CR.42 Falcoその6

機体の塗装はドイツ機の迷彩。とはいっても通常とはちょっと違う感じですが。
画像

マスキングはインストを拡大コピーしたものを使用しました。
使用した色はベースのダークグリーンがクレオスの123番、茶色が42番、グレーは36番、下面は117番で、胴体側面のボカシに使用したのは37番です。

画像


下翼も同様に。
画像


各パート(上翼、下翼、胴体、尾翼)に区切ってマスキングして塗装しました。
画像


胴体側面にはエアブラシによるフリーハンドでのボカシ塗装もありと、ドイツきらしい楽しさが…(汗)
画像


翼裏面には斑点迷彩があります。
画像

ここもあまりボケ具合が大きくないようなのでインストを型紙にしてマスキング。ちなみに斑点が小さくカッターで切るのは大変なので線香で穴を空けました。なんと原始的な方法!

塗装が一通り終了したところでウオッシング&スミ入れ。
そしてクリアーを一度全体に吹いてデカール貼りです。

しかし付属のデカールのデリケートなことといったら…。
注意しないと薄いのですぐに縁が丸まったり折れ返ってしまいます。なので台紙からずらすときは細心の注意が必要ですよ!ただ密着度は良くていいんですけどね。

で、ガイアのフラットクリアーを吹いて塗装は終了です。
画像


さあ!いよいよ最終組み立てに入ります。
担当君が取りに来るのは3日の夕方なので2日中に完成させないといけません。
よ~し!がんばるっお(^ω^)

"CR.42 Falcoその6" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント