模型制作代行引き受けます!

ハセガワ 1/24 サバンナRX-7(SA22C)前期型 #3

今回はリトラの開閉機構の工作です。

このキットは完成後、バンパーを接着しなければ棒などを使ってアップできるということなんですが・・・
P1080001 (1).JPG

これはあまりスマートなやり方じゃないっすよね(笑)
そこでタミヤのRX-7と同じような方式で開閉できないかとやってみることにしました。

まずタミヤのキットは、シャーシ側に棒が出ていて、それを押すとリトラダウン、引くとアップします。
P1070004.JPG


P1070005.JPG


中はどうなっているかというと・・・

これがダウン状態
P1070007.JPG


アップ状態
P1070008.JPG


まぁ、テコの原理を応用している感じですね。
そこで同じようにプラバンでアームとバーを作ってやろうと思ったんですが、タミヤとハセガワでは開き方が違うんです。

タミヤ
P1080001.JPG


ハセガワ
P1080002.JPG

そう、実車と同じようにアップするのはハセガワで、タミヤのは実車とは違うんですね。
しかしこれが問題で、この開き方の違いは支点の位置が違うわけで、同じようなやり方はできないということがわかりました

そこでやり方を変更し、こういう感じにしてみました。
左右のリトラのライトベゼルに、Φ2mmのプラ棒を接着して、ここを上下して開閉するという方法です。
因みにリトラはクラフトボンドで仮止めしています。
P1080003.JPG


ダウン
P1080004.JPG


アップ
P1080005.JPG


で、シャーシを付けるため穴を開けて、そこからバーが出るようにしてみました。
P1080006.JPG


P1080008.JPG


んが!これだとリトラがちゃんと閉じません。
というのもラジエター前の部分(長穴を開けたところ)が、ボンネットとあまり余裕がないため、開閉用のヒンジのところが動かすと干渉してしまうんです。
また強引に閉じると今度は簡単には開かなくなってしまうという問題も。
更に穴とそこから出てくるバーの角度もかなり無理があり、この方法はダメでした。

そこで開閉用持ち手のバーを無くし、穴から細い棒で押してアップさせるという方式に変更しました。
P1080009.JPG


これだと簡単な構造なので作るのも簡単で良いかなと
ただ、この部分に付くアンダーカバーにも穴を開けないといけないんですが、小さな穴でなんとかいけそうです。

とりあえずバンパーを外さなくても、左右同時にリトラがアップできるようになったのでこれでやってみます。

ということで、今回もお付き合いいただきありがとうございました。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2022年01月09日 06:05
おはようございます。

やはり無理がありましたか。(-_-)
ラジエータのモールドが結構大きくて、押し出し棒の動きが制限されちゃうんですよね。
角度も急になってしまい動きもあまり良くないですよね。

細い棒で押し出す方法は、目立たなくて良いかも知れませんね。
無事に動くことを願っています。

PS:120secさんのブログにコメントが遅れなくなっています。
こちらのPCが悪いのかも知れません。(T_T)
ヒロシさんのコメントは受け付けてくれているのに「何でかな~。」って感じです。(T_T)
2022年01月09日 09:28
再登場です。<(_ _)>
120secさんの所にやっとコメント入れられました。(^^)

よけいな心配をさせてしまい、済みませんでした。<(_ _)>
オートビルダーS
2022年01月09日 09:38
おはようございます。
リトラの開閉工作ですね。
リトラはクルマによって、タミヤのようにポップアップするのもあれば、ハセガワのようにカバー後端が内部に入るのがあって、できれば実車通りに再現したいですよね。
私の乏しい経験から言うと、機構に使う素材は金属がいいと思います。プラ素材だとたわむので、塗膜でクリアランスがギリギリになった場合動かなくなることもあります。
まあ、ヒロシさんなら上手くされるでしょうが。楽しみです(^^)
ヒロシ
2022年01月09日 19:43
日の丸航空隊さん、こんばんは。
コメント遅くなりすみません。
今日は朝からスモールワールズ東京のカーモデル展示会に参加してました(^-^)

>やはり無理がありましたか。(-_-)
>ラジエータのモールドが結構大きくて、押し出し棒の動きが制限されちゃうんですよね。
>角度も急になってしまい動きもあまり良くないですよね。

タミヤと全く同じやり方でと思ったんですが無理でした。

>細い棒で押し出す方法は、目立たなくて良いかも知れませんね。
>無事に動くことを願っています。

多分これでいけると思います。
ヒロシ
2022年01月09日 19:43
日の丸航空隊さん、良かったです(^-^)
ヒロシ
2022年01月09日 19:50
オートビルダーSさん、こんばんは。
スモールワールズ東京のカーモデル展示会に参加していたので、コメント遅くなりました(^^;

>リトラの開閉工作ですね。
>リトラはクルマによって、タミヤのようにポップアップするのもあれば、ハセガワのようにカバー後端が内部に入るのがあって、できれば実車通りに再現したいですよね。

最初は全然気づかなかったんですが、真剣に方法を探っていら、「あれ?なんか違うぞ・・・」となりました(笑)

>私の乏しい経験から言うと、機構に使う素材は金属がいいと思います。プラ素材だとたわむので、塗膜でクリアランスがギリギリになった場合動かなくなることもあります。
>まあ、ヒロシさんなら上手くされるでしょうが。楽しみです(^^)

仰る通りなんですが、開閉機構はキットのままで、ガタも少ないのでこのままで大丈夫だと思います。
左右を繋げるバーも金属線を考えましたが、太めのプラ棒(Φ2mm)の方が押し当てる際にやりやすいので。
ひろ
2022年01月10日 20:18
タミヤとハセガワ、それぞれ思うところが有る機構の違いなんですね。
ハセガワ式のまま外部からの操作に目処を付けちゃうヒロシさんさすがです
ヒロシ
2022年01月10日 21:27
ひろさん、こんばんは。

>タミヤとハセガワ、それぞれ思うところが有る機構の違いなんですね。

当時は実車と同じような開閉が難しかったのかもしれませんね。

>ハセガワ式のまま外部からの操作に目処を付けちゃうヒロシさんさすがです

ありがとうございます(^^)