模型制作代行引き受けます!

スーパーカー祭り アオシマ1/24 ランボルギーニ ディアブロGT制作記#7

ドアの調整の続きです。

前回パテを盛ったところはサンディングして整えました。
まぁ、あとはサフを吹いてからもう1度チェックですね。
PB190087.JPG


それから当初はドア内張りの底とボディのサイドシルの裏側両方にネオジムを仕込んでいたんですが、それだと磁力が強すぎてしまい、閉めたときにちょっとしたズレがそのままで固定されてしまいました。

そこでサイドシルのネオジムを撤去して、磁石が付くエッチングパーツの枠の切れ端を接着してみました。
PB180067 (1).JPG

この方が適度な磁力で閉まり、ズレも最小限になることが分かったのでこの方法でいくことにしました。
残念ながら完璧にズレを無くすことはちょっと無理なようです。

PB190086.JPG


それから左ドアの上部のすき間が大きかったので、プラペーパーを貼って修正しました。
PB180071 (1).JPG


PB180006.JPG


PB190085.JPG



リアバンパー下部もこの時点で接着しました。
このパーツはのりしろが少なく、左右フェンダーの接着部にティッシュと瞬着で補強しました。
PB180070 (1).JPG


表側は実車でも分割ラインがあるんですが、ボディ側のツラとギャップが生じるので、イージーサンディングで一旦埋めてスジ彫りを入れなおしました。

修正前
PB180069 (1).JPG


PB180068 (1).JPG


イージーサンディングを盛ったところ
PB190088.JPG


修正後
PB190089.JPG


PB190091.JPG


フロントバンパーのヒケはパテで修正。
PB190092.JPG


現在インテリアも塗装を開始してますが、まだ途中なのでそれは次回ということで

今回もお付き合いいただきありがとうございました。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2021年11月20日 08:10
おはようございます。

ドアの隙間調整が上手くいったようで、おめでとうございます。
ネオジムは磁力が強いので、どうしても引っ張られてしまうようですね。

バンパーも綺麗に表面が均されて、気持ちが良いですね。
内装も始まっているようなので、楽しみです。
オートビルダーS
2021年11月20日 08:50
おはようございます。
修正作業が続きますね。
別パーツのドアは、もともと塗膜や干渉を考慮してある程度余裕を持ったクリアランスにしているのでしょうか?
あるいは精度の問題なのでしょうか(笑)、どちらでしょう?
ヒロシ
2021年11月20日 10:36
日の丸航空隊さん、おはようございます。

>ドアの隙間調整が上手くいったようで、おめでとうございます。
>ネオジムは磁力が強いので、どうしても引っ張られてしまうようですね。

完ぺきではないのですが、これが精いっぱいという感じです(笑)

>バンパーも綺麗に表面が均されて、気持ちが良いですね。
>内装も始まっているようなので、楽しみです。

内装は一部カーボンなんですが、とりあえずタミヤラッカーのメタルブラックに塗ってみました。
デカールは貼らずこのままでいくかも。
ヒロシ
2021年11月20日 10:37
オートビルダーSさん、おはようございます。

>修正作業が続きますね。
>別パーツのドアは、もともと塗膜や干渉を考慮してある程度余裕を持ったクリアランスにしているのでしょうか?
>あるいは精度の問題なのでしょうか(笑)、どちらでしょう?

塗膜や干渉はあまり考慮されていないと思います。
精度の問題の方が大きいかもしれません。
ドアと斜めの窓枠の角度など、微妙なところで出ずれが生じるようです。