レベル1/72 PZL P-11c その5 完成

レベルのPZL P-11c完成です。
P8070027.JPG

では完成までの残りの工作をざっと・・・

国旗マークはくすんだ白のレベルのデカールに合わすためダークブラウンでウォッシング&墨入れしました。
P8060013.JPG

主翼裏はこんな感じです。
2か所に押しピン跡があるのがお判りでしょうか?
これを修正するのは表面のモールドが潰れてしまうのでそのままにしています。
幸い1個は国旗マークのデカールで目立たなくなりました。
P8070050.JPG

キットの風防には枠のモールドが全くありません。
ランナーに付いているのはIBGのパーツ。
使用するのは4番で、他の風防は不要パーツです。
この不要パーツに使えるのがあれば良かったんですが、微妙に形状が違うのでキットのパーツを何とか使います。
P8070020.JPG

枠のモールドがないので苦肉の策で艶消し黒フィニッシュの細切りを貼って・・・
P8070021.JPG

その上からカーキを筆塗りしますた。
近くでよーく見ると継ぎ目とかズレが分かりますが、ぱっと見は分からないでしょう(笑)
P8070023.JPG

機体にタミヤのクラフトボンドで接着し、パイロットさんにも搭乗願いました
P8070032.JPG

この機体には唯一脚の支柱に張り線があります。
IBGのキットにはエッチングパーツがセットされていて、その取り付け方がインストにあるのでそれを参考にφ0.25㎜の洋白線で追加します。
P8070024.JPG

胴体下面と主輪の裏に0.3㎜の穴をあけて洋白線を差し込みます。
P8070025.JPG

最後にミッチャクロンを塗ってからエナメルのセミグロスブラックで塗装。
P8070026.JPG

胴体右側にはラジエター?があります。
またその上には左右に機銃があります。
P8070040.JPG

翼の機銃はφ0.5㎜の真ちゅうパイプ
P8070033.JPG

ということで完成です。
P8070038.JPG

P8070031.JPG

P8070030.JPG

P8070028.JPG

P8070029.JPG

P8070034.JPG

P8070037.JPG

P8070035.JPG

P8070036.JPG

P8070039.JPG

P8070044.JPG

プロペラはふ~と吹くと回ります
P8070045.JPG

タカラレベル1/72 PZL P-11c
製作開始:2020年7月29日
完  成:2020年8月 7日
価  格:450円(ヤフオクにて)


PZL P-11cはポーランドの戦闘機です。
詳しくはウィキペディアをご覧ください(笑)

さて、キットは1977年製のタカラレベルのキットですが、初版はたぶん60年代前半かと思われます。
古いキットのわりには合いもまずまずで、翼のコルゲート板のモールドもオーバースケールながらちゃんと再現されています。
コクピット内はシートがあるだけで計器盤も何もないのでパイロットフィギュアを乗せました。

デカールは国旗マークのみエレールのカラシュの余ったものを使用し、その他はキットのデカールです。
キットの国旗マークは白の発色がくすんでいたのと、カドがきっちり出ていなくて曖昧な▢だったので使用しませんでしたが、尾翼に貼ったエレールのマークは少々大きすぎでした。
まぁ、今回は気楽にサクッと完成させるのが目標だったので、そのあたりは突っ込まないでくださいね(笑)

P-11はいずれ作るIBG MODELSの1/72と1/32でちゃんと作ります。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

原市場ハリマオ
2020年08月08日 08:08
ヒロシさんおはようございます(^^♪
レベル1/72 PZL P-11c完成おめでとうございます!(^^)!
懐かしい レベルファイターシリーズですね
パイロットが更に懐かしさを醸し出しています。
日の丸さんも仰っていましたが
カウリングの銅(カッパー)が良いですね、
細部(張線、機銃等々)まで丁寧で1/72とは思えません
サクッと作ってこの素晴らしさ 流石です(^^)/

オートビルダーS
2020年08月08日 08:40
ヒロシさん、レベル1/72 PZL P-11cの完成おめでとうございます。
サクッとということで、宣言通り10日足らずでの完成素晴らしいです。
長期作製の合間にこのような作品を挟むのもいいですねえ。
でもサクッとはいえクリーンな仕上りで、色合いもいい雰囲気です!
回るプロペラがいいですね(^^)
ヒロシ
2020年08月08日 15:02
オートビルダーSさん、こんにちは。

>ヒロシさん、レベル1/72 PZL P-11cの完成おめでとうございます。
>サクッとということで、宣言通り10日足らずでの完成素晴らしいです。

ありがとうございます。
サクッと気楽に作るのはストレスが無くて良いですね(笑)

>長期作製の合間にこのような作品を挟むのもいいですねえ。
>でもサクッとはいえクリーンな仕上りで、色合いもいい雰囲気です!
>回るプロペラがいいですね(^^)

長期製作に掛かってるとどうしても飽きが来るというか、途中でマンネリしてくるというか・・・
なのでこういう短期で作れるキットも良いですね。
プロペラは普通に組んだだけで軽く回るようになりました。
ヒロシ
2020年08月08日 15:08
原市場ハリマオさん、こんにちは。
順番が前後してスミマセン(^^;

>レベル1/72 PZL P-11c完成おめでとうございます!(^^)!
>懐かしい レベルファイターシリーズですね
>パイロットが更に懐かしさを醸し出しています。

ありがとうございます。
コクピット内に何もないうえに、元からパイロットを乗せる前提で作られているのでパイロットを乗せることにしました。
これはこれで懐かしさがアップして良いですね(笑)

>日の丸さんも仰っていましたが
>カウリングの銅(カッパー)が良いですね、
>細部(張線、機銃等々)まで丁寧で1/72とは思えません
>サクッと作ってこの素晴らしさ 流石です(^^)/

カウリングはもう少し黒を強くした方が良かったかもしれませんが、そう言っていただけると安心します。
脚の張り線は、実際この張り線が無いと支柱がたわんでしまい強度がありませんので必須でした。
2020年08月08日 16:47
こんにちは。
P-11Cの完成おめでとうございます。

デカールの白も、ウェザリングで統一感出ましたね。
脚の「張り戦」も丁度良い太さで、引き締まりましたね。
プロペラが息で「ブンブン廻る」のが格好いいです。

我が家に鎮座している「アルバトロス」はシートさえ無く、操縦者が機体から出ている「ボス」に「串刺し」にされるんです。(可愛そう)(^^;)
ヒロシ
2020年08月08日 18:15
日の丸航空隊さん、こんばんは。

>P-11Cの完成おめでとうございます。

ありがとうございます!

>デカールの白も、ウェザリングで統一感出ましたね。
>脚の「張り戦」も丁度良い太さで、引き締まりましたね。
>プロペラが息で「ブンブン廻る」のが格好いいです。

デカールはエレールの国旗マークにウェザリングして違和感が無くなったと思います。
張り線は0.3㎜では太すぎだったので0.25にしたんですが、0.2でも良かったかもしれません。

>我が家に鎮座している「アルバトロス」はシートさえ無く、操縦者が機体から出ている「ボス」に「串刺し」にされるんです。(可愛そう)(^^;)

レベルの第一次大戦機シリーズはみんなそんな感じでしたね。
以前作ったキャメルもそうでした(笑)
2020年08月08日 19:39
PZL P-11cの完成おめでとうございます!
とても今から50年も前のキットとは思えない素晴らしい完成度ですね。さすがです。
IBGの1/72と1/32で全スケール制覇目指して下さい。こうなると1/48も欲しいですね。
お疲れ様でした。
ヒロシ
2020年08月09日 00:14
0-sen(零銭)殿、こんばんは。
コメントありがとうございます

>PZL P-11cの完成おめでとうございます!

ありがとうございます。

>とても今から50年も前のキットとは思えない素晴らしい完成度ですね。さすがです。

自分でも完成させてみて、そんなに古いキットには見えないのでちょっと驚きました。
やはり基本設計が良いんでしょうね。

>IBGの1/72と1/32で全スケール制覇目指して下さい。こうなると1/48も欲しいですね。

全スケール完成させて並べてみたいですね。
ただ1/48はIBGからは出てなかったと思います。
他のメーカーからは出てたかもしれませんね。
あきみず
2020年08月09日 20:15
PZL P-11完成おめでとうございます。
かっこいい仕上がりです 同じファイターシリーズの中でも
出色の出来上がりですね。当時は見向きもしないキットでした
まだ若くて何も知らない時だったからしようが、ありませんが。
その当時にキット化されたのはレベルの先見の明でしょう。
国籍マークのくすみ具合も、機体に馴染んでいます
主脚は張線がないとぐらぐらしそうです。丁度いいです。
ヒロシ
2020年08月09日 22:19
あきみずさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

>PZL P-11完成おめでとうございます。

ありがとうございます。

>かっこいい仕上がりです 同じファイターシリーズの中でも
>出色の出来上がりですね。当時は見向きもしないキットでした
>まだ若くて何も知らない時だったからしようが、ありませんが。
>その当時にキット化されたのはレベルの先見の明でしょう。

これは隠れた名作かもしれませんね。
当時のファイターシリーズの中でもかなり上位にランクされるキットだと思います。

>国籍マークのくすみ具合も、機体に馴染んでいます

国旗マークはウォッシングでキットのデカールの白と違和感なくなりました。

>主脚は張線がないとぐらぐらしそうです。丁度いいです。

仰る通り、張り線がないとグラグラして強度がないんです。
なので張り線は必須でした(笑)