模型制作代行引き受けます。詳細は近日!

タミヤ1/12 ルノーRE20ターボ制作記#16

ボーファイターも完成したのでルノーに戻りましょう。
あ、そうそう、放置している1/43の717Cももう少ししたら再開しますのでもう少々お待ちくださいね。

で、ルノーです。

コクピット後ろにある電装関係を作りました。
固定しているバンドは、ST27のシートベルトセットに入っていたイエローのシートベルトで、留めている金具はファインの戦闘機用のシートベルト金具を流用しています。
ベルトはそのままだと毛羽立つので、タミヤのクラフトボンドを薄く塗っています。
P4290003 (1).JPG


コイルの固定バンドらしきものはアルミテープを貼っています。
また細いコードはヒロの0.28mmのコードです。
P4290002 (1).JPG


キットにはここに貼るようなデカールは一切ないので、ジャンクのデカールからそれらしいものを貼ってみました。
因みにキットの箱絵は透視図みたいになっていて、ここの電装関係のところにはデカールみたいなプレート?シール?が描かれています。
P4290001 (1).JPG


コクピット後ろに取付けて、デスビに行くコードなどを付けました。
179071644_2129036647236533_603489221374792057_n.jpg


179556423_2129036690569862_194481579831716122_n.jpg


エンジンにエアチャンバーを取付け、スロットルリンケージとワイヤーを付けました。
178842860_2129036747236523_5026019155865849647_n.jpg

ワイヤーですが、キットでは細いコードの被覆を剥いて芯をよって使うようになっていましたが、それだと線がフニャフニャするので、手持ちのコードで予め芯がよってあるものに変えました。

さて、ウィングなどアルミポリッシュ仕上げのものを塗装します。
サフをで下地を整え、EXブラックを塗装後EXクリアーでコートしました。
埃などを噛んだところは研ぎ出ししています。
P4260038.JPG


P4300006.JPG


P4260034.JPG


P4260037.JPG


サイドのルーバー
P4260036.JPG


P4260035.JPG


ガイアのプレミアムミラークロームで塗装。
P5070035.JPG

ちょっと厚めに吹いたのでメッキ感は落ちましたが、触っているうちに剥げるのも嫌なのでこの位にしました。

次はシートベルトを作ります。
ベルトはキット付属の印刷された布シールを使いますが、断面が白いのが難点。
P5050002.JPG


なので、似たような青を塗って誤魔化します(笑)
P5050003.JPG


シートに取付けますた。
P5060004.JPG


さ~て、懸案のカウルの取付け方法です。
前回はアッパーカウルのビス穴を小さくして、ビスも1.2mmに変えて固定するつもりでしたが、やはりどうしてもあの穴が気になって仕方ありません

そこで思い切ってICピンによる固定に変えることにしました。
ピンの固定に変えることによって、ビス固定よりも遊びが無くなるのでズレには細心の注意を払って加工しないといけませんが、あの不細工な穴が気に入らないので頑張ってみます。

まずシャーシ側のネジ穴を少し大きくして、ICピンがちょうど嵌るようにしました。
P5060005.JPG


P5060006.JPG


フロント側も同じように、この穴にICピンを差し込みました。
P5060007.JPG


そしてカウル側です。
前回小さくした穴ですが、この穴の底の方にプラ棒をはめ込んで接着しました。
P5060008.JPG


P5060009.JPG


フロント側はφ0.6mmの洋白線を使いました。
上側はL字に曲げて抜けない様にしています。
P5060010.JPG


そしてプラ棒で蓋をします。
P5060012.JPG


リアはここにICピンを挿入。
P5060016.JPG


P5060014.JPG


P5060011.JPG


リア側はイージーサンディングで固めて穴を埋めシャーシに取り付けてみたところ、リア側はシャーシとピッタリ密着するわけではないので、ピンの長さが足りずどうしても浮いてしまいました。

そこでリアもフロント側と同じように洋白線にやり替えました。
ICピンはもう取れなかったので、カットして中心の穴に洋白線を差し込んでいます。
もちろん少し長めにしていますよ。
P5060028.JPG


P5060026.JPG

これでどうにかカウルはちゃんとシャーシに被さるようになりました。

埋めた穴はサフを塗って状態を確認しましたが奇麗に埋まっているようです。
P5070033.JPG


P5070032.JPG


アッパーカウルが付くようになったので、フロントノーズやフロントサスのカバーのフィッティングを確認します。
P5060017.JPG


かなり目立つすき間ができます。
やはりカウルをビス留めからピン留めに変えたことで遊びが無くなり前後左右のズレの修正の融通が利かなくなり、これがこのフロントノーズとのすき間に影響したようです。
P5060018.JPG


左右のサスカバーは押さえ込めばすき間は無くなりますが、かなりきつく抑えないとダメです。
P5060020.JPG


またサスカバーとフロントノーズともすき間が目立ちますね。
P5060021.JPG


ということで、このすき間を修正しておきましょう。

まずサイドのフロントサスカバーは下端は0.5mmのプラバン、上側は0.3mmのプラバンを接着しました。
P5060022.JPG


P5060023.JPG


これでとりあえず前側のすき間はOK
P5060025.JPG


続いてアッパーカウルとのすき間。
0.3mmのプラバンを接着します。
P5070031.JPG


アッパーカウルとノーズとのすき間はカウル側に0.5mmのプラバンを接着します。
またノーズ側のピンが入る穴も少しズレているので、一旦埋めて開けなおします。
P5070030.JPG


現在接着剤が固まるまで放置中で、最終的に塗膜の分などを考えながらすき間を調整します。
カウルの塗装まではもうちょっと掛かりそうですね。

ということで今回ここまでです。

でわ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2021年05月07日 16:41
こんにちは。
カウルは何とか嵌るようになりましたね。(^^)
ICピンでも「パチッ」と嵌らない事があるんですね。

サスカバーやフロントカウルの隙間は、ネジ止めを想定しての設計だから仕方がないのかな?
ピンがガッツリ固まらないと次に進めませんが、我慢のしどころですね。
ヒロシ
2021年05月07日 18:04
日の丸航空隊さん、こんにちは。

>カウルは何とか嵌るようになりましたね。(^^)
>ICピンでも「パチッ」と嵌らない事があるんですね。

パチッとはまらないのはピンがシャーシ側のメスの穴に奥まで届かないからなんです。

>サスカバーやフロントカウルの隙間は、ネジ止めを想定しての設計だから仕方がないのかな?

ネジだと少々の遊びができるのですが、ピンだとピッタリはまってしまうので仕方ないですね。
また、そもそも精度的にそれほどピッタリではないので、どちらにしても修正は必要でした。

>ピンがガッツリ固まらないと次に進めませんが、我慢のしどころですね。

説明が不足していたようで・・・
ピンはもうガッツリ固まってます。
カウルに接着したプラバンがまだ固まってなかったんです。
オートビルダーS
2021年05月08日 08:15
おはようございます。
ICピンなるものがあるんですね。
初めて知りました(^^;
これで穴が気にならなくなっていいですね。
穴とか隙間、1/24ならスルー出来るかもしれない箇所も、ビッグスケールなら要修正になるので、ビッグスケールって難しいんですよね。
カウルは見違えること間違いなしです(^^)
ヒロシ
2021年05月08日 11:03
オートビルダーSさん、こんにちは。

>ICピンなるものがあるんですね。
>初めて知りました(^^;
>これで穴が気にならなくなっていいですね。

ICピンって正式名称かどうか分からないんですけど、いわゆるICソケットのピンです。
ビス穴がこれで消せたのでスッキリしました(笑)

>穴とか隙間、1/24ならスルー出来るかもしれない箇所も、ビッグスケールなら要修正になるので、ビッグスケールって難しいんですよね。
>カウルは見違えること間違いなしです(^^)

仰る通りビッグスケールだと隙間は目立ちますね。
昨晩フロント部分の隙間の修正がほぼ終わり、かなり見栄えよくなりましたよ。
ひろポン
2021年05月12日 16:23
>こんにちは、着々と進んでいますね。
この時代になると昔に比べてエンジンもコンパクトなので、電装など補器類に手を入れるだけで全体の密度感がアップしますね。すばらしい!
もう一回やり直したいけれど時間が.................。
そうそう、ちょっとお訊きしたかったんですが312T2の時にエアファンネル回りのあの半透明のトレイは作られましたか?タミヤのキットに無いしヒロのを使うのも悔しいし自作しか無いかな。あのオートモデリング読んでいないんですよ、すいません(笑)買おうかなあ。


ヒロシ
2021年05月12日 23:45
ひろポンさん、こんばんは。

>>こんにちは、着々と進んでいますね。
>この時代になると昔に比べてエンジンもコンパクトなので、電装など補器類に手を入れるだけで全体の密度感がアップしますね。すばらしい!

ありがとうございます。
最終的にはもう少し配線や配管を追加するつもりです。

>もう一回やり直したいけれど時間が.................。

一度作った車種(マシン)をもう一度作るとなると時間もかかるし、なかなか作る気が起きませんよね(笑)
それなら違う車種を作りたくなります。

>そうそう、ちょっとお訊きしたかったんですが312T2の時にエアファンネル回りのあの半透明のトレイは作られましたか?タミヤのキットに無いしヒロのを使うのも悔しいし自作しか無いかな。あのオートモデリング読んでいないんですよ、すいません(笑)買おうかなあ。

あれはシェブロンモデルズのバキュームパーツです。
白いプラだったのでそれっぽい色に塗りましたが、自作となるとかなり微妙な形なので難しいですね。
それこそ型を作って絞った方が良いかもしれませんね。

因みにあの作品のエアファンネルにはネットが付いて無いのですが、バキュームのカウルの工作で力尽きて時間もなかったので自作するのをスルーしちゃいました(^^;
ひろポン
2021年05月13日 00:17
>ありがとうございました。
そうか、あのバキュームキットなんですね。
原型作って絞ると言ってもそっちの方が難易度高そうです(笑)
オートモデリングも絶版なので探してみます。
始める前からすでに険しい道のりか(^_^;
ヒロシ
2021年05月13日 08:33
ひろポンさん、おはようございます。

>>ありがとうございます。
>そうか、あのバキュームキットなんですね。
>原型作って絞ると言ってもそっちの方が難易度高そうです(笑)

そうなんです。
編集部から依頼が来たときは「バキュームなのでちゃんとしたものになるのか?」と不安でしたが、結構マトモにできました。
因みに先日ヤフオクにそのシェブロンの312T2のトランスキットが出品されてましたよ。
最終的に幾らになったのか分かりませんが…

>オートモデリングも絶版なので探してみます。
>始める前からすでに険しい道のりか(^_^;

あの作例だけならページをカラーコピーしたもので良ければお送りしますよ(^-^)