ハセガワ1/72 T-34Aメンター制作記#1

クルセイダーも完成の二文字が見えてきたので、メンターも数日前からボチボチ始めています。

まずは機体を仮組みしてみました。
P2110040.JPG


P2110041.JPG


全体的に合いは良いですが、ただ1点気になったのは機首先端のパーツが、そのままだと左右がはみ出ること。
この画像のように少しすき間が空くように左右の胴体を若干広げると良いようです。
なので組むときはシムを入れて調整が必要ですね。
P2110042.JPG


それから組立て説明書には指示がありませんが、機首にオモリを入れないと尻もちをついてしまうようです。
前脚カバーや主脚カバーはイモ付けで、特に前脚カバーは機首下面がカーブしていることもあって、そのままイモ付けするのはかなり困難です。
なのでヒンジなどを付けて接着できるようにしないといけないですね。

主脚収納庫もがらんどうで味気ないので少しD.UPしたいですね。
実機はこんな感じですよ。
ff1e27ab37.jpg


またコクピットは床とシートと計器盤だけというもの…なんと操縦桿もありません
たぶんパイロットフィギュアをセットする前提なんでしょうけど、1/72とはいえキャノピーの窓が大きく外からよく見えるので少しはD.UPしてやりたいです。


では早速制作スターティン!

まずはシートですが、実機と見比べると座面の両脇の形状が全然違います。
前回載せたMA誌の資料写真
P2090021.JPG


座面の両脇と前側に0.5mm厚のプラバンを接着しました。
P2120043.JPG


んが、これではちょっと低すぎたようで、さらに継ぎ足しました(^^;
流し込み系セメントで接着した後に瞬着を塗って補強してます。
P2120044.JPG


整形して大体の形ができました。
P2120001.JPG


P2120002.JPG


でも背もたれの上端が少し厚かったのでここも削り、両端を少し丸みを帯びた形状にしてみました。
右が加工後です
P2120004.JPG


P2120005.JPG

微妙に座面の長さが違うのはご愛敬ということで・・・

とりあえずシートをフロアに接着しました。
あとは背もたれのクッションをエポキシパテで作ろうと思います。

操縦桿は自作しないといけないですねぇ。
コクピットの左右側面ものっぺらぼうなので資料を参考に少しD.UPもしてみたいです。
P2150009.JPG


そうそう、デカールは3日ほど日光浴をさせたらだいぶ黄ばみが取れました。
P2150008.JPG


ということで少しですが今回はここまで。
あとはクルセイダーが完成してからかな・・・

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • 日の丸航空隊

    こんにちは。(^^)
    雨が上がって、良いお天気になりましたが風が強くて冷たいですね。
    今日も外仕事だったらこれまた厳しいですね。

    メンターも始まりましたね。(^^)
    機首の先端パーツと胴体の幅が合わないキットって、結構ありますね。
    シムを入れることで、先端パーツを削る工程が一つ減りますね。
    加工も楽だし。(^^)
    操縦桿は作らないといけませんね。
    シートの加工はお見事です。(^^)/

    デカールの「日光漂白」は、UV灯で代用できないでしょうかね。
    曇りの日とか夜とかでも出来ると助かりますからね。
    今度実験してみよう。(^^)/
    2021年02月16日 10:58
  • ヒロシ

    日の丸航空隊さん、こんにちは。

    >こんにちは。(^^)
    >雨が上がって、良いお天気になりましたが風が強くて冷たいですね。
    >今日も外仕事だったらこれまた厳しいですね。

    風が強いので思ったより寒く感じますね。
    今日は外仕事は無いので良かったです(^-^)
    でも強烈に寒くなるという18日は外仕事があるので今から憂鬱…

    >メンターも始まりましたね。(^^)
    >機首の先端パーツと胴体の幅が合わないキットって、結構ありますね。
    >シムを入れることで、先端パーツを削る工程が一つ減りますね。
    >加工も楽だし。(^^)

    仮組みして気が付きましたが、こういうところが合わないキットって多いですね。

    >操縦桿は作らないといけませんね。
    >シートの加工はお見事です。(^^)/

    操縦桿はジャンクにないか探しましたが有りませんでしたので自作決定です(笑)

    >デカールの「日光漂白」は、UV灯で代用できないでしょうかね。
    >曇りの日とか夜とかでも出来ると助かりますからね。
    >今度実験してみよう。(^^)/

    今回は急ぎではなかったので自分の部屋の南側の窓ガラスにファイルに入れて貼って放置していましたが、確かに曇り続きの時とかはUV灯で代用できればいいですね。
    実験結果が分かったら教えてくださいね。
    2021年02月16日 11:43
  • あきみず

    仮組して削るかシムを挟むか、工程を決めるんですね
    仮組をあんまりきっちりしないので、最後に
    しまったと思う事が、多々あります
    座席もうまく手を入れられています 資料が無いと
    できない事です。
    2021年02月16日 22:04
  • ヒロシ

    あきみずさん、こんばんは。

    >仮組して削るかシムを挟むか、工程を決めるんですね
    >仮組をあんまりきっちりしないので、最後に
    >しまったと思う事が、多々あります

    特に古いキットや、最近の中華系キットはやった方が良いですね。
    このキットは機首のところだけが問題でした。

    >座席もうまく手を入れられています 資料が無いと
    >できない事です。

    当時のMA誌がすごく参考になります。
    あとはネットでも探してますが、痒い所に手が届くような写真はなかなかないですね。
    2021年02月16日 22:34
  • 299工場長

    こんにちわ 299でございます
    当方ブログにリンク追加しました
    よろしくお願いしますね

    オールラウンダーに模型を作られるんですね
    私は飛行機とかつくれません・・うらやましく拝見させていただいています
    2021年02月17日 10:58
  • ヒロシ



    >299工場長さん、こんにちは。

    >当方ブログにリンク追加しました
    >よろしくお願いしますね

    ありがとうございます。
    こちらも追加しました。
    今後ともよろしくお願いします。

    >オールラウンダーに模型を作られるんですね
    >私は飛行機とかつくれません・・うらやましく拝見させていただいています

    299工場長さんは3D造形もされるんですね。
    そちらの方が羨ましいです。
    私も興味はあるんですが・・・
    2021年02月17日 11:47