなどの細かい部分は省かれています。
この計器盤もエアクラフトグレイで塗装し、メーターなどは面相筆でチマチマと塗分けました。

上下で別パーツになっています。
下部の方はペダルのパーツをすでに接着済み。
P6100018.JPG

上下を接着するとともに(この接着部が小さく不安定)細部をもう少し塗分けました。
P6100019.JPG

P6100020.JPG

P6100021.JPG

シートはミディアムシーグレイの塗装指示
P6100022.JPG
シートベルトを何とかしないとな・・・

とりあえずコクピット挟んで胴体前部を貼り合わせました。
P6110026.JPG

今回はここまで。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2020年06月11日 21:09
こんばんは。(^^)/

今度はJET機ですね。
AFVクラブと言うと、メーカー名そのままのAFV専門メーカーと思っていましたが、航空機も出していたのですね。(^^;)

中華系キットに多く見られる「超濃いめの剥離剤残り」はファインの「ご機嫌クリーナー」使ってもアウトなのかな?
便利で使い勝手が良いので、再販して欲しいです。

takiさんによると「なかなか良いキット」と言うことですが、モールド等が綺麗でその通りのキットだなと思いました。

アイリスとクイックブーストのパーツがキットに合わないというのは、面白現象ですね。
レジンが縮んだ? まさかね~。(^^;)

我が家にはハセガワ1/72のF-20タイガーシャークがあります。(息子の物)
あきみず
2020年06月11日 21:56
F-5Eタイガーの48なのですね ハセガワのタロンは、昔作った事あるんですが
胴体が前部と後部に分けて、各型が作れるようになってるんでしょうか
主脚のレンジ部品は取り替えるのが、手間がかかりそうですが、
折角ですから変えます? 計器盤はきっちり決まっています
ヒロシ
2020年06月11日 22:08
日の丸航空隊さん、こんばんは。

>今度はJET機ですね。
>AFVクラブと言うと、メーカー名そのままのAFV専門メーカーと思っていましたが、航空機も出していたのですね。(^^;)

そうなんです。
飛行機系は少ないですが、最近だとU-2を出しましたよね。

>中華系キットに多く見られる「超濃いめの剥離剤残り」はファインの「ご機嫌クリーナー」使ってもアウトなのかな?
>便利で使い勝手が良いので、再販して欲しいです。

え!現在は手に入らないんですか!
今回なかなか落ちなかったのでまた買おうかな?と思ってたんですけど。

>takiさんによると「なかなか良いキット」と言うことですが、モールド等が綺麗でその通りのキットだなと思いました。

モールドはまずまずですね。
合いも良い方です。

>アイリスとクイックブーストのパーツがキットに合わないというのは、面白現象ですね。
>レジンが縮んだ? まさかね~。(^^;)

たぶん最初から寸法が違っていたんでしょう(笑)

>我が家にはハセガワ1/72のF-20タイガーシャークがあります。(息子の物)

もしやまたアニメに登場するやつの改造ベースとか?
そうでなかったらぶん取って作っちゃいましょう(笑)
ヒロシ
2020年06月11日 22:41
あきみずさん、こんばんは。

>F-5Eタイガーの48なのですね ハセガワのタロンは、昔作った事あるんですが
>胴体が前部と後部に分けて、各型が作れるようになってるんでしょうか

AFVクラブのは仰る通り胴体が分かれているので、金型を(ランナー)を入れ替えて各型を発売しています。

>主脚のレンジ部品は取り替えるのが、手間がかかりそうですが、
>折角ですから変えます? 計器盤はきっちり決まっています

ホイールベイはどうしようかまだ迷ってますが、一応取り換える方向で考えてます。