模型制作代行引き受けます!

プロモデラー1/48 メッサーシュミットMe410B-1制作記#11

皆さん。こんにちは。

台風が接近しているようで、関東も明日の日曜に最接近だとか。
大きな被害が出ないと良いのですが。。

さて、
Me410ホルニッセですが、今回で完成・・・

といきたかったんですが、ワクチン接種で体調を崩したり、仕事が忙しく帰りが遅くなったりして思いのほか進まず、次回完成という段取りになりました(^^;

なので今回は完成直前までの制作記ということになりますがご了承くださいね。

さて、デカール貼り後に墨入れをしフラットクリアーを吹きました。
P8060018.JPG


そしてキャノピーもマスキングを剥がしました。
P8040005.JPG


で、塗装中に調べて分かったのですが、キャノピー両サイドの横の枠は内側だけにあるということが判明。
つまり枠は内側で、窓ガラスは外側からリベットで留められているということなんです。
しかしキットは外側にも枠のスジ彫りがあったので、なんだかわからず「とりあえず塗っとけ!」と塗ってしまいました(笑)
P8040007.JPG


P8040009.JPG


まぁ、マスキングしているときからなんか変だな…とは思っていたんですけどね💦
なので、塗装を薄め液を含ませた綿棒で落とし、さらに#1500番から神ヤスの#10000番まで使って表面を均しコンパウンドで磨いたんですが、スジが結構深く消しきれませんでした。
P8050012.JPG


P8060016.JPG


P8060017.JPG


またこのキャノピーは分割が多く、後部の天井部分はゲートが窓部分に掛かっていて跡が残ってしまいました
ま、仕方ないっすね。
P8050011.JPG


前面キャノピーの正面の横枠ですが、ここも裏に枠の凸モールドがあり、さらに表側にも枠がモールドされています。
ここはどうやら両面ともあるようなのですが、プラの厚みがある上に位置がズレているのでどうしても見た目が変です。
P8040008.JPG


しかしどちらかを塗らないでおくともっと変なので両方塗りましたが、はっきりいえば内側のモールドいらないよね・・・

枠の塗装の縁がまだきちゃないですが、これはあとで修整します。

さて、気を取り直して次いきます。

プロペラとスピンナーの組立です。
モノはクイックブーストで、ブレードはキットのものとは比べ物にならないほど薄くシャープです。

組立にはゲージが付属しているので、それで1枚1枚スピンナーの穴に瞬着で固定します。
P8040002.JPG


P8040001.JPG


胴体側面に付く機銃です。
このキットは元から少しですが銃口が凹になっています。
ただこれでは浅いし、穴の縁もズレているので修正しました。
P8040003.JPG


塗装後ですがこんな感じになりますた。
P8040004.JPG


主翼下面のラジエターの組立です。

ラジエターのパーツ(断面から見るとN形になってます)を接着し、さらにフラップの作動ヒンジのパーツも接着します。
P8060013.JPG


P8060014.JPG


フラップと下面パネルは一体になっていて、それを接着しますが、ここは少し擦り合わせが必要でした。
P8060015.JPG


ところでつい先日資料を漁っていたらこんなのが出てきましたよ。
P8060019.JPG


だいぶ前にブック〇フで200円位で買った航空情報に付いていた松葉 稔氏の図面です。
P8060022.JPG


P8060021.JPG


P8060020.JPG


これ見ると、キットのパネルラインとか結構違ってます。
作る前から見てれば全てとは言わないまでもかなり修正していただろうな思います。

もう完成間近なので、見なかったことにしようそうしよう

でわ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

あきみず
2021年08月07日 21:13
キャノピーの枠は外側が必要なく内側だけ
と言う事でしょうか。プロペラの取り付けは
型割で一体につくらず単品の差し込み治具はアイデアでしょう。ぴっちり決まりますね。
正面からの三面図で主脚の角度が、分からなかったんですが、納得しました。だいぶん傾いているのが
よくわかりました。
2021年08月07日 23:44
新PCからの初コメです。
完成間際でトラブル発生ってよくありますね。
キャノピーの窓枠が内側にあるのってホントに塗装で悩みますね。昔、Ar234を作った時なんて、内側に窓枠があるなんて知らずに、外側からそのまま塗装してしまったことあります。どこのメーカーとは言わないでもお分かりですね。
航空情報の図面はかなり昔のものだと思いますが、図面が100%正しいと言うわけではないので、見なかったことにするのが正解ですね。😄
完成報告、楽しみにお待ちしております。
2021年08月08日 06:33
おはようございます。

キャノピーは、やはり内側の枠だけでしたか。(^^;)
ドイツ軍機は、どういう訳か内側に枠を設けるのが多いですよね。
1/72だったらスルー出来ちゃいますが、1/48だと目立ってしまいますね。(^^;)
プロペラとスピンナーは、クイックブーストなので、シャープですね。
こういうところはレジンパーツには敵いませんね。
図面は、各パーツの取り付け位置や角度の確認用とすればどうでしょう。(^^)
ヒロシ
2021年08月08日 13:08
あきみずさん、こんにちは。

>キャノピーの枠は外側が必要なく内側だけ
>と言う事でしょうか。プロペラの取り付けは
>型割で一体につくらず単品の差し込み治具はアイデアでしょう。ぴっちり決まりますね。

キャノピーの枠は仰る通り、内側に付いていて外側にはありません。
プロペラは薄くシャープで角度も治具のおかげでバッチリです。

>正面からの三面図で主脚の角度が、分からなかったんですが、納得しました。だいぶん傾いているのが
>よくわかりました。

主脚はほぼ垂直ですがタイヤがかなりハの字になりますね。
実はこのキットはタイヤが自重変形になっているんですが、垂直に付くようになっているため、ハの字になりません(^^;
ヒロシ
2021年08月08日 13:13
0-sen殿、こんにちは。

>新PCからの初コメです。

お!やっと新しいのが完成したんですね。

>完成間際でトラブル発生ってよくありますね。
>キャノピーの窓枠が内側にあるのってホントに塗装で悩みますね。昔、Ar234を作った時なんて、内側に窓枠があるなんて知らずに、外側からそのまま塗装してしまったことあります。どこのメーカーとは言わないでもお分かりですね。

今回は詳しい資料が無かったのも一因です。
世傑はあきみずさんがお持ちですが、私は持ってなくて買おうと思ったら現在欠品でした。

>航空情報の図面はかなり昔のものだと思いますが、図面が100%正しいと言うわけではないので、見なかったことにするのが正解ですね。😄

この図面は94年10月号の付録の図面から新資料により全面的に書き直されていると書かれていますので、それ以降のものですね。
ただ、図面が100%正しいとは限らないので参考程度に見ます。

>完成報告、楽しみにお待ちしております。

ありがとうございます。
あともう少しです。
ヒロシ
2021年08月08日 13:18
日の丸航空隊さん、こんにちは。

>キャノピーは、やはり内側の枠だけでしたか。(^^;)
>ドイツ軍機は、どういう訳か内側に枠を設けるのが多いですよね。
>1/72だったらスルー出来ちゃいますが、1/48だと目立ってしまいますね。(^^;)

ドイツ機は内側だけというのが多いですね。
キャノピーの厚みもあるので余計に目立ちますが、もうこれは仕方ないと諦めます。

>プロペラとスピンナーは、クイックブーストなので、シャープですね。
>こういうところはレジンパーツには敵いませんね。

キットのプロペラは分厚くて、形状も少し変でしたので助かりました。

>図面は、各パーツの取り付け位置や角度の確認用とすればどうでしょう。(^^)

そうですね。
実はこれを見るとアンテナが少し傾いて付いているみたいですし、タイヤがハの字です。

アンテナはキャノピーに挟んでがっちり接着しちゃってるし、タイヤは自重変形タイプで垂直に付くようになってるのでどうにもなりません(;´д`)トホホ