完成品ギャラリーVol.7(1/20F-1編)

最近BMの中でF-1マシンを作る方がチラホラ。BAELさんはいよいよ1/12のロータスに着手されるようですし・・・。
私も作りたいのですがなかなか思い通りにいかず・・・
F2001のお手つきはあるんですが、まったくといっていいほど時間がとれません。 (-_-;)

そこでかなり前に作った作品ですが、今回はF-1マシンをアップしてみようと思います。

ウィリアムズFW11 HONDA F-1
画像

画像

タミヤがこのキットを出してからではないでしょうか、空前のF-1ブームになったのは。もちろんHONDAのエンジンサプライヤーとしての参加や中島悟が初の日本人フル参戦F-1ドライバーとして誕生したことも大きかったと思いますけど。
私自身このキットでF-1のプラモにはまったのですから、タミヤ恐るべしです。(笑)

タミヤ1/20
製作開始:1986年10月6日
完   成:1986年11月3日
発売当時価格:¥1200

ウルフWR-1 FORDF-1
画像

画像

画像

これは再販される以前に個人売買で手に入れたもの。なんと¥8000も出してしまいました。(笑)その数年後にちゃっかり再販されて悔しい思いをしました。タミヤのキットはよっぽどのことがない限り再販されるので注意しましょう。
ウルフブルーと呼ばれるブルーはかなり濃いブルーですが、作品はちょっと濃すぎて黒にしか見えませんね。2002年にカルトデカール付きで再販されたものでいずれリベンジしたいです。

タミヤ1/20
製作開始:1991年3月15日
完   成:1991年5月22日

レイトンハウス CG901B
画像

画像


レイトンブルーはモデラーズの缶スプレーで塗ってあります。この色は難しい色で、実際に鈴鹿で見た実車は光の加減でグリーンがかった色にも見えます。
これもストレート組みです。このレイトンのキットは再販は難しいかもしれませんね。

タミヤ1/20
製作開始:1991年3月12日
完   成:1991年4月10日
発売当時価格:¥1300


マクラーレンMP4/5B HONDA
画像

画像

このキットを作った当時はマルボロレッドの良い塗料がなく苦労しました。
このキットにはアサヒペンの蛍光レッドの缶スプレーを使用していますが、つや消し塗料のため、色のノリはいいものの上からのクリアーがけは苦労しました。また完成後16年経った今では塗装面に細かいひび割れが生じてしまっています。(泣)

製作開始:1990年12月2日
完   成:1991年3月1日
発売当時価格:¥1300

ブラウン ティレルHONDA020 鈴鹿仕様
画像

画像

画像

画像

画像

画像

この作品はオートモデリングの作例で作ったもの。なんと表紙に使っていただいてすごく嬉しかったです。91年の鈴鹿中嶋仕様に改造していますが、中嶋の引退ということもあって製作にはかなり気合が入っていました。
今では塗装面などにかなり痛みがきていますがいつまでも残しておきたい作品です。

タミヤ1/20改造
製作開始:1992年1月1日
完   成:1992年3月6日
発売当時価格:¥1300

ティレルヤマハ021 ‘93日本GP
画像

画像

これだけ1/24ですが、これもオートモデリングの作例で作った作品です。
1/20と比べるとやっぱり小さく、ハセガワということもあって作りにくかったです。

製作開始:1994年8月10日
完   成:1994年10月31日
発売当時価格:¥2400

HONDA F-1 RA272
画像

画像

画像

画像

タミヤのこのオールドF-1シリーズはこれとロータス25しかありません。なぜもっと出してくれないんでしょうか?出せば売れると思うんだけどな~。
この作品はエンジンにパイピングをした以外は特に手を入れていませんが、とても作りやすかったです。

製作開始:1997年1月3日
完   成:1997年6月26日
価   格:¥2000


如何でしたでしょうか?どれも古い作品で恐縮です。
では続けて1/12編へどうぞ~(笑)

"完成品ギャラリーVol.7(1/20F-1編)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント