1/48 F-8Eクルセイダー制作記#11

下ごしらえはもう少し続きます。

機首のレドームのところのスジ彫りを入れます。
ここは別部品のレドームと胴体とのつながりが悪く修正したところで、接着した後一旦接合部はきれいに均していますので、新たにスジ彫りを入れなおします。
因みにこんな感じでした。
152394266456829516178_P4170002.jpg


152479723247170416177_P4260004.jpg


1.5mm幅のマステを貼って、スジを入れました
P2040020.JPG


マステに沿って目立てヤスリで入れています。
P2040021.JPG



今度はケツの方です
アフターバーナー用の冷却スクープなんですが、これがかなりデカくて不格好!
後ろにあるハセガワのと比較すると一目瞭然ですね。
P2040002.JPG


実機はどうかっていうと、ハセガワの方が形状は正確ですね。
ただ付いている角度はちょっと違うような気がします。
P2040008.JPG


P2040007.JPG


で、このパーツもかなり前にクイックブーストのハセガワ用を用意してたのでこれを使用します。
P2010001.JPG


まずは元々の取付け穴をプラバンで埋めます。
P2040003.JPG


そして位置を確認して差し込み穴(これはハセガワのと同じ)を2ヶ所開けます。
前側に穴を埋めた後が2ヶ所あるのは、角度が違ったのでやり直したためです(^^;
P2040006.JPG


こんな感じになりますた。。
P2040010.JPG


角度もまずまず実機の感じに近くなったかなと
P2040009.JPG



ところでそろそろ塗装&マーキングの方をご説明しておきましょう。

まずキットのマーキングとデカールですが、デカールがハセガワ燻製の色がダメで透けるという代物なので使えません…というか使いたくありませんw
P2040015.JPG


マーキングは2種なんですが。
P2040011.JPG


P2040012.JPG


そこでこれもこのキット用にデカールを調達してあります。
P2040016 (1).JPG


P2040018.JPG


使用するマーキングは2番のこれです。
というか1番と3番の2種はF-8Jなので、E型のマーキングはこれだけなんです。
P2040017 (1).JPG


もちろんモノグラム/レベル用です。
P2040019.JPG


この機体は空母オリスカニーの艦載機です。
P2040022.JPG


ということで、今回ここまで。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 日の丸航空隊

    こんにちは。
    塗装の準備が始まりましたね。(^^)
    デカールもエアロマスターなら安心ですね。
    ハセガワのはどうして色が透けるんでしょうね。
    改善しないのかな~。
    アフターのレジンパーツがあると、何かと安心ですね。
    塗装までもう少しです。
    頑張りましょう。(^^)
    2021年02月05日 13:17
  • ヒロシ

    日の丸航空隊さん、こんにちは。

    >塗装の準備が始まりましたね。(^^)

    はい、ちょっと気が早いんですがテンション上げるために(笑)

    >デカールもエアロマスターなら安心ですね。
    >ハセガワのはどうして色が透けるんでしょうね。
    >改善しないのかな~。

    デカールはエアロマスターで印刷はイタリアと書いてあるのでカルト製かもしれないです。
    ハセガワのデカールはどうもダメですね~
    カルトとかに全てしてもらいたいですけど、価格が跳ね上がるのかな?

    >アフターのレジンパーツがあると、何かと安心ですね。

    クイックブーストも相当前に買っておいたものですが、やっと使う日が来ました(笑)

    >塗装までもう少しです。
    >頑張りましょう。(^^)

    はい!頑張ります!
    2021年02月05日 13:44