ハセガワ1/72 T-34Aメンター制作記#2

クルセイダーも完成したのでそろそろ次の大物に取り掛かりますが、その前にメンター再開します

機首先端のグリル?ともいうべきパーツにプロペラの軸を差し込むと、ユルユルでプロペラがすぐ抜け落ちるし、ガタが大きくそのままではどうにもこうにもという状態でした。
そこで穴に真鍮パイプを入れました。
P2120007.JPG


手持ちの中にプロペラのシャフトがちょうど入る径のパイプがあったのでそれを差し込んで裏から瞬着で固定しました。
これでしっかりとプロペラが保持されるようになりました。
P2120008.JPG


さて、コクピットの工作です。
まずは前回形状を修正したシートの背もたれにクッションをエポパテで作ってみました。
P2250018.JPG

シートにマスキングゾルを塗って、形状を合わせています。
硬化したら外してもうちょい形状を整える予定です。

前回も書きましたがコクピット内はシートと計器盤のみでがらんどう
実機はこんな感じで、側面にも計器類などいろいろあります。
65114698_10157061336786211_3735536196399398912_n.jpg

ということで、これをプラ板などで追加してらしく再現しようかと思います。
キャノピーはワンピースで開ける予定もないので、再現はそこそこで済ませますが・・・

で、その前に機体のスジ彫りを行うことにします。
とにかくこのキットのパネルラインは消えそうなくらい…というか一部は消えてるような細い凸モールドです。
よく見ないとパネルライン自体良く見えません
分かりやすくするためにまずはサフを吹きました。
P2260025.JPG


モデラーズのマステや、ガネットさんのスジボリガイドテープなどを使ってスジ彫り。
P2260026.JPG


まだ片側の胴体だけで小さなパネルなどはスジ彫ってませんがとりあえずこんな感じ。
P2260027.JPG


付属の牽引トラクターも作り始めましたよ。
で、気になったのは運転席前の空洞で、ここは塞がっているはず。
P2250017.JPG


プラバンを台形にカットして接着。
P2250019.JPG


これでいいでしょう。
P2250020.JPG


車体側面はちょっとヒケが目立つので、ここはパテで処理します。
P2250022.JPG


P2250021.JPG


とりあえず今回はここまで。

あ、そうそう、実は1/43も着手してしまいました
これについても近々アップしますよ。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 日の丸航空隊

    こんにちは。(^^)
    大物に取りかかる前に、小物を2つですね。(^^)
    小物とは言え、スジ彫りが大変そうです。
    数は少ないでしょうが、道具の届かないところがありそうですね。
    シートの背もたれは、雰囲気良いですね。
    1/43も楽しみです。(^^)
    2021年02月26日 15:35
  • ヒロシ

    日の丸航空隊さん、こんにちは…こんばんはかな(笑)

    >大物に取りかかる前に、小物を2つですね。(^^)
    >小物とは言え、スジ彫りが大変そうです。
    >数は少ないでしょうが、道具の届かないところがありそうですね。

    スジ彫りは小さいパネルとかが厄介ですが、数はそれほど多くないし意外と早く終わりそうですよ。

    >シートの背もたれは、雰囲気良いですね。

    ありがとうございます(^-^)

    >1/43も楽しみです。(^^)

    久々の43なので楽しんでます。
    2021年02月26日 17:03
  • あきみず

    メンター早速スジボリから始められて
    スジボリガイドテープやマスキングテープを
    使ってガイドするのもはっきり知りませんでした
    凸を凹にラインを掘りなおすことは、しなかったので
    部分的に消えたのは掘り直しますが、墨入れした時
    に効果が出るのでしょう。 
    牽引トラクターはMU2にもついているのと
    同じですね
    2021年02月27日 20:52
  • ヒロシ

    あきみずさん、こんばんは。

    >メンター早速スジボリから始められて
    >スジボリガイドテープやマスキングテープを
    >使ってガイドするのもはっきり知りませんでした

    基本的にスジ彫りをするときはガイドとなるものがないと難しいですね。

    >凸を凹にラインを掘りなおすことは、しなかったので
    >部分的に消えたのは掘り直しますが、墨入れした時
    >に効果が出るのでしょう。

    特にこのキットの凸ラインは消えそうなくらい薄いですね。
    なので余計にスジ彫りにした方がいいと判断しました。
     
    >牽引トラクターはMU2にもついているのと
    >同じですね

    そうです。
    当時メンターを作った時、この牽引トラクターも作ったのか覚えていません(笑)
    でもなかなか良くできていますよね。
    2021年02月28日 00:47