ハセガワ1/72 T-34Aメンター制作記#5

ルノーの塗装乾燥待ちの間にメンターを進めました。

操縦桿の基部に1.6角のプラ棒を付けて整形。
実はこの時点で長さを確認するのを怠っていたため、後で後悔することに・・・
P3070003.JPG


塗装した操縦桿を付け、クッションは当時のMA誌に赤褐色と書かれていたので艦底色に。
シートベルトはファインモールドの使いかけがあり、T-34も対象になっていたのでそれを使用しましたが、やはりエッチングは小さいし扱い辛く、接着の際にちょっと汚くなってしまいました。
P3070005.JPG


P3070004.JPG


胴体側の方も前回より少し手を加えて324番で塗装しました。
コクピット前にパテでガン玉を左右それぞれオモリとして固定しました。
P3070007.JPG


左側の上の方には2本のレバーらしきものが確認できたので、プラバンで扇形のベースを作り、レバーはエッチングパーツのジャンクから形状が似たものを付けてみました。
P3080009.JPG


計器盤はキットのものですが、後席のは壁面をプラバンで追加したためそのままでは入らないので仕方なく左右をカットしています。
よく考えたらここだけ壁面をカットすればよかったと後悔しました。
P3070006.JPG


コクピットを挟んで胴体を接着しました。
操縦桿がちょっと長かったっす(^^;
長さを調整しようと床から取ろうとしたんですが、瞬着でがっちりと付いてしまい取れなかったのでそのままにしました
P3090002.JPG


P3090001.JPG


主翼を仮組みし、主脚とタイヤも仮付けしてこの時点でオモリが足りてるか確認しました。

すると見事にしりもちをついてくれました
とりあえずは直径4ミリくらいのガン玉を2個機首に仕込んだんですが、これでは全く足りなかったみたい。
インストには10グラム位と書いてあるので、とにかく機首に詰め込めるだけ詰め込みました。
P3080010.JPG


胴体の重さを測ったら12グラムですた。
P3080012.JPG


これで3点姿勢を保つことができ、どうにかオモリの量はOKだったので機首は前面のパーツに合わせて接着。
そしてすき間にプラペーパーを入れました。
P3080011.JPG


続けて主翼を接着しますが、後部の方が胴体よりちょっと低く段差が生じました。
P3080013.JPG


なので胴体の方に0.3mm厚のプラ板を接着して嵩上げしました。
P3080014.JPG


また前脚収納庫後部の仕切りも邪魔なのでカットしました。
すき間がかなり空いたので、0.5㎜厚のプラバンを仕込んでいます。
P3080015_LI.jpg


主翼と胴体を接着。
前縁付け根のところも少しすき間が開いたのでプラペーパーを差込みました。
P3080016.JPG


P3080017.JPG


水平尾翼も付けてこれでやっと士の字になりますた。。
P3080018.JPG


P3080019.JPG


機首先端にはライトがありますが、ここは後でH・アイズか、UVレジンで再現するため、少し深くしておきました。
P3080022.JPG


P3080023.JPG


着陸灯はクリアーパーツがありますが、ちゃんと合うのかな?
P3080020.JPG

この着陸灯の加工と機体各部の接合部の処理をすれば塗装作業に入れそうです。

P3080026.JPG


ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • 日の丸航空隊

    こんにちは。
    「士の字」になりましたね。(^^)
    主脚が前寄りなので、おもりをかなり入れないと「尻餅」ついちゃうんですね。
    計器板のモールドが綺麗なので良いですね。
    メーターのモールドは無いんですね。
    コクピットの側壁の追加加工が生きていて、元からセットになっているようですね。
    2021年03月09日 11:09
  • ヒロシ

    日の丸航空隊さん、こんにちは。

    >「士の字」になりましたね。(^^)
    >主脚が前寄りなので、おもりをかなり入れないと「尻餅」ついちゃうんですね。

    はい、中身を作るのに時間掛かって、やっと士の字になりました。
    オモリは結構な量が必要でした。

    >計器板のモールドが綺麗なので良いですね。
    >メーターのモールドは無いんですね。

    メーターのモールドは無いのでジャンクデカールで再現しようかと思ったんですが、前後2個分の合うデカールが無くて黒く塗っただけです。
    因みにキットのデカールにはサイズが全然合わない小さな計器盤のデカールがセットされてます(笑)

    >コクピットの側壁の追加加工が生きていて、元からセットになっているようですね。

    ありがとうございます。
    もう少ししたら塗装に入れそうです。
    2021年03月09日 13:56