模型制作代行引き受けます。詳細は近日!

エレール1/72 モラーヌ・ソルニエMS230 制作記その3

皆さん、こんにちは。
毎年なんですが、この8月の半ば過ぎ位から時々くしゃみ・鼻水・鼻詰まりと花粉症の症状が出ます。
元々花粉症なので春はもちろんなるんですが、この時期はブタクサとかのイネ科の植物の花粉が原因のようです。

昨日は昼くらいまでは普通だったのに、夕方位から症状が酷くなり薬を飲んだのになかなか効かず・・・(いつもは飲んで1時間くらいで効きます)
なので昨日は体調最悪でした

そんな中でも模型は少しずつ進めていました。

ということで前置きが長くなりましたがモラーヌ・ソルニエです。

支柱を接着したり、角度調整などをしているときに機首下に出ている排気管(だと思う)を片方折ってしまいました。
ま、どうせここは金属パイプに変えようと思っていたところなんですけどね

ということでφ0.7mmの真鍮パイプにしてみました。
折れた側をまず真鍮パイプに。
P8260007.JPG


そして両方とも。
P8260010.JPG

写真からもお分かりただけるかと思いますが、支柱の取付け部のすき間はパテで埋めてあります。

これでほぼ下地が整ったのでいよいよ塗装作業にはいります。

まずはサフを吹き、各部をチェックしました。
すると胴体下面の貼り合わせた部分にギャップが!
P8270017.JPG


タミヤのラッカーパテを盛ってサンディングしました。
P8270018.JPG


下地も整ったので黒サフを吹きました。
P8280029.JPG


そしてオリーブグリーンを塗装。
これは以前MS225の時と同じようにMr.カラー122番を使用。
P8280037.JPG


塗装終了後に確認しているとあることに気づきますた。。
P8280035.JPG


エルロンの分割線のスジ彫りが裏面にありません💦
なぜ今まで気づかなかった??
仕方ないのでスジボリを追加。
P8280034.JPG


周囲をもう一度122番を吹いて終了。
P8280036.JPG


グリーンは吹き終わりました。
P8280037.JPG


次は胴体コクピット周りのシルバーを塗るためにマスキングです。
マスキングからの滲み防止に軽くクリアー吹きました。
P8290002.JPG


P8290001.JPG


シルバーは旧8番にクリアーを混ぜたもので、これもMS225と同じです。
P8290003.JPG


マスキングを剥がしました。
吹きこぼれもなく上手くいきました。
P8290004.JPG


P8290005.JPG


そんなこんなしていたら支柱が折れました
P8290012.JPG


Φ0.2mmの真鍮線を軸にして修正しました。
何とか修正できてよかった!
P8290013.JPG


さて、次はデカール貼りです。
古いキットなんですが奇跡的に綺麗です。
P8290008.JPG


早速貼ろうかと思ったんですが、尾翼のラダーのデカールとキットの形状がどうも合いそうもありません。
大きすぎならカットすればOkですが、デカール方が少し小さいようなので先に白を塗っておくことにしました。
白はファンデーションホワイトです。
P8290011.JPG


貼ってみるとやはりこんな感じでした。
P8290014.JPG


P8290015.JPG


ということでタッチアップしますた。
P8290016.JPG


他のデカールも貼り終えました。
P8290001 (1).JPG


P8290019.JPG


エンジンも塗装しました。
ただ一番前面のパーツ(右端)の色は気に入らなかったので塗り直しました。
P8290007.JPG


因みにこのパーツ、箱絵を見ると穴が開いているようなので穴あけしました。
P8270015.JPG


P8270016.JPG


機体に仮付けしてみたよ。
P8290020.JPG


デカールが乾いたら艶調整のクリアー吹いて細かいパーツを付ければ完成です。
残る作業はプロペラの塗装、タイヤの取付け(現在塗装中)、張り線くらいです。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

あきみず
2021年08月29日 20:49
塗装までの行程がよくわかります。銀色の
マスキングは、ピッタリシールされているのが
気持ち良いです 裏面のエルロンの分割線に気が
付かない事 信じ切っているので厳しくチェック
しないでいる事あります 私も多々あります
ヒロシ
2021年08月30日 00:39
あきみずさん、こんばんは。

>塗装までの行程がよくわかります。銀色の
>マスキングは、ピッタリシールされているのが
>気持ち良いです

ありがとうございます。
マスキングはキッチリやらないと染み出しがあるので気を付けないといけないです。

>裏面のエルロンの分割線に気が
>付かない事 信じ切っているので厳しくチェック
>しないでいる事あります 私も多々あります

よくありますよね。
思い込みで、まさか分割線がないなんて思わないですから(笑)
2021年08月30日 07:00
連コメです。(^^)

機体の塗装が出来ましたね。(^^)

排気管が折れても、パイプに代えたので却って丈夫&見栄えともにアップしましたね。

機体とエンジン部分の塗り分けがキッチリ出来ていて、見習わなければ。(^^;)

直線的なエルロンのスジ彫りだけで良かったですね。
これが曲線だったら大仕事になりそう。(^^;)

エンジンにはカウルやタウネドリングはつかないのですね。
ヒロシ
2021年08月30日 08:39
日の丸航空隊さん、連コメありがとうございます。

>機体の塗装が出来ましたね。(^^)

この土日で一気に行いました。

>排気管が折れても、パイプに代えたので却って丈夫&見栄えともにアップしましたね。

ここは当初からパイプに変えようと思っていましたが、気が付いたら折れて1本無くなってました(笑)

>直線的なエルロンのスジ彫りだけで良かったですね。
>これが曲線だったら大仕事になりそう。(^^;)

うっかりしていて気が付かななかったんですが、この時点で気が付いて良かったです。
直線だけだったのも幸いしました。

>エンジンにはカウルやタウネドリングはつかないのですね。

そうなんです。
この前のS225はカウリングが付くんですけど、この機体はむき出しです。