CR.42 Falcoその5

う~ん・・・このキットはなかなか手強いぞ!
やはり上級者向けと謳っているのは伊達ではない・・・などと変に感心しているヒロシですこんばんは。
いやはや、これだけ苦労するならクラエアと大差ないかも・・・な~んて考えたりしますよ。

ま、それはそれとして、ようやく塗装に入ることが出来ましたが、それまでには長い道のりが・・・

まずはカウリングですが、下部にパーツとの接合部にすき間が生じます。
画像


で、プラペーパーを入れて修整したんですが・・・
画像

あとで気がついたんですが、ここにはインテークのパーツが付くので隠れてしまうんですよね。無駄な作業をしてしまいました。

そのインテークのパーツも修整です。
画像



翼にある作動桿は太すぎて見栄えが悪いので0.25ミリの洋白線で作り替えます。
画像

翼の方の桿が出ているところの膨らみは、エバーグリーンの0.5Φを斜めに切って接着しました。本来なら動翼側の基部も薄いものに作り替えたいところですが、手間がかかるのと強度面の不安から今回はキットのものをそのまま使います。

スピナーは2種付属していますが、今回のマーキングではこちらを使います。しかし根元の形状が変!
画像


実機はこうなっています。
画像


なので修整で~す。
画像

出っ張っている部分を削って、伸ばしランナーを巻き付けて再現してみました。

主脚部分はできれば別に塗装したいところですが、下翼との接合部にすき間が生じるし、支柱の元の部分も接合部の処理が必要なので先に接着しました。何とか塗装はできそうです。
画像


塗装の最中です。まだ胴体側面や、もう1色斑点の迷彩色、翼下面の斑点迷彩が残っています。
画像

画像


さて、日曜までに塗装が終了すればいいのですが・・・

"CR.42 Falcoその5" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント