模型制作代行引き受けます。詳細は近日!

エレール1/72 モラーヌ・ソルニエMS230 制作記その2

テスタロッサはドアのパカパカ機構ができたので峠は越えた気がします。
まぁ、まだまだやることはありますが・・・

ということでモランの第2回目です。

コクピット内にシートと操縦桿を付けました。
実機写真のコクピット内のシートにもベルトは写ってなかったのでスルーしています。
座面はクッションがあるようですがモノクロ写真で色が判別できなかったのでとりあえずカーキで塗っておきました。
P8190026.JPG


その後、コクピット上部のパネルのパーツを接着して支柱(ストラッツ)を付けることにしました。
というのも塗装後に付けるのは接着部が汚くなりそうだったので
しかしキットの組説の図が分かり難くて、支柱はどういう風に付けるのか悩みますた。。
P8220003.JPG


そこで先日見つけたサイトを見てみると、はっきりわかる写真がありました。
これでストラッツが付けられます。
E1N29C.jpg


で、キットのパーツでやろうと思ったんですが、一番前のΛ状のパーツがあまりに太かったので真ちゅう帯板で作り替えました。
P8220002.JPG


また、その後ろの左右各1本も太かったうえに胴体の凹みにイモ付けだったので、穴を開けてΦ0.6mmの洋白線を穴を開けて差し込むように変えました。
P8220004.JPG


P8220007.JPG


続けて脚と主翼を支える支柱もこの時点で取り付けます。
P8220009.JPG


ちょっと複雑な構成なので翼を仮組みして位置を確認して固定します。
P8220010.JPG


P8220011.JPG


P8220012.JPG


この状態で1日放置してから、胴体の接着部などを整えます。

次はエンジン。
軸穴がズレていました
P8220001.JPG


一旦プラ棒で埋めて・・・
P8220005.JPG


センターに開け直しました。
P8220006.JPG


もう少ししたら塗装に入れそうです。
今回はここまで。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2021年08月23日 16:22
こんにちは。
モランソルニエで一呼吸入れますか?(^^)/

ストラッツは、真鍮帯に交換してスッキリしましたね。
また、強度的にも強くなったのかな?(^^)/

プロペラ軸の穴がずれているのは、今ではほとんどありませんが、このキットが作られた頃の時代を感じますね。
この、中心に開け直すのが難しいんですよ~。
お見事です。<(_ _)>
あきみず
2021年08月23日 21:56
単葉機の支柱の取り付け胴体側をきっちり
しておかないと曲がりや迎い角の問題が
でるところです。真鍮線に変えられたのも
きっちり見極められています 斜め支柱と
脚支柱も複雑ですね。 複葉のほうが
組みやすいかもしれません。
ヒロシ
2021年08月23日 22:48
日の丸航空隊さん、こんばんは。

>モランソルニエで一呼吸入れますか?(^^)/

一呼吸入れるつもりが、結構のめりこんでます(笑)

>ストラッツは、真鍮帯に交換してスッキリしましたね。
>また、強度的にも強くなったのかな?(^^)/

強度はかなり強くなったと思います。

>プロペラ軸の穴がずれているのは、今ではほとんどありませんが、このキットが作られた頃の時代を感じますね。
>この、中心に開け直すのが難しいんですよ~。
>お見事です。<(_ _)>

ありがとうございます。
この時代のキットではあるあるですね。
目測で中心に穴を開けたんですが、何とかズレずに開けられました。
ヒロシ
2021年08月23日 22:52
あきみずさん、こんばんは。

>単葉機の支柱の取り付け胴体側をきっちり
>しておかないと曲がりや迎い角の問題が
>でるところです。真鍮線に変えられたのも
>きっちり見極められています 斜め支柱と
>脚支柱も複雑ですね。 複葉のほうが
>組みやすいかもしれません。

古いキットなので支柱と胴体の取付け部がかなり曖昧というか大雑把なんで、この辺りはキッチリとやりました。
脚支柱は複雑で、どれかが少しでもズレると翼の角度にまで影響します。
仰る通り複葉の方が組みやすいかもしれませんね(笑)