1/72 ワイルドキャット3社競作その3

パーシヴァルプロクターも完成まで秒読みとなってきました。
これが完成すればワイルドキャットにも本腰を入れられるのでさらにスピードアップしたいと思います。

さて、ハセガワは既に胴体を貼り合わせましたが、エアフィックスはやはり脚パーツを組みこまないと後からでは入れられそうにありませんでした。
なので、説明書通り胴体を貼り合わせるときに脚関係のパーツを塗装して組み込みました。

しかしパーティングラインがちょっとゴツかったり、この下の画像のように穴の部分にバリが出てたりして組む前にその処理が厄介でした。
PB300004.JPG


組み込んだの図。
実はこれもなかなかスムーズにいかず、合いがあまりよくありませんでした。
ハマるところがきつすぎて削ったりというところが数ヶ所ありました。
PC020022.JPG


アルマホビーは内部のパーツだけを組み込みます。
PC020023.JPG


PC020024.JPG


3社の胴体を並べてみました、めざしではありません(笑)
上からハセガワ、エアフィックス、アルマホビーです。
PC020025.JPG

こうしてみると、ハセガワの胴体は他の2社よりかなりスマートです。

主翼の組み立てに移ります。
ハセガワはF4F-3とするため上面と下面にある小さなバルジを切除し、折り畳み部分のスジボリを埋める必要があります。

バルジを切除し、スジ彫りをイージーサンディングで埋めています。
PC020004.JPG


エアフィックスの主翼は折りたたんだ状態か、展開状態を選ぶことができます。
どっちにしようかな~?

左右両翼とも展開にするか、片側だけ折りたたんだ状態というのもアリですが・・・

アルマホビーの方は展開状態のみで、増加タンクを付けるか付けないかということくらい。

ということで今回はここまでです。


ところで〇ョーシンからプラモの発送の連絡があり、今晩着弾する予定です
今回のは2点で昨年末に予約したもので、当初は今年1~2月に発売予定だったもの。
そのうち1点は予定通り入荷したんですがもう1点が発売時期未定になり、同梱だったためずっと待たされてました。

何とほぼ1年近く待たされてやっと入荷しました
なにはともあれ良かったです。

それに今週末にもまた〇ョーシンからタミヤのあの2台が届く予定です。
ま、2台とも積んでいるのがあるんですけどね(笑)

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 日の丸航空隊

    こんにちは。(^^)/

    着々とワイルドキャットも進んでますね。
    ハセガワの胴体は、他のと比べると相当スマートに見えますね。(^^)

    エアの足回りは、やはり後付けは無理でしたか~。(>_<)
    折りたたみ翼は、結構面倒だったような記憶が・・・・。

    ○ヨーシンからはどんなのが届くのかな~。(^^)/


    2020年12月03日 13:48
  • ヒロシ

    日の丸航空隊さん、こんにちは。

    >着々とワイルドキャットも進んでますね。
    >ハセガワの胴体は、他のと比べると相当スマートに見えますね。(^^)

    パーシヴァルプロクターと並行していたんですが、完成間近になってきたため、どうしてもパーシヴァルプロクターを優先しちゃいますね。
    本当ならもう士の字にはなっていたはず。

    >エアの足回りは、やはり後付けは無理でしたか~。(>_<)
    >折りたたみ翼は、結構面倒だったような記憶が・・・・。

    仮組みしてみたら無理でした。
    機体塗装の時んマスキングが厄介です(^^;
    折りたたみは面倒でしたか・・・
    じゃ、オーソドックスに展開でいこうかな。

    >○ヨーシンからはどんなのが届くのかな~。(^^)/

    イギリスの老舗メーカーのキットです。
    サードパーティーからは既にD.UPパーツも出てるのに、キットが国内では未発売でした。
    本国では既にかなり前から出回ってるようです。
    2020年12月03日 14:40