1/72 ワイルドキャット3社競作その4

ではワイルドキャット3機の続きです。
まずはハセガワ

主翼のスジ彫りの修正です。
PC060031.JPG


イージーサンディングで埋めてから彫りなおします。
PC060028.JPG


見辛いかもしれませんが、裏表とも完了です。
PC060029.JPG


PC060030.JPG


ついでに左翼裏面にある前照灯のモールドを透明化します。
PC060051.JPG


ドリルでザグリをいれてエナメルのクロームシルバーに塗り、中心にΦ0.4mmの穴を開け、クリアーの伸ばしランナーで作った電球っぽいのを差し込みました。
PC060052.JPG


UVレジンを充填して硬化させれば出来上がり。
PC060054.JPG

はみ出た部分はサンドペーパーで均します。

主翼を上下張り合わせ、胴体に接着し士の字になりますた。
PC060072.JPG



エアフィックスです。
まずは主翼の機関砲の穴が問題です。
右翼はまだしも左翼は穴が中心より下にズレています。
PC050025.JPG


資料で調べるとこの穴は翼の中心よりも少し上側に開いています。
そこで両側ともプラ棒で一旦埋めました。
あ、主翼はもう胴体に接着しました。
PC060079.JPG


開け直しました。
PC060081.JPG


エンジンは前後別になっていて中にプロペラの軸のシャフトのパーツを入れます。
PC060082.JPG


仮組みしてみたところ軸が細すぎてガタガタでプロペラがすぐ抜けます(笑)
PC060084.JPG


そこで軸はΦ1.2mmの真鍮線にしました。
PC060085.JPG


エンジン裏まで貫通させて瞬着止めです。
PC060086.JPG


水平尾翼は差し込み式
PC060039.JPG


ピッタリっす!
PC060041.JPG


エアフィックスも士の字になりました。
PC060073.JPG



アルマホビーです。
カウリングは3分割になっています。
PC030005.JPG


合いはバッチリです。
すばらしい~
PC030004.JPG

PC030007.JPG


翼と胴体を借り組みしてみるとちょっとすき間ができます。
PC060032.JPG


PC060033.JPG


翼側のこの接着面を削ってすり合わせしました。
で、大体良くなったところで、胴体と主翼とに丸穴があるのに気づきました。
PC060034.JPG


PC060035_LI.jpg

この穴を両者を貼り合わせるとちょうど位置が同じ。
最初何かパーツが付くのか?と思ったんですが何も付きません。

それならとひらめいたのが補強の金属線を通すというアイデア。
幸い胴体はそのまま貫通します。
PC060036.JPG


PC060037.JPG


上反角を付けて曲げました。
これでバッチぐ~です
PC060038.JPG


ただ上面の継ぎ目にはどうしても段差ができてしまうのでパテで誤魔化します。
PC060076.JPG


それから胴体腹面には3色の識別灯のモールドがあります。
因みにこれはF4F-3や-4には装備されていないようで、FM-2だけのようです。
PC060046.JPG


ただ実機はこんな出っ張ってないし、この合わせ目を消すのも面倒。
なのでここは座繰りを入れてUVレジンで再現することにしました。
PC060050.JPG


EXシルバーを塗ってからクリアーレッド、グリーン、オレンジを塗ってUVレジンです。
PC070092.JPG

あとは周りに円形のスジ彫りを入れるか思案中です。
ズレずに正確に入れるのが難しいので

翼端灯ですが、ライトの部分(要するにクリアーレッドやクリアーブルーで塗る部分)の分割モールドがありません。
PC060047.JPG


これはハセガワですがちゃんと入ってます。
PC060048.JPG


ということで、アルマホビーの方も分割線を入れました。
PC060049.JPG


ラダーは片面の下の方にかなり目立つヒケ。
修整したいけどモールドが消えちゃうのでこのままにしようかと思ってます。
PC060075.JPG


アルマホビーも士の字
PC060074.JPG



ということで3機とも士の字になりました。
まだ手を加えたところがあるんですが、長くなるので一旦ここで区切ります。
PC060087.JPG


ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • 日の丸航空隊

    こんにちは。(^^)/

    ストラトスのクリアー乾燥待ちです。

    3キャットの「編隊飛行」ですね。(^^)/
    アルマホビー、凄く良いじゃないですか。
    ラダー下部の「ヒケ」が残念ですが、何だか欲しくなってきました。

    2020年12月08日 11:03
  • ヒロシ

    日の丸航空隊さん、こんにちは。

    >ストラトスのクリアー乾燥待ちです。

    リカバリー上手くいくと良いですね(^-^)

    >3キャットの「編隊飛行」ですね。(^^)/
    >アルマホビー、凄く良いじゃないですか。
    >ラダー下部の「ヒケ」が残念ですが、何だか欲しくなってきました。

    アルマホビーかなり良いですよ。
    3社の中でも新しいだけあってパーツもほぼパチピタです。
    ラダーのヒケは修正できなくもないんですが、完成すればあまり目立たないから良いかなと。

    で、3機の目途が立ってきたのでカーモデル始めちゃいます。
    2020年12月08日 12:32
  • あきみず

    3機の胴体部分にそれぞれ個性を感じます 
    各機の修正箇所も適切に処理されて、うまくこなして
    おられます。
    2020年12月09日 20:30
  • ヒロシ

    あきみずさん、こんばんは。

    >3機の胴体部分にそれぞれ個性を感じます

    メーカーごとのディフォルメも多少あるように思いますし、解釈の違いがあり面白いです。

    >各機の修正箇所も適切に処理されて、うまくこなして
    >おられます。

    ありがとうございます。
    3機ともあまり手がかからずスムーズにいきそうです。
    2020年12月09日 23:53