1/72 ワイルドキャット3社競作その1

皆さん、こんにちは~

今年も残り1か月ちょいとなりました。
グンゼのポルシェも完成してここまでの年間完成数は16作となり、制作中のパーシヴァルプロクターも年内完成予定なのでそれを入れると17作品となる予定です。

しかし残り1ヵ月ほどあればまだいけるんじゃね?と悪魔の囁きが・・・
さらに今年は2020年!ならばキリの良い20作をという囁きまで聞こえてきました(笑)

それにはあと3つ完成させないといけません。

1ヵ月で3つ完成させるには何が良いかな?と考えると1/72の単発機が一番良いんじゃね??ということで思いついたのが、先日ポチったアルマホビーのFM-2ワイルドキャットと、積んであるエアフィックスのF4F-4、それにハセガワのF4F-3の3つのキャットの同時制作です。
PB250018.JPG


アルマホビーとエアフィックスは出来の良いのは分かってますし、ハセガワは古いですが昔作って良いのは分かってます。
なのでこの3社のキットならばイケそうな気がします

しかも同一機種ながらそれぞれ型が違うのでその辺も楽しそう

ハセガワのは昔作ったキットと同じエアロマスターデカールバージョンのキットをかなり前にリサ屋で入手しているので、昔の作品のリベンジも前からしたいと思ってました。

昔作った作品はこれっス
PB250019.JPG


では各社のキットを見てみましょう。

まずはそのハセガワのF4-F3
限定版のエアロマスターバージョンで1995年発売ですが、元々のキット発売は90年代初めかと思います。
因みに現在1/72のワイルドキャットはカタログ落ちしていて、生産休止みたいです。
PB250020.JPG


それなりに古いキットなのでパーツも少なくあっさりしています。
デカールはエアロマスター製で、イエローウィングのマーキングから2種選べます。
PB250021.JPG


わりと最近のエアフィックスのF4F-4。
以前日の丸航空隊さんも作られていましたね。
PB250022.JPG


主翼は折りたたみも選べるためパーツが多いです。
コクピットや主脚引き込み胴体内もハセガワと比べたらかなり精密。
PB250023.JPG


最新のアルマホビーのFM-2
箱はキャラメル箱になってます。
PB250024.JPG


これもコクピットやエンジン、胴体の主脚収納庫なんかはパーツが多いです。
PB250026.JPG


同一機種ですが型が違うのでそれぞれ3者3様の違いがあって面白そうですね。

ということでパーシヴァルプロクターと並行して3機同時制作を次回より始めますよ。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • 日の丸航空隊

    こんにちは。(^^)

    3キャット競作ですね。(^^)/
    面白そうです。
    こういうの好きです。

    ハセガワのキットは、カタログ落ちしていて、中古キットを捜すしかない状態なのは寂しいですね。

    エアのは、パーツは多いですが、普通に組んでいく分には問題は無いですね。

    アルマのは初めてなのですが、パーツを見ても少なすぎず多すぎずで、丁度良い感じですね。

    ワイルドキャットは、足回りに特徴があるので、そこだけに注目しても面白いですね。(^^)/
    2020年11月26日 16:58
  • あきみず

    ワイルドキャット3機平行製作メーカー違いの相違点が、あるような
    ないような 各型が違い塗装も特徴が出るのでしょう
    共通部分は3機いっぺんに塗装も完了でき作業が、進みますね。
    製作楽しみにしています。
    2020年11月26日 19:57
  • ヒロシ

    日の丸航空隊さん、こんばんは。

    >3キャット競作ですね。(^^)/
    >面白そうです。
    >こういうの好きです。

    アルマホビーを買ったので思いつきました(笑)
    以前モランでもやりましたが、あれよりは楽かなと思います。

    >ハセガワのキットは、カタログ落ちしていて、中古キットを捜すしかない状態なのは寂しいですね。

    ハセガワのはかなり前にリサイクルショップで見つけて買っておいたものです。
    なんで生産休止なんでしょうねぇ・・・

    >エアのは、パーツは多いですが、普通に組んでいく分には問題は無いですね。

    もう組み始めてますが、特に問題はないですね。

    >アルマのは初めてなのですが、パーツを見ても少なすぎず多すぎずで、丁度良い感じですね。

    アルマも作りやすい感じですよ。

    >ワイルドキャットは、足回りに特徴があるので、そこだけに注目しても面白いですね。(^^)/

    そうですね。
    この先が楽しみです(^-^)
    2020年11月26日 21:18
  • ヒロシ

    あきみずさん、こんばんは。

    >ワイルドキャット3機平行製作メーカー違いの相違点が、あるような
    >ないような 各型が違い塗装も特徴が出るのでしょう
    >共通部分は3機いっぺんに塗装も完了でき作業が、進みますね。

    メーカーによってかなり違いあがあって面白いです。
    塗装は3機とも違うので須賀、コクピットなどは同じ色なので効率的に進みそうです。

    >製作楽しみにしています。

    はい、頑張ります!
    2020年11月26日 21:22
  • 0-sen(零銭)

    ワイルドキャット3キット揃い踏みとは凄いですね。
    ワイルドキャットと言うと、レベルの1/32を作りましたが、主脚部分の組立て方が複雑で、当時の私としては難度の高いキットでした。それ以来、ワイルドキャットのキットは未購入で、ハセガワからキットが出ていたとは知りませんでした😅(1/48は見た記憶ありますが…。)
    三者三葉のワイルドキャットが見られると思うと興味津々で、米機を殆ど作らない私には楽しみです。年内完成すれば良いですね。
    2020年11月27日 15:08
  • ヒロシ

    0-sen(零銭)殿、こんにちは。

    >ワイルドキャット3キット揃い踏みとは凄いですね。

    はい、勢いで始めてしまいました(笑)

    >ワイルドキャットと言うと、レベルの1/32を作りましたが、主脚部分の組立て方が複雑で、当時の私としては難度の高いキットでした。それ以来、ワイルドキャットのキットは未購入で、ハセガワからキットが出ていたとは知りませんでした😅(1/48は見た記憶ありますが…。)

    私もレベルの1/32は作りましたよ。
    主翼が折りたためるんですよね。

    ハセガワのキットは80年代後半か90年代初めの発売だと思います。
    1/48はタミヤやモノグラムがありますが、ハセガワからは出てません。

    >三者三葉のワイルドキャットが見られると思うと興味津々で、米機を殆ど作らない私には楽しみです。年内完成すれば良いですね。

    なんとか年内完成を目指して頑張ります(^-^)
    2020年11月27日 15:54
  • 0-sen(零銭)

    再コメです。

    >1/48はタミヤやモノグラムがありますが、ハセガワからは出てません。⇒どうもヘルキャットと混同していたようです。過去存在した近くの模型店に長い間積まれていたのを覚えています。 米機ってホント、殆ど知識ないです。失礼しました。
    2020年11月27日 19:43
  • ヒロシ

    0-sen(零銭)殿、こんばんは。

    >再コメです。
    >
    >>1/48はタミヤやモノグラムがありますが、ハセガワからは出てません。⇒どうもヘルキャットと混同していたようです。過去存在した近くの模型店に長い間積まれていたのを覚えています。 米機ってホント、殆ど知識ないです。失礼しました。

    いえいえ、お気になさらずに。
    私もドイツ機などはメジャーなもの以外は知識ないですから(笑)
    2020年11月28日 00:20