模型制作代行引き受けます。詳細は近日!

M.F.H1/24 フェラーリ250 テスタロッサ '58制作記 #3

オリンピックが始まって毎日メダルラッシュですね。
とくに金メダルの数が凄い。
昨夜の卓球男女混合ダブルスも凄かったですね~
やはり母国開催というので選手たちにも何か見えない力が働いているのかな?

さて、先日の4連休はメインにMe410をやるか、テスタロッサをやるかで迷ったのですが後者を優先することに。
なのでホルニッセはもうちょっとお待ちくださいね。

まずは前回の続きでエンジンにヘッドを接着しEXマニも塗装したものを取付けました。
P7240003.JPG


P7240004.JPG


このあとキャブやカムカバーなどを付けますが、それはシャーシがもう少し進んでからかな。

で、ボディの工作です。
ドアをパカパカしたいなと思い、まずはエポパテで複製し余分な部分を切除して切り出しました。
しかしなんか柔らかい・・・
P7260002.JPG


パテは高密度タイプなんですが、厚みがあるのに全体的にしなるというか柔らかいというか・・・
これで内側を削って薄くしていったらちょっとどうなの?という感じです。

ということで今度は普通の速乾タイプのエポパテでもう1組複製しました。
今度はあとであまり削らなくて良いように最初から薄めにしましたが、何となくこっちの方が硬めで良いような感じ。
P7260004.JPG


両者の厚み
左側が速乾タイプのエポパテで、右側の白っぽいのが高密度タイプ。
P7260007.JPG

これなら使えそうですが、実は実車のドアの内側がどうなっているのか詳しい資料がないんです。何となくは分かるんですけど・・・
実際にパカパカにするかは資料が見つかるかどうかにかかってます(笑)
なのでこれはもうちょっと先に延ばします。

因みにボディの方のドア部分はかなりの厚みがあるので、パカパカにする際はドアを切除するしかありません。

さて、次はこの車で特徴的なフロントフェンダーからドアにかけてあるエアダクト。
実車はこうなってるんですね。
けっこう複雑なライン!
P7250006.JPG


しかしキットは・・・
P7190047.JPG


ここは実車通りとはいかないまでも近い感じにしたいと思い、まずはボディの凸部を湾曲するような感じで削りました。
P7240001 (1).JPG


メタルパーツの方は裏側を削ってみました。
デザインナイフで少しずつスライスするような感じで削っていき、最後はヤスリで整えます。
P7260014.JPG


そしてボディの方は0.3mmプラ板を下端に接着
P7250005.JPG


そこにパテを盛って形を整えます。
メタルパーツのフェンダーパネルは形状確認で仮付けでまだ接着しません。
P7260001.JPG


ここからさらに整形していきます。
P7260008.JPG


ただこれ、中の方をきれいに塗るのは至難の業ですね・・・どうしよう?
メタルパーツを付ける前にその裏側と中の部分を塗っておき、メタルパーツを付けて整形する・・・という具合でしょうか。

シャーシの方は車軸にドラムブレーキのパーツを仮組みしました。
P7260013.JPG


P7260012.JPG


P7260010.JPG


これにホイールとタイヤを組んで付ければ車高などを確認できますが、それにはエッチングを重ねて作るワイヤーホイールを組まないといけません。

う~、やることがいっぱい💦

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2021年07月28日 06:42
おはようございます。
テスタロッサを優先ですね。(^^)
エンジンがメタルなので、重量感ありますね。
サイドのエアダクトは、キットのままだと「繋がり」が悪いんですね。
ダクト内の整形や塗装が難しそうです。
このあたりが制作の第一関門でしょうか?
ヒロシ
2021年07月28日 08:29
日の丸航空隊さん、おはようございます。

>テスタロッサを優先ですね。(^^)

4連休はテスタロッサを優先して進めましたが、牛歩の歩みですた(^^;

>エンジンがメタルなので、重量感ありますね。

エンジンはかなりの重さです。
完成後足回りがヘタらなければいいんですけどね。

>サイドのエアダクトは、キットのままだと「繋がり」が悪いんですね。
>ダクト内の整形や塗装が難しそうです。
>このあたりが制作の第一関門でしょうか?

ダクトは抜けていないうえに中の形状が違うので修正していますが、厄介な形状で難儀してます。
とりあえず形状には目途付きましたが、塗装をどうやるかが問題ですね。
オートビルダーS
2021年07月28日 08:35
おはようございます。
私も製作序盤はあれもこれもやることが一杯で頭がてんぱってしまうことがあります。
そんな時最近はあれこれ考えず目の前の一作業をこなすことだけ考えて作業しています。
そうしながらも全体の工程も考えながら作らないといけないので、なかなか上手くいきませんが(^^;
250デスタロッサは有名なクルマなので、資料はありそうですね(^^)
ヒロシ
2021年07月28日 09:02
オートビルダーSさん、おはようございます。

>私も製作序盤はあれもこれもやることが一杯で頭がてんぱってしまうことがあります。
>そんな時最近はあれこれ考えず目の前の一作業をこなすことだけ考えて作業しています。
>そうしながらも全体の工程も考えながら作らないといけないので、なかなか上手くいきませんが(^^;

そうですね。
まず最初はどういう方向で制作するか決めて、それから一つ一つ作業をこなして進めるという感じですね。
今回の場合はまずボディの組立と修正、それにシャーシの仮組みと車高などの調整ですね。
それが決まらないと先へ進めませんので。

>250デスタロッサは有名なクルマなので、資料はありそうですね(^^)

車全体の写真などはいっぱい出てくるんですが、ドアの内側とかのモデラー目線の写真はなかなかありません(^^;