模型制作代行引き受けます!

ヒロシの蜜柑山探訪 第43回「Climax 1/24 フェラーリ250GTO`64」

皆さん、こんにちは。

最近やっと秋らしくなってきました。
昼間は湿度も下がり、カラッとした天気で多少気温が高くてもムシムシしませんね。
夜はさらに気温が下がり虫の鳴き声がアチコチから聞こえます。

模型制作にも良い季節になってきたし、ロードスターでドライブにも行きたいなぁ・・・

さて、アルバトロスの制作記の途中ですが、かなり久々の蜜柑山探訪です。
前回が2019年3月だったので2年半ぶり位ですね。

今回はこの前制作したM.F.Hのテスタロッサの時にどっちを作ろうか迷ったというClimaxの250GTO`64をご紹介しましょう。
てっきりすでに蜜柑山探訪で紹介済みだと思い込んでいたんですが、以前に何かの記事でチラッと紹介しただけでまだだったということで(^^;
PA140002.JPG


Climaxはミニカーショップコジマのブランドですが、キットの原型を作ったのは当時のモデルファクトリー・ヒロです。
たぶん企画はコジマで、制作はヒロに委託していたんだと思います。

ボディ、シャーシ、シート、インパネはレジンパーツ
PA140003.JPG


PA140006.JPG


メタルパーツ群
PA140009.JPG


タイヤとウィンドウ、ヘッドライトカバーのバキュームパーツ
PA140010.JPG


エッチングパーツ
PA140012.JPG

エッチングパーツはかなりの量があります。
下側で見難いですが、ワイヤーホイールのエッチングがああります。

デカール
PA140020.JPG

下がオリジナルのデカールで、上のは数年前に買ったスペアデカール。

このデカールはあとで説明する、M.F.H製のが発売されたときに出たデカールです。
PA140021.JPG


組立説明書
PA140013.JPG


手描きですね
PA140014 (1).JPG


PA140015 (1).JPG


なんとシリンダーブロックとシリンダーヘッドの間にエッチングのガスケットを挟みます
PA140016.JPG


ボンネットはホワイトメタル
PA140017.JPG


そのボンネットは少し大きめなので外周を削らないといけません(笑)
PA140019.JPG


ね!
PA140008.JPG



このキットですが、買ったのは今から30数年前で当時の定価は52,000円と記憶していました。
しかし今回ブログを書くにあたり当時のMA誌で調べたところ、発売は1988年の夏頃で定価は38,000円でしたので、33年前ということになります。
PA140015.JPG

ご覧のように、バージョンはルーフ形状とボンネットの形状違いで3バージョンありました。

そして発売後一旦完売したんでしょう。
91年に再発売されてるんですが、その時は41,500円に値上がりしています。
PA140014.JPG


ではなぜ52,000円と記憶していたかというと、その後しばらくして250GTO`62(所謂フジミやグンゼが出している250GTOの形状)が出るんですが、それが52,000円だったんです。
どうやらそれと記憶がごっちゃになっていたようです。

当時このキットが出たときすごく欲しかったんですがあまりに高くてとても買えません・・・というか買っても完成させられたかどうか疑問ですが(笑)
30年前の40,000円って今の幾らなんでしょう?倍の80,000円位?

まぁ、そんなこんなですっかり買うのは諦めていたところ、それから数年後にモデルアート誌の個人売買欄に30,000円で出ていたのを見つけ、思いきって購入しました。

それ以来、いつか自分の腕がもっと上がったら作ろうとずっと温めてました。

実は10年位前でしょうか、M.F.Hから同じGTO`64が発売されました(現在は絶版)
そのときはClimaxのリニューアル版みたいなもので同じキットだろうと思ってました。
ところが2016年の横浜オー集で、ZMCメンバーのチーさんが両方の完成品を持ち込まれたときにボディは全く別物ということが判明しました。
その時のブログはコチラhttps://hj.at.webry.info/201602/article_5.html

今年はヒロのキットをどれか作ろうと思い、250テスタロッサとこのGTO`64と迷い前者にしましたが、次は作ろうと秘かに計画を練ってます。でもこの前のテスタロッサよりは確実に手が掛かりそうですね💦
でも完成したらカッコいいでしょうねぇ

今回もお付き合いいただきありがとうございました。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2021年10月15日 16:22
こんにちは。(^^)

久々の「密柑山探訪」ですね。(^^)

MFHのお宝キットですね。
3諭吉で入手はお手柄でしょう。(^^)

組説が手書きというのも味がありますね。
仰るとおり、テスタロッサより手間がかかりそうな感じですね。
ホイールのワイヤースポークが綺麗に決まると良いですね。

ヒロシ
2021年10月15日 17:45
日の丸航空隊さん、こんばんは。

>久々の「密柑山探訪」ですね。(^^)

はい、かなり久しぶりです。

>MFHのお宝キットですね。
>3諭吉で入手はお手柄でしょう。(^^)

3諭吉でしたが、当時は清水の舞台から飛び降りる覚悟でした(オーバーか(笑))

>組説が手書きというのも味がありますね。

当時のヒロはもろガレージキットメーカーでしたからね。
今みたいに会社も大きくないでしょうし、手作業だったんでしょう。

>仰るとおり、テスタロッサより手間がかかりそうな感じですね。
>ホイールのワイヤースポークが綺麗に決まると良いですね。

手が掛かりそうですが、完成した時の達成感はきっと大きいと思います。
ワイヤーホイールはプラスアルファさんのカッパ式にするという手もありますよね。
オートビルダーS
2021年10月16日 08:58
おはようございます。
これまた凄いキットですね。
この前のテスタロッサよりもさらに難易度が高そうです。
値段もパーツ数も、尻込みしそうなキットですが、ボディラインは美しく、完成したらとっておきのコレクションになりそうですね。
製作記を楽しみにしていますよ(^^)
ヒロシ
2021年10月16日 17:15
オートビルダーSさん、こんにちは。

>これまた凄いキットですね。
>この前のテスタロッサよりもさらに難易度が高そうです。

最近はこの手のマルチマテリアルキットもメジャーになりましたが、当時はまだまだ敷居が高いキットでした。

>値段もパーツ数も、尻込みしそうなキットですが、ボディラインは美しく、完成したらとっておきのコレクションになりそうですね。
>製作記を楽しみにしていますよ(^^)

ありがとうございます。
来年の何処かで制作を開始する予定です。