ハセガワ1/72 T-34Aメンター制作記#3

今日から3月ですね。
まだまだ寒い日もありますが、だんだんと暖かい日が多くなり春が近づいてきているのが分かります。

ところで先週からスカパーのAXNチャンネルで「地上最強の美女 バイオニックジェミー」の放送が始まりました。
51ODM1Xn8aL._AC_.jpg

当時「600万ドルの男」の後番組で、それに続き毎週欠かさず観ていた好きな番組でした。
毎禄して見ていますが、ジェミーが番組の中で乗っていた愛車がブルーメタの240Zだったというのを全く覚えてませんでした(笑)


さて、メンターですが大物に手を付ける前に済ませておきたいところをなるべく進めておきましょう。
今回のモデリングでは、機体のスジ彫りとコクピットや脚収納庫のD.UPがメインです。

スジ彫りに関してはとりあえず終了しましたので、次は主脚収納庫の工作に移ります。
P2270015.JPG


このキットの主脚カバーは一体になっているのをカットして使用します。
P2270002.JPG


メンターは地上では通常主脚カバーの中側の扉は閉まっています。
なのでこの扉は主翼に接着してしまうわけなんですが、翼側に接着のための受けも何もないので何とかしないといけません。
昔作ったときは、ここどうやって接着したんだろう?覚えてないわ
P2270001.JPG


中にプラ板で受けを接着しました。
P2270004.JPG


しかしどっちみち閉じてしまうカバーの裏にちゃんとモールドがあるのがなんとも…(笑)
P2270006.JPG


翼のプラの厚みとカバーの厚みに差があるため、0.3mmとか0.5mm厚のプラバンを噛まして調整して接着しました。
さらにこの厚みがかなり分厚いのが気になります。
P2270008.JPG


縁を削りました。
P2270009.JPG


もう少し薄くしても良いかもしれませんが、とりあえずこんな感じ。
P2270007.JPG


続けて収納庫内を資料を参考にデッチアプ!
P2270011.JPG


P2270012.JPG


一応完成後にがらんどうの内部が見えるということがないようにしました。
P2270014.JPG


P2270013.JPG



次はコクピットの工作に移りましょう。

まず側面はそのままだとスカスカなので、プラバンで側壁を作りました。
P2270016.JPG


位置合わせをしながら、補強用の仕切り板も入れています。
P2270017.JPG


当初は側壁も付けて一体にしようかと思ったんですが、工作がやり難いし塗装も困難なので、側壁は外し胴体側へ接着することにしました。
床板にはエバグリの0.4角のプラ材を接着してディテールを追加。
P2280005.JPG


側壁にもチョコチョコと造作物を追加しています(まだ途中です)
P2280007.JPG


P2280006.JPG


このキットには操縦桿が無いことは以前にお話ししましたね。
なので作らないといけません(^^;

0.5mmの真鍮線を曲げて・・・
P2280019.JPG


グリップのところは黒瞬着を盛って整形してみました。
P2280003.JPG

あとは基部のところを作ればOKでしょう。


さて、このキットの修正で一番の難関の尾翼の凹部の再現です。
実機はこうなってます。
P2280002.JPG


しかしキットは細い凸線で再現され、しかも本数も少ないんです。
ここは是非ともそれっぽく再現したいところ。

そこで先日イエサブさんに行った時に買ってきたウェーブのノミでやってみよう思います。
本数は全く同じではないですが、ほぼ同じくらい増やしました。
P2280001.JPG


こんな感じです。
若干修正が必要ですが、まぁ雰囲気は出たかな。
P2280004.JPG

残っているラダーを加工したら裏面も同じように加工しますが、これが終われば機体の加工はとりあえず終了です。


本当はキリが良いので今日3月1日から大物に着手しようと考えていたんですが、この尾翼の修正が終わらないと気分的に嫌なので、これが終わったら着手しようと思います。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • 日の丸航空隊

    こんにちは。(^^)
    脚庫のD・UPですね。
    扉を切り離して取り付ける方法は、ハセガワの古いキットではよくありましたね。
    金型成形の手間を省いた?(^^)

    コクピットの側壁と尾翼のスジ彫り、お見事です。
    ラダー面も上手く彫れるといいですね。(^^)
    2021年03月01日 13:12
  • ヒロシ

    日の丸航空隊さん、こんにちは。

    >脚庫のD・UPですね。
    >扉を切り離して取り付ける方法は、ハセガワの古いキットではよくありましたね。
    >金型成形の手間を省いた?(^^)

    そういえばハセガワの古いキットでは多かったですね。
    金型成型の手間ですか…どうなんでしょう?
    ハセガワの古いキット作るの久しぶりなので逆に新鮮です(笑)

    >コクピットの側壁と尾翼のスジ彫り、お見事です。
    >ラダー面も上手く彫れるといいですね。(^^)

    ありがとうございます。
    ネットなどで写真を探してますが、なかなかこれだ!というような写真がありません。
    むしろ古いMA誌の写真が結構役にたってます。
    2021年03月01日 15:31
  • あきみず

    脚庫、コクピットのDアップ素晴らしいです
    資料を探すのが、大変でしょう 
    尾翼の凹彫のノミは幅が1㎜なのでしょうか
    手に馴染みやすい形状です。
    2021年03月01日 20:37
  • ヒロシ

    あきみずさん、こんばんは。

    >脚庫、コクピットのDアップ素晴らしいです
    >資料を探すのが、大変でしょう

    ありがとうございます。
    資料はネットで探したりしましたが、昔のMA誌の実機写真も参考になりました。
     
    >尾翼の凹彫のノミは幅が1㎜なのでしょうか
    >手に馴染みやすい形状です。

    ノミは1㎜です。
    他のメーカーのは2千円近かったんですが、これは千円でおつりが来ます(笑)
    2021年03月02日 00:01
  • オートビルダーS

    おはようございます。
    バイオニックジェミー、見たことはないのですが、当時リンゼイワグナーは映画誌の表紙で見ない月はないくらいの大人気でしたよね。

    ノミでの作業、お疲れ様でした。
    いい感じになりましたね。
    私はゴッドハンドの「ビットブレード」を使ってますが、ウェーヴのも柄が細くて使いやすそうですね(^^)
    2021年03月02日 08:38
  • ヒロシ

    オートビルダーSさん、おはようございます。

    >バイオニックジェミー、見たことはないのですが、当時リンゼイワグナーは映画誌の表紙で見ない月はないくらいの大人気でしたよね。

    当時映画誌はあまり見なかったので記憶にないんです(T_T)
    今回数十年ぶりに観ていますが、毎回の話の内容をほとんど覚えていませんでした。
    逆に新鮮です(笑)

    >ノミでの作業、お疲れ様でした。
    >いい感じになりましたね。
    >私はゴッドハンドの「ビットブレード」を使ってますが、ウェーヴのも柄が細くて使いやすそうですね(^^)

    当初はルーターで先の細いビットを使ってやろうと思いましたが、コントロールが難しそうでやめました。
    「ビットブレード」は結構お高いやつでしたっけ?
    2021年03月02日 08:48