模型制作代行引き受けます!

スーパーカー祭り アオシマ1/24 ランボルギーニ ディアブロGT制作記#6

ケサブローが完成したのでちょっと放置してたディアブロも再開します。

前回懸案事項だったドアの件。
ボディの面より若干出っ張るというものですが、ネオジムの付いた内張を外してもこの状態。
PB170022.JPG


よく観察すると、左右ともドア後部と下側がキツキツ。
このまま塗装すれば明らかにクリアランスが無くなってちゃんと閉まらなくなりそうです。
そこでこの両方を少しずつ削り、ボディと何度も合わせて調整しました。
とくに下側は結構削りました。

さて、調整がほぼ終わってさらによく見ると、別パーツで接着したサイドシル(サイドステップ)のドアの角の部分にすき間が生じます。
PB170048.JPG


ドアが無いとこの段差!
PB170049.JPG


ここはパテで修整します。
PB170051.JPG


PB170050.JPG


それから前回写真を載せ忘れましたが、アオシマさんから届いたバンパーっす!
PB170045.JPG


早速ボディと摺合せしました。
すると元々のパーツもそうでしたが、左右に若干ヒケが感じられます。
PB170047.JPG


PB170046.JPG

サンディングすれば消える程度のものですが、これ以上サンディングするとラインが崩れそうだったのでここもパテを盛りました。

ボディはちょと置いといて内装に移ります。
MA誌でも指摘されていましたが、内装の角がかなり立っていて実車のような柔らかい感じがありません。
そう、アオシマ特有のカクカク内装です(笑)
PB170043.JPG


ということで削ったりサンドペーパーで均して角を丸くしました。
PB170042.JPG


これはセンターコンソールの脇
PB170044.JPG


ちょっとですが今回はここまで。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2021年11月18日 16:15
こんにちは。

ドアがピッタリ閉まらなかったのは、クリアランスのせいだったんですね。
実車だったら大丈夫なクリアランスでも、模型となると「ダメ」な事ってありますね。
これで上手くいくと助かりますね。(^^)

バンパーの救援物資も無事に届いて、作業が捗りますね。
ヒロシ
2021年11月18日 20:57
日の丸航空隊さん、こんばんは。

>ドアがピッタリ閉まらなかったのは、クリアランスのせいだったんですね。
>実車だったら大丈夫なクリアランスでも、模型となると「ダメ」な事ってありますね。
>これで上手くいくと助かりますね。(^^)

これで上手くいくと思ったら別の原因も判明しますた。
ネオジムをドアとサイドシルに仕込みましたが、これでは強すぎて逆にズレが大きくなるようで、サイドシルの磁石を取って、金属板に変更しました。

>バンパーの救援物資も無事に届いて、作業が捗りますね。

とりあえず先へ進めます(^-^)
オートビルダーS
2021年11月19日 07:54
おはようございます。
比較的新しめのキットかなと思っていましたが、ディアブロもデビューは30年以上前なのでキットの出来もそれなりで、細かな修正箇所は多そうですね。
内装も角をとったことによって雰囲気が良くなりましたね(^ ^)
ヒロシ
2021年11月19日 09:42
オートビルダーSさん、おはようございます。

>比較的新しめのキットかなと思っていましたが、ディアブロもデビューは30年以上前なのでキットの出来もそれなりで、細かな修正箇所は多そうですね。

実車は30年以上前ですが、キットが発売されたのは6~7年前だったと思いますよ。

>内装も角をとったことによって雰囲気が良くなりましたね(^ ^)

アオシマの内装は角が立っているんですよね。
なんでだろう(笑)