模型制作代行引き受けます。詳細は近日!

M.F.H1/24 フェラーリ250 テスタロッサ '58制作記 #17

天気が良くなったかと思ったらまた雨です。
台風の影響もあるのかなぁ。

さて、ボディ前後のゼッケンサークルに続き、ドアにゼッケンサークルを入れます。
P9130003.JPG

実はこのサークルの直径、前後と同じ径にしたんですがちょっと大きすぎて2mmほど小さくしています。
デカールの方も前後と同じ径のものが4枚なので、デカールを使っていたら困ったことになってましたね(危ない危ない!)

因みにもう一つのゼッケン21の方はドアのみ二回り位小さいサークルになっていますが、これは実車通りのようです。

前回お尻のラインがヨレてしまったところは修正しました。
P9130004.JPG


ちょっと塗り分けラインがギザギザになってますがこれも後で微調整します。
P9130005.JPG



次はデカール貼りです。

ゼッケンはまずそのまま貼って、番号だけにして白いサークル部分は切除します。
P9130002.JPG


切除した状態ですが↑の画像と違いが分からないですね。
P9130003 (1).JPG


切除したサークルの白部分のデカール
P9130004 (1).JPG


リアも同様に。
とくにこのリアは曲面がキツイため、デカールをそのまま貼るのはかなり大変なので、サークルを塗装で入れた効果は大きいです。
P9140008.JPG


ドアも。
P9140005.JPG


切り抜いたサークルの白デカール
P9140006.JPG


P9140010.JPG


それからお尻の凹みには大きなフェラーリのエンブレムが貼ってあるのでデカールを貼りました。
P9140009.JPG


163065067095694255141-thumbnail2.jpg

デカール自体はこのエンブレムと、もう一回り小さいエンブレムがそれぞれ2枚ずつキットに付属していましたが、塗装図には貼る指示はありませんでした。
実車資料を見なければ気が付かなかったですね。

また実車をよく見ると、キットの凹みの高さ方向が少し大きすぎですね。
下端がもっと上方までないといけないようです。
今回はもう仕方ないですね。

とりあえずこれでデカール貼りは終了です。
P9140012.JPG


P9140013.JPG


残るはクリアーコートですが、ウレタンでやるかラッカー系でやるか迷うところです。

でわ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2021年09月15日 06:46
おはようございます。

デカールは、ゼッケンとエンブレムだけなんですね。
ゼッケンは、数字だけなので局面にも馴染みやすかったのでは?
切り出しも直線だけなので、比較的楽に行けたのではないでしょうか。(^^)

クリアーは、ウレタンに一票です。(^^)/
オートビルダーS
2021年09月15日 08:36
おはようございます。
ゼッケンが入って一段とそれらしくなってきましたね。
サークルも塗装なので非常にきれいな仕上がりですが、デカールの切り抜きは、貼った後作業するのですか?なんか難しそうですね(^^;
クリアはラッカーなら今月末までに乾燥できるかどうか、ですね(^^)
ヒロシ
2021年09月15日 08:37
日の丸航空隊/さん、おはようございます。

>デカールは、ゼッケンとエンブレムだけなんですね。
>ゼッケンは、数字だけなので局面にも馴染みやすかったのでは?
>切り出しも直線だけなので、比較的楽に行けたのではないでしょうか。(^^)

センターラインを塗装で入れたので、デカールはゼッケンとリアのエンブレムだけでした。
切り出しも仰る通り直線だけだったので簡単でした(^^)

>クリアーは、ウレタンに一票です。(^^)/

ボンネットとトランクがメタルパーツで重いので、ラッカー系のクリアーだとちょっとした衝撃で欠ける可能性があるのでウレタンの方が良いかと思ってます。
ただ塗膜がどうしても厚くなりやすく、トランクなどは既にイエローの塗膜でぴったり嵌らなくなってるのがちょっと・・・
でもやはりウレタンでしょうね。
ヒロシ
2021年09月15日 08:44
オートビルダーSさん、おはようございます。

>ゼッケンが入って一段とそれらしくなってきましたね。
>サークルも塗装なので非常にきれいな仕上がりですが、デカールの切り抜きは、貼った後作業するのですか?なんか難しそうですね(^^;

切り抜きは貼ったあとで、ある程度水分を押し出した後、少し軟化剤を塗って新品のナイフで切り抜いています。

デカールによっては軟化剤ですぐ柔らかくなって密着してしまうのがあるのですが、このデカールはちょっと厚みがあって丈夫なものだったので大丈夫でした。

>クリアはラッカーなら今月末までに乾燥できるかどうか、ですね(^^)

ウレタンもある程度時間をおかないと完全硬化しないので迷うところですが、ラッカーよりも後々の利点が多そうなのでウレタンかな(^^)
あきみず
2021年09月15日 20:48
ゼッケン№文字だけに切り抜かれたのは
正解ですね。スケール無しでフリーハンドで
切り抜かれるわけですか。さらの刃でも真っすぐに
切るのは緊張されたはずです。
ドアーはピッタリ閉まっています
ヒロシ
2021年09月16日 08:37
あきみずさん、おはようございます。

>ゼッケン№文字だけに切り抜かれたのは
>正解ですね。スケール無しでフリーハンドで
>切り抜かれるわけですか。さらの刃でも真っすぐに
>切るのは緊張されたはずです。
>ドアーはピッタリ閉まっています

白デカール部分を切除したのはクリアーコートの際のリスクを減らすためでもありますが、特にドアのは径が少し大きかったのもありました。