1/48 F-8Eクルセイダー制作記#15

ここ数日暖かいですね~
こんなに天気が良くて暖かいと、ロードスターをオープンにして何処かドライブにでも行きたい気分にもなりますが、
家にこもって模型作ってます

さて、それでは前回の続きです。

前部キャノピーの枠の継ぎ目消しができました。
P2100032.JPG


ポリパテを盛って整形し、サフを吹いて確認。
P2100033.JPG


OKだったのでキャノピーのマスキングをします。
今回はタミヤではなく、クレオスのマスキングテープの細切りを使用しあとはゾルで行いました。
P2110035.JPG


今回なんでクレオスのを使ったかというと、SNSであるモデラーの方が「クレオスのは和紙を使用していて薄くて曲面に貼ったときの追従性が良い。特に細切りにしたときはタミヤより良い感じがする」というのを拝見したため。

使ってみると確かにタミヤのより曲げたときの追従性や密着性が良いように思います。
1.jpg

ただ一つ残念なのは、タミヤのようなテープカッター付きの専用ケースがないということ。
なので使うときは側面に極力埃などが付かないように気を付ける必要があります。
因みにタミヤのケースが流用できないか確認しましたが、微妙に大きさが違うため使えないんです。

今度ホムセンに行ったら使えそうなケースがないか探してみましょう。

話が横道にそれました(笑)

いよいよ塗装です。
まずはキャノピーとレドームを蝉グロスブラックに塗装。
P2110036.JPG


そして主脚などをマスキングしたら、パネルラインに沿って蝉グロスブラックを吹きます。
P2110038.JPG


キャノピーとレドームにつながるアンチグレアをマスキングして、まずは下面や尾翼(スタビレーター)などをクレオスの316番(ホワイト)で塗装し始めたんですが、なんと1回目の塗装で塗料が切れてしまいました
実は先日イエサブさんに買い出しに行った時に、クルセイダーの機体色として使用する315番と316番を買い足したつもりが、315番しか買ってなかったという・・・
因みに色としては315番より316番の使用面積の方が多いんですが、何か勘違いしたんでしょうねぇ・・・

ということで、翌日イエサブさんに行って買ってきました。
他にも使うものを少々
P2120045.JPG


塗料が調達できたので続きを塗装し終了したんですが、垂直尾翼根元のウォークウェイをマスキングしていたら、左右で区切るパネルの位置がズレていました
P2130009.JPG


ここは左右同じ位置のはずなんですが、凸モールドに沿ってスジ彫りしたので、もともとのモールドがズレていたようです。
仕方ないので一旦埋めて彫り直します。
P2130010.JPG


P2130011.JPG


で、315番をまた塗装。
ちょっと幅が少し細かったけどまぁいいや(笑)
P2130012.JPG


マスキングをしてフラットブラックを吹き、続けてジェットノズル付近などを塗装するため下塗りのウイノーブラックを塗りました。
ラダーは黒ベースのデカールを貼るので、予め黒に塗っておきます。
P2130014.JPG


スーパーメタリックカラーのスーパーステンレスや、スーパーチタンなどをそれっぽく吹きましたがイマイチの表現ですねえ・・・
P2130017.JPG


それから右側胴体のダクトがある膨らみのところはデカールの図を見たら長細く黒く塗られていました。
これ、世傑などを見ると確かに塗られている機体があるんです。
P2130016.JPG


ということでここもマスキングして塗ります。
P2130015.JPG


これでとりあえず終了。
P2130001.JPG


P2130025.JPG


ですがチェックしてみるとホワイト(316番)で塗ったところの一部が少々薄すすぎてムラになっていたので上から塗り重ねました。
P2130023.JPG


P2130018.JPG


全体にクリアーを吹きました。
P2130001.JPG


続けて墨入れ
P2130003.JPG


さあ、いよいよデカール貼りっす!
確認してみたらカルトグラフ製でしたよ
P2140004.JPG


まずは機首から貼り始めました。
カルトということで、クレオスの普通の軟化剤はほぼ効きません。
なので、グッスマの剛力で貼り付けていきます。
P2140006.JPG


デカール貼りはちょいと時間がかかりそうですね。
P2140007.JPG


頑張ります!

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • 日の丸航空隊

    こんばんは。
    いよいよデカール貼りですね。(^^)
    カルトグラフで良かったですね。
    ハイビジ塗装なので、デカールが映えますね。
    その分、いっぱい貼らなくてはいけないのですが。
    サフを吹くと、都合の良くないところが顕著に見えてくるので、大事な工程ですね。
    修正箇所も無事に済んだようで、「良き、良き」ですね。
    2021年02月14日 21:13
  • ヒロシ

    日の丸航空隊さん、おはようございます。

    >いよいよデカール貼りですね。(^^)
    >カルトグラフで良かったですね。

    カルトで発色は良いんですが、ちょっと固いので軟化材を使いながら貼ってます。

    >ハイビジ塗装なので、デカールが映えますね。
    >その分、いっぱい貼らなくてはいけないのですが。

    コーション類がほとんどないので、昨晩で9割ほど貼り終えました。

    >サフを吹くと、都合の良くないところが顕著に見えてくるので、大事な工程ですね。
    >修正箇所も無事に済んだようで、「良き、良き」ですね。

    サフは重要ですよね。
    見た目大丈夫そうでも、サフを吹くとアラがハッキリと分かりますから。
    2021年02月15日 08:28
  • あきみず

    MRのマスキングテープ使い勝手が、いいようですね
    探してみます テープとゾルを供用される 切り取るのが、難しいのでゾルは、使わなくなったのですが、
    こういうふうに使えばいいのですね。
    墨入れもきれいに、パネルラインが、出ています
    綿棒で細かく拭き取るのでしょう
    2021年02月15日 19:39
  • ヒロシ

    あきみずさん、続けてのコメントありがとうございます。

    >MRのマスキングテープ使い勝手が、いいようですね
    >探してみます テープとゾルを供用される 切り取るのが、難しいのでゾルは、使わなくなったのですが、
    >こういうふうに使えばいいのですね。

    マステとゾルは場所によって併用すると良いですよ。

    >墨入れもきれいに、パネルラインが、出ています
    >綿棒で細かく拭き取るのでしょう

    仰る通り綿棒でふき取っています(^-^)
    2021年02月15日 21:52