タミヤ1/12 ルノーRE20ターボ制作記#11

やっとエンジンとシャーシが合体できました・・・長かった(笑)
P4130013.JPG


ミッションも仮に付けてみますた。。
P4130014.JPG

この姿を見るとテンション上がりますな

ではここまでを簡単に

なんといってもターボ関係の配管の組立と塗装が面倒というか厄介でした。

工程を簡単に説明しますと、まずランナーから切り出してパーティングラインを処理しヒケなどはパテ埋め、次にサフを吹いて処理が甘かった所が無いかチェック。
OKなら塗装に入ります。


塗装はほとんどがメタリックなのでウイノーブラックを塗り、その上から各種メタリックカラーを吹いて乾燥させます。
続いてパイプのジョイントのゴムホース部分を塗るためマスキングしてフラットブラックを塗るためマスキング。
P4130060.JPG


P4130001.JPG


塗り終わったら今度はホースバンドにジュラルミンライトフィニッシュを貼ってやっと出来上がり・・・ふぅ~
P4130002.JPG


P4130003.JPG

これが何本もあります。

本当はホースバンドは全て削り落として、エッチングのホースバンドに変えようかと思ったんですが、あまりに大変そうなのでやめました(^^;

さて、配管関係を組むわけですが、ここでもいろいろと問題が・・・
一番は最近のキットのようにCAD設計ではないため、各配管の接続ですき間や微妙な角度の違いが出ていてすんなりとはいきませんでした。

エンジンをバルクヘッドへ取付しますが、エンジンのハマるところとバルクヘッド側に微妙なずれが生じていてここも調整しました。
私の組み方が悪かったのかなぁ?

またエンジンをバルクヘッドへ取り付けると同時に、インタークラーへの配管を繋げるんですが、ここでかなりのすき間が生じました。
ここはお互いを先に接着して一体化し、継ぎ目を先に処理しておけばよかったと思いますが後の祭り・・・
P4130012.JPG


P4130011.JPG

ここは完成後も目立つのでやり難いですが、付けた状態で修整することにしました。
その工程は後ほど。

さて、バルクヘッドをシャーシへ接着するんですが、シャーシの方が上下2分割されていた関係で、バルクヘッドを接着する断面が上下で少々ズレて段差が生じていました。
これではちゃんと密着しないので、少し低い下側の3面にプラペーパーを接着して面合わせをしました。
P4130006.JPG


そしてシャーシと合体します。
その際にラジエターやインタークーラーの配管なども各所へはめ込み接着しますが、ここも微妙に合わなかったりするところがあったりで、微調整を行いました。
P4130008.JPG


裏から見るとこんな感じっす!
P4140003.JPG


バルクヘッドに付く細長いタンクは、実車を見ると何やらホースが出ているようです。
そこで左右と真ん中に透明パイプが付くようにしました。
真ん中のL字はトップスタジオのレジンパーツです。
P4130004.JPG


で、バルクヘッドに付けると、エンジンの上に付くエアチャンバーに干渉してしまうため、やむなくΦ0.8mmのアルミ棒に変えました。
P4130016.JPG


さて、インタークーラーへつながる部分の修正です。
まずはポリパテを盛りました。
P4140023.JPG


そしてサンディング
P4140025.JPG


P4140026.JPG


続いてサフ
P4140005.JPG


P4140004.JPG


ウイノーブラックを塗装
P4140006.JPG


最後にスーパーファインシルバーを吹きます。
P4140006 (1).JPG


P4140005 (1).JPG

これでとりあえず継ぎ目の修正はできました。

で、ここでカウル下側を仮組みしてみました。
P4140017.JPG


すると裏側の溝にはまる部分が少々キツくてちゃんとはまりませんでした。
ここは最終的に四隅をビスで固定するので、すり合わせをしてかないといけないですね。
P4140018.JPG


次はエンジンの排気管からパワータービンまでの工作です。
P4140021.JPG


塗装は後にして、まずはシリンダーの取付位置に仮付けしてパワータービンと一体化します。
P4150002.JPG


P4150001.JPG


P4150003.JPG


これで固定するまでしばらく放置します。

まだまだやることが山積みですが、少しづつ完成に近づいてる気がします。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • オートビルダーS

    おはようございます。
    完成ではないにしてもテンションが上がるのに十分なカッコよさになりましたね。
    ターボ関係パーツの下拵えと塗装も大変そうですし、継ぎ目の処理も丁寧ですが、それらを組んでカチッとしたものにできていることが何より素晴らしいです。
    これからもっとカッコよくなるんでしょうね(^^)
    2021年04月15日 08:53
  • ヒロシ

    オートビルダーSさん、おはようございます。

    >完成ではないにしてもテンションが上がるのに十分なカッコよさになりましたね。

    やっとここまで来たという感じで、この姿にテンション上がりました(笑)

    >ターボ関係パーツの下拵えと塗装も大変そうですし、継ぎ目の処理も丁寧ですが、それらを組んでカチッとしたものにできていることが何より素晴らしいです。
    >これからもっとカッコよくなるんでしょうね(^^)

    あとはEXマニからパワータービンまでを決めて塗装をすればターボ周りの工作は終了ですが、D.UPをどうするかが問題です。
    はっきりした細部写真が無いので、わかる範囲で目立ちそうなところだけやる感じでしょうか。
    2021年04月15日 09:11
  • 日の丸航空隊

    おはようございます。

    エンジンがつきましたね。(^^)
    カッコよす。
    タービンパイプの継ぎ目消しは、狭いところなのにもかかわらず、丁寧な仕上げで流石です。

    パワータービンやエキパイは、固定させてから一旦外して塗装に入るんですね。
    ここも参考になります。
    シャーシ下のカウルも仮ではありますが、取り付けられるとボディーの様子が分かってきて、益々テンションアップですね。(^^)
    2021年04月15日 09:38
  • ヒロシ

    日の丸航空隊さん、こんにちは。

    >エンジンがつきましたね。(^^)
    >カッコよす。

    はい、やっと付きますた。

    >タービンパイプの継ぎ目消しは、狭いところなのにもかかわらず、丁寧な仕上げで流石です。

    ちょっとばかり凸凹が残ってしまいましたが、あまり深追いしてもと思うので先へ進みます。

    >パワータービンやエキパイは、固定させてから一旦外して塗装に入るんですね。
    >ここも参考になります。

    両者の勘合が曖昧で塗装してからだと接着剤で汚くなりそうなので(^^;

    >シャーシ下のカウルも仮ではありますが、取り付けられるとボディーの様子が分かってきて、益々テンションアップですね。(^^)

    もう少ししたら塗装の準備に入ります。
    2021年04月15日 13:42