1/48 F-8Eクルセイダー制作記#13

キャノピーのフィッティングの修正です。

前後のキャノピーとも擦り合わせをして、さらに先端部分の方を胴体側を少し削って前後ともピタリと入るようにしました。
そして隙間が空く部分にはエポパテを盛り、キャノピー側にはメンタムを塗ってくっ付かない様にしてからキャノピーを嵌めます。
P2070001.JPG


こうするとすき間部分が埋められるのでパテが硬化するまで放置。
P2070002.JPG


硬化したら余分な部分をカット&サンディングすればOK
P2080015.JPG


こんな感じになりました。
すき間はきれいに埋まりました。
P2080016.JPG


P2080017.JPG


さて、このキットの前部キャノピーは枠の途中で分割されているため、塗装前に接着して継ぎ目を消す必要があります。
なので、コクピットセットに入っていたレジンのグレアシールドの布状のカバーを接着し、照準器の反射ガラスを0.2mmの透明プラ板で付けてキャノピーを接着しました。
148348671_2057075654432633_7509427978917544808_o.jpg

因みにキャノピーの接着断面は黒く塗ってから接着していますが、接着剤もクレオスの黒いセメントを使用しています。
ここは完全に接着されるまで放置。


次は胴体後部に付くヒレのようなフィンです。
かなり分厚いうえに凸モールドで押しピン跡があったりします。
このパーツ、ハセガワのはかなり薄いのでなるべく薄くシャープになるように削ります。
P2070003.JPG


下が処理を終えたもの。
形状も少し角を鋭角にしています。
スジ彫りは資料図面を見るとハセガワの方が正確なようなので同じようにしています。
P2070005.JPG


左右とも処理が終わったので接着しますた。
P2080018.JPG


はっきりした角度が調べても分からなかったので実機写真を参考に、だいたいこんなもんだろう的な感じで付けました
P2080019.JPG


接着は白蓋で付けてから流し込みのスーパーパワーで、最後に瞬着を流し込んでガッツリと。
P2080020.JPG


ということで現在ここまでです。
148449498_2057075451099320_7945022739425551433_o.jpg


あとはキャノピー周りの処理が終われば塗装に入れそうです。
既に小物は下地処理をして塗装を始めています。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 日の丸航空隊

    こんにちは。
    キャノピーが綺麗に収まりましたね。(^^)
    それでも前部キャノピーには段差が少し残ってしまうんですね。
    胴体下のフィンは1枚じゃなかったんですね。(^^;)
    今まで1枚だとばかり思っていました。
    前部キャノピーのフィッティングが終われば塗装ですね。(^^)
    楽しみです。
    2021年02月09日 10:46
  • ヒロシ

    日の丸航空隊さん、こんにちは。

    >キャノピーが綺麗に収まりましたね。(^^)
    >それでも前部キャノピーには段差が少し残ってしまうんですね。

    前部キャノピーの前端にはレーダーのパーツが付くので、その接合部の処理もあります。
    ハセガワのように枠と一緒だったらもっと楽だったんですけどね(笑)

    >胴体下のフィンは1枚じゃなかったんですね。(^^;)
    >今まで1枚だとばかり思っていました。

    そう、2枚なんです。

    >前部キャノピーのフィッティングが終われば塗装ですね。(^^)
    >楽しみです。

    今週末には塗装には入れるかもしれません。
    2021年02月09日 11:46
  • あきみず

    キャノピーの隙間埋め、こんな方法があるなんて
    目から鱗が落ちる思いでした きれいに仕上がって
    います。メンタームがなるほどです。
    フィンの接着に三種類の溶剤を使っておられる
    さすがです。
    2021年02月10日 21:35
  • ヒロシ

    あきみずさん、こんばんは。

    >キャノピーの隙間埋め、こんな方法があるなんて
    >目から鱗が落ちる思いでした きれいに仕上がって
    >います。メンタームがなるほどです。

    エポパテはこういう使い方もあるんです。
    結構便利ですよ。

    >フィンの接着に三種類の溶剤を使っておられる
    >さすがです。

    最初は金属線で軸打ちしようかと思ったんですが、角度と位置決めが難しいので、接着剤でがっつりと固定しました。
    接着後に少々すき間があったので、そこは溶きパテで埋めています。
    2021年02月11日 00:07