タミヤ1/24 ニスモR34 GT-R Z-tuneを作る②

改めまして、明けましておめでとうございます。

今年も当ブログをよろしくお願いいたします。

さて、新年1発目の制作記は昨年から制作を開始したR34 GT-Rです。
因みに前回までお題を「タミヤ1/24 ニスモR34 GT-R Z-tune制作記」としていましたが、「タミヤ1/24 ニスモR34 GT-R Z-tuneを作る」に変更しました。
まぁ、気分的なものですが(笑)

前回はシャーシをちょっと塗装したくらいでしたね。
今回はその続きからです。

まずはディスクブレーキを作りました。
ディスクは純正D.UPパーツセットのエッチングを使いました。
P1010004.JPG


ディスク面はパッドのアタリを再現するため、ルーターの丸ノコに径の合うのがあったのでそれに両面で貼り付けて、#600の神ヤスを当てながら回転させて再現しました。
PC310002.JPG


キャリパーを先に塗装してマスキングしました。
PC310003.JPG


フロント
P1010014.JPG


リア
P1010015.JPG


フロントのロワアームはシルバーなのでマスキングして吹きつけ塗装しましたがマスキングが厄介ですた。
PC310001.JPG


それからリアに付くデフオイルクーラーもセットのエッチングを使いました。
折り曲げてパーツに被せるようにして接着します。
P1010006.JPG


因みにこのパーツ、タミヤにしては珍しく接着位置がはっきりした位置が分からずしかもイモ付け。
そこでΦ0.6mmの真鍮線を軸にして取り付けました。
P1010007.JPG

恐らくZ-tuneになった時に追加になったパーツで、最初から設定されていたパーツではなかったんでしょうね。

足回りとまふりゃ~も付いてシャーシがほぼ完成しました。
P1010011.JPG


そしてインタークーラーのnismoもエッチングで塗装しました。
P1020027.JPG


前面に貼るエッチングと、nismom●の塗装用テンプレートがセットされていますのでそれを使用しました。
P1010017.JPG


位置を決めてマステで固定
P1010020.JPG


まずミッチャクロンを吹いてから赤を吹きます
P1020022.JPG


で、赤をマスクして黒を吹きまする
P1020023.JPG


できた!
P1020025.JPG


いきなり内装になりますが、ABCペダルにもセットのエッチングを接着します。
一番左のクラッチペダルはまだエッチング貼ってません。
P1020021.JPG


今度はボディです。
サイドウィンカーは一体成型なので、お湯まるで型を取ってUVレジンで複製しました。
複製後モールドは切除!
P1010008.JPG


P1010009.JPG


P1010010.JPG


ということで今回はここまでです。

実は並行してRX-7の方も進めているので、明日にはRX-7の方をアップできるかもしれません。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 日の丸航空隊

    こんばんは。

    改めて、明けましておめでとうございます。
    今年も宜しくお願い致します。

    GT-R初作業ですね。
    ブレーキディスクは綺麗に仕上がりましたね。
    120secさんお勧めの方法ですね。(^^)

    デフのオイルクーラーまで再現されているんですね。
    凄いゎ~。

    ラジエータのテンプレも親切設計ですね。
    ST27の「ランチアラリー037」にもテンプレついていましたが、「ピレリ」の文字が上手く吹けませんですた。(-_-)

    RX-7との競作になるんですね。
    今年も楽しみな内容です。(^^)/
    2021年01月02日 20:30
  • 山ちゅう

    1年以上ぶりのコメントで失礼致します。
    自分もお湯丸&UVレジンを使って平面から型取りする時にひと手間加えていまして、もし今までやってきて型取りが上手くいかない場合の役に立てればとコメント致します。
    型を取る時はお湯丸を平らに伸ばすより3,4本の指でつまむように押し付けると型の根元までしっかり写し取れます。押し付けたらそのまま流水に突っ込むとすぐ固まり型ずれを防げます。固まったら底面や周囲をカットします。

    レジンは先にクリヤーカラーで着色し、、つまようじでチョンチョンと盛り上がるまで充填し、最後にセロテープをそっとかぶせて上からつまようじや筆の柄の腹を転がして余分を追い出すと、裏面が平らな複製品が簡単にできます。
    何かのお役に立てればとおもいます。
    2021年01月02日 21:47
  • ヒロシ

    日の丸航空隊さん、こんばんは。

    >改めて、明けましておめでとうございます。
    >今年も宜しくお願い致します。

    こちらこそよろしくお願い致します(^-^)

    >GT-R初作業ですね。
    >ブレーキディスクは綺麗に仕上がりましたね。
    >120secさんお勧めの方法ですね。(^^)

    ブレーキディスクは簡単にパッド跡が再現できました。
    簡単で効果抜群です。

    >デフのオイルクーラーまで再現されているんですね。
    >凄いゎ~。

    再現されてるのは良いんですけど、接着シロが小さくて、そのままでは絶対制作中に取れますね。

    >ラジエータのテンプレも親切設計ですね。
    >ST27の「ランチアラリー037」にもテンプレついていましたが、「ピレリ」の文字が上手く吹けませんですた。(-_-)

    実は1回目は若干斜めになってしまい、塗装し直しました。

    >RX-7との競作になるんですね。
    >今年も楽しみな内容です。(^^)/

    両方を交互にやってます(笑)
    2021年01月02日 22:23
  • ヒロシ

    山ちゅうさん、こんばんは。

    >1年以上ぶりのコメントで失礼致します。
    >自分もお湯丸&UVレジンを使って平面から型取りする時にひと手間加えていまして、もし今までやってきて型取りが上手くいかない場合の役に立てればとコメント致します。
    >型を取る時はお湯丸を平らに伸ばすより3,4本の指でつまむように押し付けると型の根元までしっかり写し取れます。

    そのようにやってはいるんですが、どうしても空気が入ってしまうんですよね。
    なので一方から押し付けるようにぐい~っと押し付ける感じでやっています。

    押し付けたらそのまま流水に突っ込むとすぐ固まり型ずれを防げます。固まったら底面や周囲をカットします。

    押し付けたら冷たい水道水で冷やしてます。

    >レジンは先にクリヤーカラーで着色し、、つまようじでチョンチョンと盛り上がるまで充填し、最後にセロテープをそっとかぶせて上からつまようじや筆の柄の腹を転がして余分を追い出すと、裏面が平らな複製品が簡単にできます。

    今回のGT-Rのウィンカーは透明タイプで、ランプがオレンジのもののようです。
    セロテープを使うというのは良いアイデアですね。
    今度やってみます。

    >何かのお役に立てればとおもいます。

    ありがとうございます(^-^)
    2021年01月02日 22:29
  • いや~流石に皆さん色々されていますよね。
    実は私あまり器用ではありませんし めんどくさがりなので楽する方法ばかり考えてしまいます。48のハセガワ疾風とゼロ戦22型があって、疾風の航法灯のクリヤーパーツなんてとても整形出来ませんのでゼロの翼上面のモールドをこの方法でパクりました。
    釈迦に説法で失礼致しました。ついでに言うと昼間、昨日のヒロシ様の記事にもコメントしてます(笑)。
    そちらもご存じ、あるいは不要ネタかもしれませんがどうぞご覧くださいませ。
    2021年01月02日 22:50
  • オートビルダーS

    おはようございます。
    さっそくR34の再開ですね!
    エッチングパーツのローターやデフオイルクラー等、さすがのリアル感ですね。
    また、インタークーラーのニスモロゴもカッコいいです!!
    シャーシはほぼ完成ですね。
    この年代でもサイドウィンカーは一体成形なんですね。
    レジンでの複製、きれいだと思います(^^)
    2021年01月03日 08:50
  • ヒロシ

    山ちゅうさん、こんばんは。

    >いや~流石に皆さん色々されていますよね。
    >実は私あまり器用ではありませんし めんどくさがりなので楽する方法ばかり考えてしまいます。48のハセガワ疾風とゼロ戦22型があって、疾風の航法灯のクリヤーパーツなんてとても整形出来ませんのでゼロの翼上面のモールドをこの方法でパクりました。

    ハセガワの48疾風の航法灯は確かモールドをそのまま塗装するか、切除してクリアーパーツのめちゃ小さいパーツを付けるんですよね。
    確かにあれをランナーから切り取って整形するは大変でした(笑)

    >釈迦に説法で失礼致しました。ついでに言うと昼間、昨日のヒロシ様の記事にもコメントしてます(笑)。
    >そちらもご存じ、あるいは不要ネタかもしれませんがどうぞご覧くださいませ。

    いえいえ、お気になさらずに(^-^)
    2021年01月03日 16:52
  • ヒロシ

    オートビルダーSさん、こんばんは。

    >さっそくR34の再開ですね!

    はい、再開しますた。。

    >エッチングパーツのローターやデフオイルクラー等、さすがのリアル感ですね。
    >また、インタークーラーのニスモロゴもカッコいいです!!

    タミヤ純正パーツなので合いもいいし、使いやすいですね。

    >シャーシはほぼ完成ですね。
    >この年代でもサイドウィンカーは一体成形なんですね。
    >レジンでの複製、きれいだと思います(^^)

    サイドウィンカーは一体成型でした。
    こういうところがクリアーパーツになるのって、割と最近なんですね。
    2021年01月03日 16:54
  • 山ちゅう

    ヒロシ様、
    何度もすみません、「疾風の航法灯」モールドなしのクリヤーパーツオンリーです。つまようじやプラバンのすみにテープやボンドでくっつけて整形しようとしたのですが…ムリっす‼
    ゼロのモールドがサイズがピッタリで助かりました。32とは言えヒロシ様の昨年の疾風はライトも含めてとても綺麗でした。
    ファントムは今回は私も我慢して見送りましたが(72,48あわせて5個も持ってたので)またせこい技を使ってチマチマやってるのでうまくできたらご報告致します。
    2021年01月03日 19:27
  • ヒロシ

    山ちゅうさん、こんにちは。

    >ヒロシ様、
    >何度もすみません、「疾風の航法灯」モールドなしのクリヤーパーツオンリーです。つまようじやプラバンのすみにテープやボンドでくっつけて整形しようとしたのですが…ムリっす‼
    >ゼロのモールドがサイズがピッタリで助かりました。32とは言えヒロシ様の昨年の疾風はライトも含めてとても綺麗でした。

    あ!モールドなしでしたっけ…
    疾風が発売された当時電撃ホビーで作例として制作しましたが、記憶が曖昧でした。
    疾風は脚柱の取り付けもポリキャップになっていて、最初は楽でいいなと思いましたが、角度がぴたりと決まらず難儀した覚えがあります。

    >ファントムは今回は私も我慢して見送りましたが(72,48あわせて5個も持ってたので)またせこい技を使ってチマチマやってるのでうまくできたらご報告致します。

    私は48ファントム(米軍F-4J)を2個、72は今回のファインのF-4EJのみですが、自衛隊機にそれほど思い入れがないので買いませんでした(笑)
    実は造形村のF-4E(ベトナム迷)がちょっと欲しかったり(笑)
    2021年01月04日 12:08